ロマンチックな雰囲気が最高!大阪「舞洲」の夜景スポット

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ロマンチックな雰囲気が最高!大阪「舞洲」の夜景スポット

ロマンチックな雰囲気が最高!大阪「舞洲」の夜景スポット

更新日:2016/07/17 13:00

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

舞洲は大阪港の一角に位置する人工島で、広さ220ヘクタールの中に、レジャー施設や倉庫施設が存在します。レジャー施設の多くは緑地状のエリアで、開放感抜群!眺めに関しても、舞洲で最高峰の新夕陽ヶ丘や舞洲シーサイドプロムナードなど、素晴らしいスポットが勢ぞろいです。昼間はスポーツや体験施設などでアクティビティーさが目立ちますが、夕刻以降のムードある舞洲を訪問して、素晴らしい眺めを堪能しましょう!

高さ25mの位置にある東屋から見下ろす周辺夜景は絶品!新夕陽ヶ丘

高さ25mの位置にある東屋から見下ろす周辺夜景は絶品!新夕陽ヶ丘

写真:木村 優光

地図を見る

新夕陽ヶ丘は舞洲内で一番標高が高く、標高25mと数値で見るとたいしたことないと思われますが、実際に足を運んでみるとその素晴らしさに脱帽してしまうほど絶品な場所。最上部にはドーム型の東屋があり、視界を遮るものがない周囲は開放感抜群です!

スポット名もさながら、夕刻時以降は雰囲気が一変!ドーム型の東屋がライトアップされ、非常にロマンチックなムードに変わります。東屋の周囲は丘陵状の芝生が広がり、芝生に寝転んでみると、夜空に輝く星たちも意外と多いことに気がつくでしょう。

また遠方に目をやれば、大阪港の港湾夜景、そして神戸方面の煌びやかな夜景が広がります。訪問する人もあまりおらず、開放的な眺めを独占できる可能性は非常に高いです。素晴らしい眺めに時間が過ぎるのも忘れてしまうほど!

新夕陽ヶ丘へのアクセスは西側階段で!

新夕陽ヶ丘へのアクセスは西側階段で!

写真:木村 優光

地図を見る

新夕陽ヶ丘は舞洲の中で一番高い場所のため、舞洲内の様々な場所からのアクセスルートが存在します。新夕陽ヶ丘北側の内陸部からのアクセスも良いですが、ここは足元を照らす照明がロマンチックな北西側階段からがオススメ!それほど明るい照明ではないため、大切な人と訪問すれば、気付いた時にはお互いの手を取り合っている可能性は大です。

そして、行く先にはチャペルのような外観の真っ白にライトアップされた東屋!まるで今から二人だけの結婚式を行うかのようですね。

そんな雰囲気ですので、近い将来結婚するであろう大切な人と訪問すれば、お手軽でムーディーな結婚式の予行練習ができてしまうかも?!本番とは違い、周りに観衆がいないところが、二人だけの世界に入ることができて、恋愛熱も上昇するでしょう。そして、背景の神戸や六甲方面の夜景も、熱い二人を盛り立ててくれるはずです。

南港方面を一望!舞洲シーサイドプロムナード

南港方面を一望!舞洲シーサイドプロムナード

写真:木村 優光

地図を見る

舞洲シーサイドプロムナードは舞洲の南西側に位置し、目の前は大阪港!そのため水辺沿いには、約600mのウォークボードが東西に貫いています。ウォークボードはウッドテラスとなっているため、足元からは時折波音が聞こえることがあり、非常にロマンチックなムードです。

対岸は夢洲と呼ばれる人工島で、舞洲とは異なり、そのほとんどは倉庫で島内を占めていますが、視線をやや東側に移すと、南港方面の夜景を見ることができます。一番目立つものとしては、超高層ビルの大阪府咲洲庁舎(別名:コスモタワー)!大阪市内において大阪咲洲庁舎は、ランドマーク的存在といって良いほどスケールが大きいです。

足元から聞こえる波音をBGMに、対岸の南港方面の夜景を見つつ、プロムナードをゆっくり散策すれば、素敵なデートプランが出来上がるでしょう。大切な人と訪問して欲しいスポットです。ロマンチックなムードに押されて、気がついたらいつの間にか手を繋いでいたりするかもしれませんね。

プロムナードの中央にはカラフルに輝く噴水広場が!

プロムナードの中央にはカラフルに輝く噴水広場が!

写真:木村 優光

地図を見る

舞洲シーサイドプロムナードを訪問する際に、必ずといってよいほど通る噴水広場は、位置的にはシーサイドプロムナードの中央にあります。この噴水広場、夜間はライトアップされていて、南港方面の夜景とのコラボレーションが、まさに水都大阪を象徴しています。

なお、噴水は1時間に1回。カラフルにライトアップされると同時に、水が踊る姿も見ることができ、見とれてしまうこと間違いなし!ベンチに座ってカラフルにライトアップされた噴水を二人で見ていれば、二人の距離もリズムに乗って近づくかもしれませんよ。

そしてシーサイドプロムナードの北西側にはロッジがあるのですが、そちら側へ向かう途中には散策路もあり、照度も程よい暗さなので、デートの締めに訪問すると、より一層二人の距離は近づくことでしょう。したがって車訪問の場合はロッジ前のコインパークに車を停めると良いでしょう。

昼間はアクティビティーに汗を流すことができる「舞洲」

「舞洲スポーツアイランド」と呼ばれる「舞洲」だけあって、スポーツ施設は非常に充実しています。野球場をはじめテニス場、複数の競技場、屋内アリーナなど。夜間はムーディーな雰囲気満載の舞洲ですが、昼間訪問して一汗流して、夕刻以降は「新夕陽ヶ丘」、「シーサイドプロムナード」と巡ってみると、非常に充実した1日を過ごせそうですね。

また、USJや南港も間近にあるため、観光訪問としてもまったく問題なし!舞洲内には宿泊可能なロッジもあるため、大阪ベイエリアの宿泊旅行を考えている方にはオススメです!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/01/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ