沖縄No1の水落を誇るピナイサーラの滝!西表島で満足度もNo1

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

沖縄No1の水落を誇るピナイサーラの滝!西表島で満足度もNo1

沖縄No1の水落を誇るピナイサーラの滝!西表島で満足度もNo1

更新日:2016/12/17 18:34

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

自然豊かな西表島には川も多く、そしてその上流には豪快な滝もたくさんあります。そんな滝の中でも満足度No1の滝が「ピナイサーラの滝」。その理由は沖縄No1の落差を誇る豪快な水落。しかも滝壺にも、滝上にも両方行けることが魅力です。また滝まで至る経路もバラエティに富んでおり、西表島へ行ったらピナイサーラの滝ツアーは必須レベル。沖縄No1の滝を見て・触って・打たれて楽しもう!

沖縄No1の落差の滝は西表島「ピナイサーラの滝」!その名の由来は見たまんま?

沖縄No1の落差の滝は西表島「ピナイサーラの滝」!その名の由来は見たまんま?

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄No1の落差の滝はどこにあるでしょう?沖縄で最も大きな島の沖縄本島?沖縄で最も高い山がある石垣島?正解は沖縄で最も自然豊かな「西表島」にあります。そもそも西表島は水が豊かな離島で、川がとても多いのも特徴。その川の上流には必ずと言っていいほど滝があり、西表島では滝巡りのツアーが人気です。

そんな中でも西表島西部エリアの「ヒナイ川」上流にある「ピナイサーラの滝」は、沖縄No1の落差約54mの滝。ちなみに名前の由来は、“ピナイ”が顎髭を意味し、“サーラ”が下がったものという意味で、遠くから見ると老人の長い顎髭のように見えることから来ています。ちなみに西表島の上原港行きの船からもその姿を見ることができますので、西表島に渡る際は到着10分ぐらい前から島を凝視しましょう!

カヌーもトレッキングも楽しめるお得なピナイサーラの滝ツアー

カヌーもトレッキングも楽しめるお得なピナイサーラの滝ツアー

写真:離島 こむ

地図を見る

ピナイサーラの滝へは通常はツアーで行きます。基本はカヌーで中流まで行き、途中からトレッキングで滝を目指します。カヌーでは西表島ならではのマングローブの森に入り、自然を肌で感じながら中流を目指します。中流でカヌーを下りて、そこからはジャングルトレッキング。亜熱帯ならではの自然を楽しみながら滝を目指します。

ツアーによっては1日かけて滝壺も滝上も行くものもありますが、滝壺だけに行くお手軽な半日ツアーもあります。どっちにしても1つのツアーでカヌーとトレッキングの両方楽しめるので、とてもお得です。

トレッキングのみで滝を目指すツアーも有り!亜熱帯ならではの生物を楽しめます

トレッキングのみで滝を目指すツアーも有り!亜熱帯ならではの生物を楽しめます

写真:離島 こむ

地図を見る

基本的なツアーだとカヌーとトレッキングで滝を目指しますが、中には最初から最後までトレッキングのみで滝を目指す冒険ツアーもあります。カヌーに比べてかなりハードですが、歩きならではの様々の体験もできます。普段は見ることができない干潟の生物や、マングローブの森では野球ボールサイズの巨大シジミなど、西表島ならではの生物を観察することができます。特に干潟一面を埋め尽くす「ミナミコメツキガニ」の大群は圧巻です。ちなみに終盤はカヌーツアーと同じトレッキングコースになりますので、滝壺も滝上も同じように楽しめます。

ピナイサーラの滝の醍醐味は滝上!感動と恐怖感が程よいバランス

ピナイサーラの滝の醍醐味は滝上!感動と恐怖感が程よいバランス

写真:離島 こむ

地図を見る

ピナイサーラの滝へのツアーは、半日ツアーでも1日ツアーでも必ず滝壺には行きます。滝壺で水遊びもできますが、やっぱり沖縄No1の落差だけあって、滝に打たれたくなりますよね。でもさすがに沖縄No1の落差で、かなり痛いです。チャレンジする方は覚悟しましょう!また前日までの雨の量でその水落はかなり変わりますので、雨が多い時期は狙い目です。その分、痛さもかなりのレベルになります(笑)。

でもピナイサーラの滝の醍醐味はやっぱり滝上。カヌーを下りた後に、船着き場から滝壺とは別のコースに入り約30分(ツアーによって差異あり)。滝上を目指すのでかなり登りますが、その分、滝上からの景色はまさに絶景。カヌーで通ってきた川やマングローブの森を一望できるだけではなく、その先の海には珊瑚の殻だけの無人島「バラス」や瑠璃の島こと「鳩間島」も望めます。もちろん自然のままの滝なので、端まで行くとかなりの怖さがあります。感動と恐怖感が程よいバランスの滝上です。

意外に広くて穏やかな滝上は水の楽園!真夏でもひんやりする場所

意外に広くて穏やかな滝上は水の楽園!真夏でもひんやりする場所

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄No1の落差を誇るピナイサーラの滝ですが、その滝上は意外に広くてしかも穏やか。通常は滝上に川があって激流の雰囲気がありますが、ピナイサーラの滝上は川と言うよりも岩場の穏やかな清流。程よい木陰もあって真夏でもひんやりする場所です。座る場所もいっぱいあって、多くのツアーはこの滝上でランチタイム。水落の先の絶景を見ながらのんびり過ごします。ピナイサーラの滝上は景色が望めるだけではなく、のんびり過ごせるまさに「水の楽園」。ツアーは断然滝上も含めた1日ツアーがおすすめです。

西表島のエコツアーで満足度No1!ピナイサーラの滝は必ず行こう

西表島にはたくさんの滝巡りのツアーがあってどれも魅力的ですが、やっぱり一押しは沖縄No1の落差を誇るピナイサーラの滝。大半をカヌーで移動しますので、他の滝のツアーに比べても比較的難易度は低め。ツアーによっては2人乗りカヌーを使い、ガイドさんが操舵してくれるものもあります。トレッキングも滝上へも滝壺へも片道30分程度なので、思ったほどハードではありません。さすがに普段着のままでは無理ですが、比較的気軽に参加できるツアーです。

西表島でジャングルや滝などの大自然を満喫しつつ、カヌーやトレッキングなどのアクティビティも満喫したい方には、まさにうってつけのピナイサーラの滝ツアー。西表島でのエコツアーなら必須レベルです。水落もNo1なら満足度もNo1のピナイサーラの滝へ、行くしかありません!

掲載内容は執筆時点のものです。 2005/04/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ