クラクフのアンティークなホテル「オルロフスカ タウンハウス」で、古きよきポーランドを体験しよう!

| ポーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

クラクフのアンティークなホテル「オルロフスカ タウンハウス」で、古きよきポーランドを体験しよう!

クラクフのアンティークなホテル「オルロフスカ タウンハウス」で、古きよきポーランドを体験しよう!

更新日:2016/06/21 11:04

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ エアライン勤務

11世紀〜16世紀にポーランドの首都として栄えてきたクラクフは、日本の京都に匹敵する歴史の街。ユネスコ世界遺産に指定されている旧市街など見どころも多く、いつでも世界各地からの観光客で賑わっています。そんな古都クラクフを訪れるなら、宿泊先でも歴史的な趣きを味わいたいもの。ホテル「オルロフスカ タウンハウス」は、そんなあなたにぴったりなホテルです。

客室わずか5室!早めの予約が必須の個人経営ホテル

客室わずか5室!早めの予約が必須の個人経営ホテル

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

「オルロフスカ タウンハウス」は、おじいさん2人が個人で経営しているアパートメント形式のホテル。部屋数たった5つといいう小ささながら、実はここ、知る人ぞ知る人気の宿なのです。トリップアドバイザーでも、2016年のトラベラーズチョイスに選ばれているうえ、クラクフの「B&B / イン部門」では何と1位! 広い間取りの割にリーズナブルな価格ということもあり、すぐに満室となってしまいます。なので、もしここに泊まりたいなら、かなり早目の予約がおすすめです。

まるで貴婦人になった気分?凝りに凝った内装がすごい!

まるで貴婦人になった気分?凝りに凝った内装がすごい!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

さて、5室しかない客室ですが、そのインテリアの凝りようがすごい! まず、2つとして同じ内装がないのです。

こちらは、「オルロフスカ伯爵夫人の間(Countess Orlowska)」という名前のついたお部屋。古めかしい木造の階段を上った3階にあり、石畳の表通りに面しています。45平米という広々とした客室で、貴婦人の寝室をイメージした個性あふれる内装です。印象的なコバルトブルーの壁と19世紀前半のルイ・フィリップ調&ビーダマイヤー調のアンティーク家具を揃えた時代色豊かな室内。まるで古い絵画に描かれた貴族の館の一室に迷い込んでしまったような不思議な感覚にとらわれます。

通り過ぎる観光馬車のひずめの音が時おり表通りから響いてくるのも、古い街ならでは、なんともヨーロッパ的です。こんなお部屋に泊まった翌朝は、きっと昔にタイムスリップしたような気分で目覚めることでしょう。

できれば全部泊まってみたい!仕様がまったく違う5つの客室

できれば全部泊まってみたい!仕様がまったく違う5つの客室

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

これ以外の客室はといえば、ナポレオン3世風の「婦人の居室(The Boudoir)」、アールデコ調の「1930年代初頭の間(Early 1930’s)」、ビーダーマイヤー調の「詩人の間(The Poet’s)」、アールデコ調で5室の中で最も広い「ロフト(The Loft)」と、それぞれコンセプトも間取りも違えた趣向。残念ながら、全室満室だったため、こちらでは内部をご紹介できませんが、ご興味がある場合はホテルのウェブサイトをご覧ください。できれば各部屋に1泊ずつしてみたいと思わせるくらい、すてきな客室の数々です。

ところで、これだけのアンティーク家具が揃えられるのは、さすがヨーロッパの中心にある国ポーランド。しかも各部屋のテイストの良さにハンパがない。一体このオーナーのおじいさん達は何者?と思ってしまうほどの洗練さです。

キッチン完備のアパートメントホテルだから、暮らすように滞在できる

キッチン完備のアパートメントホテルだから、暮らすように滞在できる

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

17世紀の建物、19世紀〜20世紀前半の内装とアンティークっぽさが特徴のこの宿ですが、実はコンロ、水道、冷蔵庫、電子レンジはもちろん、食器・調理器具・コーヒーメーカーまで揃ったフルキッチン(一部の部屋ではキッチネット)付き。その気なら長期滞在もできてしまう、まさにアパートメントタイプのホテルです。しかも、バスタブ完備のバスルームと併せ、水回り・電気まわりはすべて最新式! 設備の新しさには特にこだわりたい日本人にとって、これ以上なく快適な客室です。

この宿の料金は基本素泊まりプランのため、朝食は含まれません。なので、朝は近くのパン屋さんやカフェで好きなものを買い求めて、部屋でゆっくり朝食タイムというのがおすすめです。コーヒー豆を買い求めれば、入れたてコーヒーも味わえます。とにかく居心のいいお部屋のこと、なるべく長く時間を過ごしたいと思うはず!

駅へも、観光スポットへも近い、便利なロケーション。

駅へも、観光スポットへも近い、便利なロケーション。

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

このホテルがあるのは、世界遺産に指定された旧市街の中。クラクフ中央駅からちょうど1km程度の距離にあり、歩いても15分ほど。スーツケースを転がして歩いても苦になりません。そして、観光の中心である中央広場も目と鼻の先。周囲にはカフェやレストランも多く、観光の拠点としてはまさに理想的です。

建物はいわゆる「タウンハウス」。隣同志と壁を共有する「町家造り」で、ちょうど京都の町家のように、間口が狭く、奥行きの広い造りが特徴です。その狭い間口と標識の小ささのため、あまり目立たず見つけにくいのが難点ですが、Slawkowska通りの「26番地」を目印に探せばきっと大丈夫です。

オーナーのおじいさん2人はごく片言の英語しか話せませんが、とっても一所懸命に対応してくれます。個人経営の宿なので、深夜は正面入口が施錠され、フロントも無人になりますが、あらかじめ鍵を渡してくれるので、出入りはいつでも可能です。

料金も手ごろ!ぜひ泊まってほしいアンティークづくしの宿

内装、設備、ロケーションと、いいところが3つも揃った「オルロフスカ タウンハウス」ですが、料金は割合手頃。ご参考までに「オルロフスカ伯爵夫人の間」の料金は1泊1室約15,000円です(2016年5月時点)。2名でも同料金だから、かなりお値打ちといえます。

伝統ある古都クラクフだからこそ存在するような古めかしいホテル! ぜひ実際に泊まって、その時代空間を実体験してください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/05−2016/05/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ