神秘〜感動〜癒し!1日で巡る北海道「屈斜路湖周辺ドライブ」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神秘〜感動〜癒し!1日で巡る北海道「屈斜路湖周辺ドライブ」

神秘〜感動〜癒し!1日で巡る北海道「屈斜路湖周辺ドライブ」

更新日:2016/06/03 11:08

KONDO EIJIのプロフィール写真 KONDO EIJI 車中泊旅ブロガー、滋賀県郷土史研究家

感動、神秘、驚き、癒し、全てありの絶景ドライブ!
これらが1日で味わえるなんて、なんという贅沢。さらに、道中の景観も文句無し!

北海道の道東「阿寒国立公園」周辺は、公園の内外を問わず自然の美しさを満喫できる所がたくさんあります。そして、そうした中には「さくらの滝」「神の子池」「野天湯」のような穴場的な場所も!今回はそれらも含め、バラエティに富んだ屈斜路湖周辺の1日ドライブコースをご紹介します。

感動、さくらの滝!サクラマスの滝越えジャンプ

感動、さくらの滝!サクラマスの滝越えジャンプ

写真:KONDO EIJI

地図を見る

知床もしくは網走方面から訪れる場合を想定してみましょう。まずは「さくらの滝」(斜里郡清里町)です。ここでは6〜8月に、サクラマスの滝登りを見ることができます。

JR札弦駅とJR緑駅の間、道道1115号線の東側の道を南進するとやがて道は二股に分かれ、そこを左側の道を進むと後は2kmほどです。より自然な環境にあるため周辺は未舗装で、トイレなどもありません。お土産さがしも兼ねて、途中の道の駅「パパスランドさっつる」で少し休憩をとっておくとよいでしょう。

「さくらの滝」があるのは、斜里川の上流30kmあたり。滝といっても大きな落差のものではありませんが、水量は大変多く激流。オホーツクの海から遡上してきたマスにとっては、大変な難関に違いありません。子孫を残すための旅の最終章、流れくる激流に向かって命の限りジャンプする姿には、ただただ感動。見る人の心を打つに違いありません。

神秘の色!神秘の透明度!神の子池

神秘の色!神秘の透明度!神の子池

写真:KONDO EIJI

地図を見る

その「さくらの滝」から10数km南にあるのが、「神の子池」(斜里郡清里町)。少し戻って道道1115号線に入り南進すると、道沿いに「神の子池入り口」という看板があります。その分岐から2kmほどの、林間の平坦な未舗装路を走ると到着です。

「神の子池」は周囲220mの小さな池なのですが、ここがなぜ神秘の池と呼ばれているのかは、実際にその姿を見るとすぐに納得!エメラルドグリーン&ブルーの独特の色を生みだす透明の水は、水深5mの底までがクッキリと見え、自由に泳ぐオショロコマも確認できます。そして年間を通して水温が8℃と低いため、水中には腐らずに残る倒木の姿。そこだけが、まるで別世界なのです。

またここは、水源は全てが伏流水によるものなので流入する川はありません。それなのに流れ出る水は豊富!摩周湖(カムイトー:神の湖)の伏流水によりできた池ということで「神の子池」と呼ばれるようになったそうですが、実際は摩周湖の伏流水によるものではないようです。とはいえ、この神秘の池には「神の子池」という名がピッタリ!異次元の透明度と美しさが、そこにはあります。

驚きの、噴き上がる白煙「硫黄山(アトサヌプリ)」

驚きの、噴き上がる白煙「硫黄山(アトサヌプリ)」

写真:KONDO EIJI

地図を見る

道道1115号線に戻り(北進し)、国道391号線に入って硫黄山を目指します。

強烈な硫黄の匂いと、あちこちの噴気孔からモウモウと噴き上がる白煙。むき出しの岩肌には、硫黄の黄色があちこちに見えています。硫黄山はアイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)と呼ばれ、草木の生えない硫黄山の姿を表しています。その荒涼とした風景はまさに裸の山、そして絶え間なく吹き上がる煙は、まるで山が呼吸をしているかのように見え、ここが活火山であることを証明しています。

かつては硫黄鉱山として採鉱実績が全道一だったこともあり、運搬のための鉄道が標茶まで敷設されていたそうです。
なおここの駐車場は、摩周湖との共通の駐車券(2日間有効)が発行されています。

癒し&絶景の野天湯「池の湯」

癒し&絶景の野天湯「池の湯」

写真:KONDO EIJI

地図を見る

そして温泉です。普通ならば硫黄山のすぐ近くにある有名な「川湯温泉」なのですが、ここではあえて自然満喫ということで野天湯をオススメしたいと思います。

硫黄山からは、屈斜路湖畔を走る道道52号線に入ります。この屈斜路湖畔にはいくつかの野天湯がありますが、その中で最大の大きさ、最高のロケーションが、ご紹介する「池の湯」です。名前の通り池のようですね。ここは混浴の無料露天風呂ですが、脱衣所は男女別で水着もOKなので女性も安心です。地元の方により清掃されていますが、藻はあります。しかしここは野天湯、そんなこと気にしないで、眼前の屈斜路湖の絶景を眺めながら、ゆったりと温泉と自然を味わいましょう!

車はすぐ横の空き地に停めることができますので、女性の方は車で着替えるのもありだと思います。

絶景と爽快!美幌峠〜屈斜路湖の快走路

絶景と爽快!美幌峠〜屈斜路湖の快走路

写真:KONDO EIJI

地図を見る

温泉の後は、爽快と絶景のドライブ!最後に国道243号線で、美幌峠まで走りましょう。
峠に昇る手前で少し見通しが悪いクネクネ道もありますが、その他は快走路。峠近づくにつれて広がる、眼下の雄大な屈斜路湖の風景はまさに圧巻!「これぞ絶景!」と誰もか感じるのではないでしょうか。

美幌峠には、道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」があります。そこには展望台やいくつもの絶景ポイントがあり、唯一無二の大パノラマを堪能できます。ぜひゆっくりと時間をお過ごしください。夕暮れ時なら、絶景の夕陽と出合えるかも知れません。1日でまわる自然満喫ドライブの締めくくりにふさわしい絶景が、きっとあなたを待っていることでしょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか。
このドライブコースには、この他にも「摩周湖」「川湯温泉」「摩周温泉」「藻琴山展望台」や「和琴半島」「砂湯」「コタン温泉」など、ルートの途中に多くの見どころがあります。時間に余裕がある時などは、そちらに訪れてみるのもいいでしょう。また天候などによって、随時行き先を変更するのも可能です。

見どころが多い所だけに、バリエーションは様々。ぜひ、あなたにあった爽快ドライブを、計画してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -