5つ星ホテル「ザ・リージェント・台北」のおすすめカフェ&レストラン

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

5つ星ホテル「ザ・リージェント・台北」のおすすめカフェ&レストラン

5つ星ホテル「ザ・リージェント・台北」のおすすめカフェ&レストラン

更新日:2016/06/06 09:15

小宮 薫のプロフィール写真 小宮 薫 編集、ライター、コピーライター

「台北晶華酒店」=「ザ・リージェント・タイペイ」は、MRT中山駅のほど近くに位置する、客室数538室を誇るラグジュアリーなホテルです。広い客室もさることながら、ロビー・エントランスも格式高い雰囲気。南国らしく、ピンクのシンピジュームがアクセントとして美しく映えます。ホテル内にはいくつもの高級レストランやショップがありますが、今回は比較的にリーズナブルに利用できるお店を中心にご紹介します。

ゆったりとしたラグジュアリーな空間で非日常の時間を味わう

ゆったりとしたラグジュアリーな空間で非日常の時間を味わう

写真:小宮 薫

地図を見る

台北のトップクラスホテルのスタンダード客室として、一番の広さを誇るお部屋は広くてゆったり。ウェルカムフルーツがゲストを迎えてくれます。お部屋の場所にもよりますが、目の前は公園。遠くに台北101を望むことができます。

お部屋の設備も充実しています。リージェントマークのペットボトルのお水がお部屋と洗面所に用意され、シャワーブースがセパレートした白を基調としたバスルームは大理石仕様。蛇口横の黒い箱には「バスソルト」がセットされています。アメニティはいささか地味目ですが、シャンプー、リンス類はホテル内スパと同じものです。そしてルームキーはずっしりと重たく、格式を感じさせます。また、お部屋の電話には「日本語専用回線」もあります。

地下1階〜2階(ロビー階も)は「リージェント・ギャレリア」として、フランク・ミュラー、ハリー・ウィンストン等、世界の名だたる高級ブランドショップが大集合しています。1階には「ジャン・ポール・エヴァン」などのショップもあります。

中華・洋食・和食が楽しめるブッフェスタイルのレストラン

中華・洋食・和食が楽しめるブッフェスタイルのレストラン

写真:小宮 薫

地図を見る

上層階のエグゼクティブフロアには専用ラウンジがありますが、一般のゲストは1階にある「BRASSERIE」が朝食会場となります。

此方は年中無休で、朝・昼・アフタヌーン・夜と、すべてブッフェスタイルの食事を提供しているレストランで、一日中、賑わっているお店です。
1階奥の黒いカウンターがパンコーナー(ワッフルやホットケーキを焼いてくれたり、ドーナツ・パン類が並んでいます)、通路右手が入り口(受付)、その奥には「中華」・「洋食」・「和食」・「ハムチーズ」「サラダ」「フルーツ」「ドリンク類」などの料理がフルラインナップした「島」があり、その奥には「合計350席」のお席が用意されています。

朝の陽射しが射し込む窓際席で本場の中華料理を様々に味わう

朝の陽射しが射し込む窓際席で本場の中華料理を様々に味わう

写真:小宮 薫

地図を見る

此方のレストランは、毎朝6時30分にオープンします。ガラス張りのお席に朝日が射し込む一番奥の窓際席がオススメ。天井がとても高くて開放感があります。

どの「島」にもお料理はギッシリ!!バラエティに富んだ様々な種類のお料理が並んでいます。そのすべてを全部制覇するには1週間以上滞在しなくてはならないのでは・・・と思えるほどです(笑)。
そして「中華アイランド」からの湯気が一番すごくて、「ドライアイスでも焚いているのか?」と思えるほど煙がもくもく状態。熱々のお料理が手招きしています。コックさんが切り分けてくれるローストポークなどは2センチぐらいあります。トリュフ入りオムレツを様々な具材と共にその場で焼き上げてくれるのも嬉しいサービスです。
また、パンコーナーのおじさんが焼いてくれるワッフルとフレンチトーストが美味。フレンチトースト用のホイップクリームをお忘れなく!

台北牛肉麺コンテストで1位に輝いた「リージェント牛肉麺」

台北牛肉麺コンテストで1位に輝いた「リージェント牛肉麺」

写真:小宮 薫

地図を見る

1階にある「Azie Grand Caf’e」は、世界各国のお料理が楽しめるゴージャスなカフェ・レストランです。特に有名なのが『リージェント牛肉麺』で、「清燉牛肉麺」は以前、台北牛肉麺コンテストで第一位(3部門中2部門を制覇)に輝いた「とても美味しくて有名な牛肉麺」です。ちなみに2015年4月にアメリカCNNの記者たちが選んだ台湾の牛肉麺の一位もその「清燉牛肉麺」でした。

メニューには「晶華紅焼牛肉麺」と「2012年チャンピオン牛肉麺」が並んでいます。一般に牛肉麺には、あっさり系の「清燉(コンソメスープ)牛肉麺」とこってり系の「紅焼(辛い醤油スープ)牛肉麺」の二種類があります。前者の「清燉」(コンソメ)の漢方薬で煮込んだスープは透明で、牛肉そのものの味が際立つのに対して、紅焼はトウバンジャン、トウガラシ等のスパイスが加えられ、辛いのが特徴とされます。

ホロホロのお箸で切れる柔らかな牛肉がスープと麺の間から顔を出します。「骨」はなくて口の中に入れると驚くほどなめらかにとろけていきます。緑の葉野菜(青梗菜に似ています)と煮卵がのったシンプルなお品です。
此方では、夜はライブのステージが開催されます。

地下2階のコーヒーショップの本店は台北でも人気の実力店

地下2階のコーヒーショップの本店は台北でも人気の実力店

写真:小宮 薫

地図を見る

地下2階にある「CAFFE X classic」は、忠孝新生駅近くにある「4MANO CAFFE」がプロデュースするお店です。イタリアのエスプレッソを美味しく煎れるために「4つのM」(MISCELA、MACINAZIONE、MACCHINA、MANO)にこだわったお店ということで、此方のバリスタは「ワールドバリスタチャンピオンシップ」に台湾代表として参加されています。

支店の此方は、いくつかの丸いテーブルと椅子が無造作に置かれたオープンスペース。周囲は高級ブランドショップが並んでいるのですが、ここだけ少し異質な空間です。

コーヒーをオーダーする人が多いですが、お茶のメニューも多彩。さすがにお値段は「リージェント!」しています。スタッフの方のコーヒーを煎れるプロセスは、一つひとつの工程がとても丁寧で、お味も熱くて香り高くて美味しいです。また、此方のオススメがカスタードクリームを使用した「お餅ワッフル」。コーヒーとの相性もバッチリです。

「ザ・リージェント・台北」で『極上&非日常の台北グルメ』を満喫

ホテル周辺にはお店も多く、地下にはブランドショップや各種レストラン、スパなども揃っていて、ラグジュアリーな非日常の空間の中で、ノンビリとした極上の台北ステイを楽しむのにはオススメのホテルです。何よりもゆったりとした広いお部屋で、5つ星ホテルならではのクオリティの高いサービスを味わうことができるのも魅力。
全体的にお高いイメージが定着しているリージェントホテルではありますが、一度は味わってみたい「リージェント牛肉麺」や利用価値の高いカフェも存在しています。
また、MRT中山駅に近いロケーションは、ビジネスや観光、ショッピングなどにもオススメです。
是非、台北ステイの際のホテル候補に加えてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/06−2016/03/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ