日本で唯一!和歌山“クジラと泳げる海水浴場”が家族旅行におすすめ

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本で唯一!和歌山“クジラと泳げる海水浴場”が家族旅行におすすめ

日本で唯一!和歌山“クジラと泳げる海水浴場”が家族旅行におすすめ

更新日:2016/06/20 10:09

旅人間のプロフィール写真 旅人間 トラベルライター、旅ブロガー

“クジラの町”として知られる和歌山県太地町。この町にある「くじら浜海水浴場」をご存知ですか?この海水浴場は一日2回イケスのクジラが解放され、クジラと一緒に泳ぐことが出来るというユニークさが特徴。海水浴場は水もきれいで波も穏やか、浅瀬もあるので子供も安心して泳げます。白浜より更に南にある事もあり、関西の海水浴場の中でも混雑も少な目という穴場中の穴場。近隣に宿も多く、家族旅行には最適ですよ!

100倍楽しめる!クジラと一緒に泳げる日本で唯一の海水浴場

100倍楽しめる!クジラと一緒に泳げる日本で唯一の海水浴場

写真:旅人間

地図を見る

和歌山県太地町にある「くじら浜海水浴場」を知っていますか? ここは波が穏やかで浅瀬のある小さな子供も安心して泳げる海水浴場ですが、実は普通の海水浴場ではありません。

この海水浴場内には大きなイケスがあり、そこにはクジラが泳いでいます。それが1日2回、海水浴を楽しむ私たちの所にクジラが解放される…つまり、ここではクジラと一緒に泳ぐことが出来るんですよ。

クジラと一緒に泳ぎたいけど、泳ぐのが苦手で足の届かない場所が怖いって方もありますよね。でも心配しなくて大丈夫!浮き輪にしっかり捕まって、プカプカと浮きながらクジラが近くまで来るのを待つだけでも100倍楽しめます。

もしくはイケスの上に登ってクジラを見る事も可能。もちろんイケスまでは泳いで行かないといけませんが、浮き輪に捕まって、ゆっくり泳げば簡単に辿り着けますのでご安心下さい。とにかくココは泳げなくても泳ぎたくなる!いや、ついつい泳いでしまう…、そんな海水浴場なのです。

「わぁ〜クジラが近くまで来たぁ〜」と子供達は大興奮!

海水浴場内に解放されたクジラは、ゆっくり私たちの周りを泳ぎ始めます。海の中に潜ってしまうと姿は見えなくなってしまいますが、突然「こっちだよ」とピョコンと海面から顔を出すことも。また、すぐ横をシューと泳いで通り過ぎたりと、とにかく楽しい!「わぁ〜クジラが来たぁー」と大興奮する子供たちの嬉しそうな声が周囲に響き渡ります。

クジラと一緒に泳ぐって聞くと、少しドキッとしてしまいますが、何の心配もありません。ここで解放されるのは「ハナゴンドウ」という体長3メートル前後の比較的小柄な種類のクジラです。トレーナーの方が必ず近くで監視していますし、何よりクジラは人懐っこいので安心して楽しめます。クジラと一緒に泳いだという体験は、特に子供には大きな刺激と感動として記憶に残ることでしょう。思い出に残る家族旅行としては最適な場所ですよ♪

「わぁ〜クジラが近くまで来たぁ〜」と子供達は大興奮!

写真:旅人間

地図を見る

もっとクジラと触れ合うなら「くじらの博物館」にも行ってみよう!

くじら浜でクジラと一緒に泳げば、もっとクジラと触れ合いたくなるのが必定。だから「くじら浜」に海水浴へ行くなら、最低でも一泊二日は確保したいところです。一日は海水浴、もう一日は次にご紹介する「くじらの博物館」で過ごすというのが、クジラを満喫できる一番の方法です。

「くじらの博物館」って名前を聞くと、少しお堅いイメージがありますが、ここはかなり遊べます。その中でも特に体験して欲しいのは、カヤックに乗ってクジラにエサやりが出来る「カヤックアドベンチャー」。とにかくクジラと大接近したいなら絶対にコレです!

くじら浜海水浴場では、クジラと一緒に泳ぐことは出来るけど、やはり囲いがあるとはいえ広い海の中では泳ぐのも早く、しっかりクジラの顔までしっかり見るのは難しい。でも、このカヤックアドベンチャーに参加すると、クジラと目と目を合わせて触れ合う事が出来ます♪本当に楽しいですよ!!

もっとクジラと触れ合うなら「くじらの博物館」にも行ってみよう!

写真:旅人間

地図を見る

自然の入江を利用した自然プールの「クジラショー」は迫力満点

自然の入江を利用した天然プールがある「くじらの博物館」では、コビレゴンドウ、オキゴンドウ、ハナゴンドウなどのクジラ達による「クジラショー」も開催されています。

特に巨大な体を高くジャンプし、バシャーンと水しぶきが上がる様は迫力満点で、トレーナーがクジラの背びれに捕まっての遊泳、腹上のライド、クジラの上に人が乗って水上を走る姿なども見ごたえ抜群! イルカショーではなく、クジラでこれほど完成度の高いショーを見られるのは実に貴重なことで、まさに圧巻の一言です。

また、すぐ裏手にはイルカショー専用プールもあり、ダイナミックなイルカショーも楽しめます。これらのショーは共に1日4回開催され、入場後は無料で何度でも見ることが可能。他にも、世界で唯一スジイルカが見られる水族館「海洋水族館 マリナリュウム」などもあり、時間があっという間に過ぎて行く楽しい場所なのです。

自然の入江を利用した自然プールの「クジラショー」は迫力満点

写真:旅人間

地図を見る

お土産に鯨肉を買って帰るならココです!

可愛いクジラ達と触れあって一緒に泳いだり、ショーを楽しんだ後に少し複雑な気分になってしまうかもしれませんが、「くじらの博物館」では、数多くの鯨肉が販売されています。

この「くじらの博物館」は、太地町の捕鯨400年の歴史と技術を後世に伝えることを目的に開館されたもので、館内には捕鯨に関する資料館もあります。世界から捕鯨問題が取り沙汰されたニュースなどをTVで目にすることもありますが、日本が捕鯨とどのように向き合って今日まで来たのか、日本人として、その過程を私達がしっかりと理解することではないでしょうか。触れ合うことで知るクジラの可愛さ、そしてクジラに興味を持つこと、また食としての向き合い方も是非感じてみて下さい。クジラカレーは人気もあり美味しいですよ♪

お土産に鯨肉を買って帰るならココです!

写真:旅人間

地図を見る

くじら浜海水浴場に関する補足

今回紹介した「くじら浜海水浴場」、クジラがイケスから出る時間帯は、11時00分と13時00分と約15分間(1日2回)です。ただ、天候によってはクジラがイケスから出られない場合もありますので、この点だけはご注意ください(詳しくは下部リンク「太地町観光案内所」にてご確認ください)。

また、この海水浴場は更衣室・シャワー(冷水)無料で使用でき、駐車場も無料です。駐車場が満車になった場合は、300メートルほど先に「くじらの博物館」の駐車場がありますので、そちらを使う事も出来ます(共に駐車料金は無料です)。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/01−2015/08/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ