沖縄版もののけの森!西表島・ユツンの滝への道のりは超幻想的

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄版もののけの森!西表島・ユツンの滝への道のりは超幻想的

沖縄版もののけの森!西表島・ユツンの滝への道のりは超幻想的

更新日:2016/12/17 18:22

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

映画でおなじみの「もののけの森」といえば屋久島ですが、沖縄にもそれに匹敵する場所が西表島にあります。島東部のユツン川周辺の森は映画に出てきそうな幻想的なものばかり。しかもその森を抜けると、そこには西表島らしい豪快な「ユツンの滝」。もののけの森も滝も両方楽しめる一石二鳥のスポットです。しかも森の中には楽しすぎる木々のアートも!?滝もその道のりも楽しい西表島のユツンの滝。沖縄版もののけの森へ行こう!

世界最大の豆の木「モダマ」がお出迎え!くるくる感が楽しいユツン川下流の森

世界最大の豆の木「モダマ」がお出迎え!くるくる感が楽しいユツン川下流の森

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄の中でも最も自然が豊かな離島「西表島」。水が豊かな島には無数の川が点在しています。しかもその川の多くに滝があり、西表島では滝巡りのツアーが人気です。そんな滝巡りツアーの中でも、映画でおなじみの「もののけの森」のような中を進んで目指すのが「ユツンの滝」。ユツン川上流にある滝ですが、その下流付近の光景はとても幻想的です。

序盤にはくるくる巻いたツタが印象的な、世界最大の豆の木「モダマ」がお出迎え。くるくる感がとても楽しい光景です。また川周辺の岩にもコケが生えて、いい雰囲気を形作っています。そしてさらに奥へ進むと、まさにあの映画に出てきそうな光景が現れます。

沖縄版もののけの森発見!超幻想的な緑一色の世界

沖縄版もののけの森発見!超幻想的な緑一色の世界

写真:離島 こむ

地図を見る

西表島のユツンの滝へは、ユツン川の下流から森を進んで目指します。序盤に渓流を通りますが、その渓流部分こそ大注目なんです。あたり一面が緑一色で、木々だけではなく、川の岩もコケで緑色に覆われています。その雰囲気、まさに「沖縄版もののけの森」。ここは屋久島?と思ってしまうほどの光景です。

しかもこの沖縄版もののけの森がある場所は、ユツン川のまだ下流部分。滝巡りツアーに参加しなくても、この部分だけを見に行くことも可能なんです。ただしユツン川へ降りるポイントはかなりわかりにくいので、現地の方と一緒に行かれることをおすすめします。ちなみに西表島の川にかかる橋には、その川の名前が刻んでありますので、橋の欄干を要チェック。でもこの「ユツン川」にかかる橋には「ユチン川」と刻んでありますので注意しましょう。

絶対にくぐりたくなる輪っか登場!楽しすぎるユツンの滝への道のり

絶対にくぐりたくなる輪っか登場!楽しすぎるユツンの滝への道のり

写真:離島 こむ

地図を見る

ユツンの滝を目指す場合は、「沖縄版もののけの森」を越えると登山っぽくなってきます。徐々に森の中の道になり、その途中でも様々な珍しい植物を見ることもできます。中でも「絶対にくぐりたくなる輪っか」は大注目。木々の根っこか枝なのか判別できませんが、登山道に良い感じで輪っかを作っています。大人一人がしゃがんで通ることができるサイズで、思わずワクワクしてしまう光景です。もちろんコースによってはこの輪っかを通らない場合もありますので、遭遇できればラッキーと思いましょう。

もともと自然が豊かな西表島ですが、特にこのユツンの滝までの道のりはさらに豊か。とにかく個性的な光景ばかりで、滝だけではなくその途中の光景も楽しすぎる、ユツンの滝への道のりです。

どデカイ1枚岩を登る滝までの道のり!うっかりすると滑り台?

どデカイ1枚岩を登る滝までの道のり!うっかりすると滑り台?

写真:離島 こむ

地図を見る

そもそもユツンの滝は高台にある滝で、西表島の他の滝に比べてかなりの標高差を登ります。滝までの道のりは前半はジャングルの中をトレッキングする感覚ですが、後半は完全に登山感覚。中でも途中に何ヶ所かあるどデカイ1枚岩は、全体が滑り台かのような斜めっぷりです。でもこの1枚岩がある場所は空が開けているポイントでもあるので、森ばかりだった滝までの道のりの中ではオアシス的存在。しかも岩場の一部に川の流れもあって、いいクールダウンにもなります。

しかしうっかり足を滑らすとまさに滑り台。滑落とまではいきませんが、苦労して登った分を全て滑り落ちてしまうかもしれません。足下には十二分に気をつけましょう。

登ったきった先には三段の滝!上も下も楽しめるユツンの滝到着!

登ったきった先には三段の滝!上も下も楽しめるユツンの滝到着!

写真:離島 こむ

地図を見る

滝への道のりの最後は、岩をよじ登るような場所もあってかなりハード。でもそれを登り切った先には、見事な三段構成の滝。ユツンの滝は別名「三段の滝」とも呼ばれ、その各段まで登ることもできます。最上段まで登れば高台の滝だけあって絶景が望め、最下段は三段分の滝の水に打たれることもできます。落差はそれほどでもないですが、滝そのものはとても魅力的なユツンの滝です。

でも帰りはかなりの下りになりますので、特にどデカイ1枚岩部分では足下に気をつけましょう!もちろん帰りでも「沖縄版もののけの森」は楽しめます。

滝まで行っても行かなくても見所満載!ユツンの滝への道のりは楽しすぎ!

ユツンの滝までの道のりは、河口部分からだと約2時間〜2時間半かかります。休憩時間も含めると往復で約6時間かかりますので、1日がかりです。もちろん多くのショップがユツンの滝へのツアーを開催していますので、ツアーに申し込むのが無難です。でも「沖縄版もののけの森」だけなら、現地の人と一緒に行けば往復1時間もかかりません。滝まで行く道のりはかなりハードですが、もののけの森までなら気軽に行けるレベルです。

もののけの森だけではなく、世界最大の豆の木「モダマ」のくるくるしたツタや、絶対にくぐりたくなる輪っかなど、滝まで行かなくても見所満載のユツンの滝への道のり。楽しすぎて滝を目指していても、行くことを忘れてしまいそうです。どこまで行くかはお任せします(笑)。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ