シンガポールで食べたい「チリクラブ」もお手頃!地元で人気の「メルベン」

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

シンガポールで食べたい「チリクラブ」もお手頃!地元で人気の「メルベン」

シンガポールで食べたい「チリクラブ」もお手頃!地元で人気の「メルベン」

更新日:2016/05/25 13:20

北ノ峰 セイコのプロフィール写真 北ノ峰 セイコ

シンガポールで絶対食べておきたいものの一つが「チリクラブ」。チリソースがたっぷりかかった丸ごとの蟹を、ワイルドにいただく一皿です。

ただし、蟹を使っているだけに、お値段はお高め。ガイドブックやテレビ番組で紹介される素敵なレストランはいくつもありますが、そんなお店よりも2割はお安く食べられる、シンガポーリアンにも人気のお店をご紹介します!

シーフードと言えばここ!シンガポーリアンの常識「メルベン」

シーフードと言えばここ!シンガポーリアンの常識「メルベン」

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

シンガポーリアンがシーフードを食べたい!と思った時の候補にすぐ挙がる、「龍海鮮螃蟹王(メルベン・シーフード Mellben Seafood)」。ホーカーよりも少しきれいかな、という程度のお店で、おしゃれな雰囲気はありませんが、そのかわりに素敵なレストランよりも2割くらいはお安くいただけます!中国語が飛び交うローカル色たっぷりの本店は、HDBと呼ばれる公団住宅の1階に入っており、タクシー利用必須で少々行きづらいというのは難点。

そんなハードルをクリアしてくれているのが、MRTイーストウエストラインのタンジョンパガー(Tanjong Pagar)駅から徒歩10分弱、と旅行者にもアクセスしやすい姉妹店「メルベンシグネチャー(Mellben Signature)」。ローカルな雰囲気はそのままですが、英語も通じやすく、チャイナタウンからもほど近いので、観光のしめくくりにもぴったりです。入口では蟹の甲羅もお出迎え!ここから期待は膨らみます!

絶対食べたい!チリクラブ

絶対食べたい!チリクラブ

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ちょっと辛みがあるものの、甘みも多いチリソースたっぷりの丸ごとの蟹!ちょっと食べにくいのですが、がんばってトライ!ソースがはねても構わないような服で行くか、ナプキンやエプロンのようなものを持参するのもおすすめ。ペンチのような道具と一緒にサーブされるので、ワイルドに割りながらいただきますが、100円ショップでも売られている、蟹ほぐし専用のフォークを持参していくのもアリです。

マントウ(饅頭)は追加して!

マントウ(饅頭)は追加して!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

チリクラブはマントウ(饅頭)と呼ばれる揚げパンのようなものと一緒にサーブされます。(マントウは、ちょっと甘くてそのまま食べても美味。)チリソースをマントウにからめながらいただくのですが、蟹を食べ終わっても、たいていチリソースが余ってしまうし、マントウが足りないこともしばしば。追加注文できるので(このお店では、1個40セント)、ぜひ追加オーダーして最後のソースまで味わってみてください!

蟹のダシが絶品!クレイポットクラブビーフンスープ

蟹のダシが絶品!クレイポットクラブビーフンスープ

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

チリクラブと並んで必ず食べたい看板メニューの一つがこちらの鍋、「クレイポットクラブビーフンスープ(Claypot Crab Bee Hoon Soup)」です。太めのビーフンの入った、ミルク鍋のようなもので、まるごとの蟹が入っているので、当然ながら蟹のだしが出ていてスープが絶品。蟹の身がなくなったあとのスープだけでも、どんどん食べられるおいしさです!

見た目で食べてみたくなる!バンブークラム

見た目で食べてみたくなる!バンブークラム

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

シーフード店のお料理として、ぜひトライしてみたいカニ料理以外の一品、「バンブークラム」。日本では「マテ貝」と呼ばれている貝で、「バンブー」の名のとおり、竹のような殻が特徴的です。まさに竹を真っ二つに割ったような状態でサーブされて、見た目からもちょっと試してみたくなります。身は歯ごたえがあって、貝のような、イカのような、そんな印象。ちょっとピリッと辛みのあるガーリックの風味がビールにぴったりです!

人気シーフード店「メルベン」。蟹料理だけでも10種類以上!

チリクラブ、クレイポットクラブビーフンスープ以外にも、クリーミーなバタークラブやブラックペッパークラブなど、蟹料理だけでも、なんと10種類以上のものが楽しめます!もちろん、シーフードで人気とは言え、肉料理も野菜メインのものもありますので、箸休めもオーダーしながら、シンガポールの味を堪能してください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ