東京都心で異国情緒たっぷり!「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京都心で異国情緒たっぷり!「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」

東京都心で異国情緒たっぷり!「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」

更新日:2016/06/01 17:03

橘 凛のプロフィール写真 橘 凛 ライター、エッセイスト

近年の日本旅行ブームを受け、外国人も含め観光客数が増加の一途をたどる首都・東京。ホテル予約は、満室や費用の高騰などで悩ましいものとなっています。そんな中、ビジネスホテルを超えたラグジュアリーを誇る「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」はいかがですか?都内のホテルにはめずらしい大浴場や、イタリアンメインのビュッフェが評判のレストランといった施設も充実。満足のできる東京滞在をご提案します!

汐留イタリア街に位置するホテル

汐留イタリア街に位置するホテル

写真:橘 凛

地図を見る

「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」があるのは、汐留の再開発地区のひとつであるシオサイト5区。汐留のビジネス街からつながるこの街はイタリア街と呼ばれ、日本とは思えない石畳や異国情緒たっぷりのアーチが美しい建造物など、さながら東京で迷いこむリトル・イタリーのようです。ホテルはその中でもひときわ目立つ、優しい黄色の大きな建物です。入ってすぐにホテルスタッフが温かく出迎えてくれます。ホテルのすぐそばには、コンビニやレストラン、ラーメン店などお店がたくさんあるので、滞在中に不便さを感じることはないでしょう。

賑やかで食材豊富な朝食ビュッフェ

賑やかで食材豊富な朝食ビュッフェ

写真:橘 凛

地図を見る

三井ガーデンホテルの朝食は、「楽しみになる朝食」がコンセプト。ホテル内レストラン「LA MAREA(ラ・マレーア)」では、イタリアンを中心に、約50種類以上の和洋中を取りそろえたビュッフェを提供しています。朝からパスタやピザがあるというのも、イタリア街らしくて楽しい食卓の風景です。

毎朝作りたてというフレッシュな豆乳豆腐や、野菜しゃぶしゃぶ、モッツァレラチーズ入りのオムレツなど、オリジナルレシピが豊富なのも特筆すべき点。朝食に限らず、ランチやデザートビュッフェ、ディナーに至るまでバイキング形式のレストランで気軽に入れるので、ホテル滞在者以外にも大人気です。

東京タワーが見える客室も!

東京タワーが見える客室も!

写真:橘 凛

地図を見る

客室は、都心とは思えない広々としたスペースが取られているのが魅力です。芝公園が徒歩圏内なので、客室によっては窓から東京タワーが見えることも。ビジネスでの利用が多いので、シングルルームには仕事もできるライティングデスクが置いてあります。どの客室も20平米以上で、ビジネスホテルを超えるクオリティーなのに、お値段が控え目なので、リピーターが多いのも納得です。

最上階である13階には、大浴場「Vasca Garden(ヴァスカガーデン)」があり、滞在者ならだれでも利用できます。客室備え付けのナイトウェアでリラックスして利用できます。大浴場は深夜1時まで開いているので、仕事や遊びで夜遅くに帰ってきても大丈夫。もちろん、早朝6時からの朝風呂もオープンしています。

ホテルからのアクセスは完璧!

ホテルからのアクセスは完璧!

写真:橘 凛

地図を見る

ビジネスにもレジャーにも欠かせないのは、何よりもその利便性。その点、「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」は、都心のホテルとして素晴らしい立地です。JR新橋駅・浜松町駅や都営の新橋駅・大門駅・御成門駅、ゆりかもめ汐留駅といった都心の主要駅がすべて徒歩圏内となっています。羽田空港までのアクセスも、浜松町駅からモノレールで16分と非常に良いので、空港利用者にも人気です。

目の前のイタリア街のほか、東京タワーや銀座も徒歩圏内ですし、浜離宮庭園も至近なので、観光スポットめぐりの拠点としてもベストなホテルでしょう。

都会的でモダンなホテルステイを

「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」は、多くのホテルひしめく東京でも、立地・施設・食事・価格と、どれを取ってもオススメできるホテルです。もちろん、スタッフのホスピタリティも万全。レセプションでは、出張やレジャーに必要な情報をすぐに教えてくれますよ。
ぜひ「三井ガーデンホテル汐留イタリア街」で、ラグジュアリーワンランク上のビジネスホテルステイを楽しんでくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/28−2016/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ