日本の古き良き姿を彷彿する台湾「九フン」を歩いてみよう

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本の古き良き姿を彷彿する台湾「九フン」を歩いてみよう

日本の古き良き姿を彷彿する台湾「九フン」を歩いてみよう

更新日:2016/05/31 18:06

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

台湾北部の新北市瑞芳区の山あいにある九フン(にんべんに分)は、かつて、金の採掘で賑わいを見せ、日本統治時代に街並みが整備された経緯があります。

台湾にいながら日本の古き雰囲気が楽しめ、それでいて台湾の温かみも感じられる台湾の中でも特にお勧めの観光地。そして、色が美しい「夕方からの九フン」がお勧めです。

狭い路地の連続で車が入ることは出来ません。歩くことを楽しみましょう。

なぜ「九フン」と呼ばれるのか

なぜ「九フン」と呼ばれるのか

写真:大里 康正

地図を見る

台湾の言葉で九フンとは、9人の人を意味し、特にこの地を開拓した9人を指してこの地名となったと言われています。別の説ではこの地にはかつて9世帯しかありませんでした。買い物をする時、各家が持ち回りで買い出しに行き、それを九つに分けたことから9で分ける、九フンとなったとも言われています。

日本統治時代の1920年代には九フン大学がありました。19世紀には金の採掘で発展しましたが、1971年には採掘禁止令が出て、その後は廃れて行ったのです。

しかし1989年に二二八事件を題材とした映画「悲情城市」のロケ地となったことで、脚光を浴びます。そして一大観光地として発展していったのです。

宮崎アニメのモデル?

宮崎アニメのモデル?

写真:大里 康正

地図を見る

宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」は大ヒットした映画です。映画の中で描かれている湯屋は、この九フン阿妹茶楼にそっくりだと言われています。

こちらではちょっとした休憩でお茶、お菓子を楽しむことが出来ます。もちろん食事をすることも出来ます。

路地散策が楽しい

路地散策が楽しい

写真:大里 康正

地図を見る

こちらは賢崎路です。台湾で有名な夜市とも少し異なった感覚は、どこから来るのでしょう。それは、街並みが落ち着いた佇まいであることから、賑わいよりも古都を思わせる雰囲気だからと言えるでしょう。レトロな雰囲気が人の心を古い時代に誘います。

道が狭い上に石段が多くありますので、観光の際には足元に注意しましょう。

食べ物とお土産が充実

食べ物とお土産が充実

写真:大里 康正

地図を見る

狭い石畳を歩いていると両側には様々な食べ物店、土産物店が並んでいます。

中華料理のコースを楽しめる店が多くあります。歩きながら楽しめるスイーツや揚げ物のお店も多く並んでいます。

お土産品では台湾ならではのお守り、天然石、小物や香水と多種多様な物があります。面白いところでは名前の漢字を詩文の最初の文字として、扇子等に書いてくれるお店もありますので、足を止めてみて下さい。

なお、台湾の他の観光地と違って、売店は早めに開き、店じまいも早いので、暗くなってきたら買い物を済ませておきましょう。

夜景もまた美しい

夜景もまた美しい

写真:大里 康正

地図を見る

台北との往復でバスを使った場合、このような夜景を楽しむことが出来ます。高いところから眺望する夜景も良いのですが、バスの車窓から比較的近い距離でぬくもりを感じられる夜景を楽しむのも、旅の思い出になるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?提灯の明かりの中、狭い路地を歩くことはとても不思議なものに感じられるでしょう。台湾ではぜひとも九フンを訪ね、ノスタルジックな雰囲気を味わってみましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ