老いも若きも参拝したい!伊東市・蓮着寺「ぼけ除け妙法地蔵尊」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

老いも若きも参拝したい!伊東市・蓮着寺「ぼけ除け妙法地蔵尊」

老いも若きも参拝したい!伊東市・蓮着寺「ぼけ除け妙法地蔵尊」

更新日:2016/05/30 17:19

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

アルツハイマーや認知症など、今や老いも若きもなる病気。少し前は「中風」と言われていて、静岡県伊東市にある蓮着寺には、そんな病に効くとされる「ぼけ除け妙法地蔵尊」があります。このお寺は、日蓮上人ゆかりの名刹で、日蓮上人に因んだ俎岩(まないたいわ)や袈裟(けさ)掛けの松、樹齢1000年の国指定の「やまももの木」など、神秘に満ちたパワースポットも点在。元気なうちに、是非参拝したい、蓮着寺をご紹介します。

日蓮上人ゆかりの地に建立する古刹「蓮着寺」

日蓮上人ゆかりの地に建立する古刹「蓮着寺」

写真:sachie

地図を見る

蓮着寺は、伊豆急行「伊豆高原駅」から徒歩で約20分の場所にあります。かつて大室山から溶岩が流れ出した、ゴツゴツとした独特の地形が広がる城ケ崎海岸にあります。

ここは、鎌倉時代に日蓮宗を開いた日蓮上人が、幕府を批判したことから伊豆に流され、日蓮岬の沖にある俎岩に置き去りにされたと伝えられる地。1508年(永正5年)、小田原北条氏の今村若狭守が、御堂を寄進し「蓮着寺」としたのが始まりと言われています。

寺域は、約20万坪もの広大な広さがあり、本堂前の左側に「ぼけ除け妙法地蔵尊」が居る「三十番神」の堂があります。

直接触って祈願する!効果が期待できる「ぼけ除け妙法地蔵尊」

直接触って祈願する!効果が期待できる「ぼけ除け妙法地蔵尊」

写真:sachie

地図を見る

こちらが三十番神の堂です。右側に居るのが「ぼけ除け妙法地蔵尊」で、日本の代表的な神を三十体集めた神々と一緒に祀られているそうです。ぼけ除け妙法地蔵尊の頭を撫でて祈願すると、ご利益があるとされていて、多くの人に撫でられているためか、地蔵尊の頭はピッカピカ! いかに多くの方から信仰されているかが伺え、頭を直接触れるので、効き目が有りそうです。

因みに、三十番神は「日蓮上人が比叡山で修業を終え、立教開祖をされた時に、三十体の神々が毎日の守護を誓われた」などとの伝説があり、毎日一体ずつ、神が交代で信者を守護してくれるそうです。毎日、神の御加護を受けられるパワースポットでもあるので、ぼけ除け祈願と一緒に参拝したいですね。

大自然と霊気を満喫できる霊場

大自然と霊気を満喫できる霊場

写真:sachie

地図を見る

この場所は、日蓮上人が「俎岩」に置き去りにされ、偶然通りかかった漁師に奇跡的に助け出されたと云われる伝説の地。本堂から徒歩で約4分の場所にあり、遊歩道が整備されているので、簡単に行くことができます。

道なりに歩くと、ご覧のような眺めが広がり、奥に見えるこんもりと付き出た岬が「日蓮崎」。分かりにくかもしれませんが、岬の前の海に浮かんでいる小さな岩が「俎岩」です。岩を見ると、打ち寄せる波が時折岩を覆います。恐怖と隣り合わせだったにも関わらず、日蓮上人は「南無妙法蓮華経」と一心に唱え続けていたそうです。「荒波にもめげない凄い精神だな」と、こんな景色を見れば、きっと感心してしまうことでしょう。かつての噴火活動で出来た荒々しい溶岩台地に、白波が砕け散る様子など壮観な絶景も見応えがあります。

ここで買いたい!最強のパワーグッズ

ここで買いたい!最強のパワーグッズ

写真:sachie

地図を見る

さて、参拝や散策を楽しんだら、境内の売店へ行ってみましょう。こちらは「中風・ボケ封じ守り」です。昔からの言い伝えで「かぼちゃを食べると中風にならない」と云われ、お守りはそれに因み、かぼちゃの形をしています。

驚くことに、カボチャの中にはミニチュアサイズの「ぼけ除け妙法地蔵尊」が入っていて、その上お守りは祈祷済み。念力を感じられるようなお守りで、肌身離さず付けていると病から救ってくれるそうです。お守りを買うと、蓮着寺に因んだ「袈裟掛けの松」などの最中を、おまけで貰えるかも。

売店では、お守りなどの販売だけでなく、変わったことに「ベルリンの壁岩」「南極の岩」などの珍しい展示物もあるので、是非覗いてみて下さいね。

おわりに

お寺の境内には、日蓮上人が袈裟を掛けて休息したと云われる、2代目の「袈裟掛けの松」、樹齢1000年以上の国指定天然記念物「やまもも」の大木などもあります。「俎岩」まで続く遊歩道の途中に、藪椿の群生や、モチの木がまるで岩を食べているように見える奇怪な「石喰いのモチの木」もあるので、お見逃しなく! また、遊歩道は海岸線に沿ってハイキングを楽しめる「城ケ崎自然研究路コース」にもなっているので、興味のある人は下記のMEMO【IZU NET】をご覧下さいね。

現代では、若年性アルツハイマーなどの病になる人もおり、若いからと言って油断はできない時代。なので、老いも若きも関係なく、蓮着寺の「ぼけ除け妙法地蔵尊」を訪れてみては如何でしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -