ランチで温泉半額!ホテルサンバレー那須「高原のテーブル」大満足バイキング

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ランチで温泉半額!ホテルサンバレー那須「高原のテーブル」大満足バイキング

ランチで温泉半額!ホテルサンバレー那須「高原のテーブル」大満足バイキング

更新日:2016/06/07 11:53

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

ホテルサンバレー那須(栃木県那須町)は、那須高原の温泉リゾートホテル。「湯遊天国」と「アクアヴィーナス」を併設した温泉テーマパークで、日帰り入浴も可能です。

バイキング・レストラン「高原のテーブル」では、品数豊富で高品質なイタリア料理が食べ放題。ランチ付き「日帰りパック」なら、温泉入浴料金も半額以下に割引されます。ホテルサンバレー那須の魅力である、温泉と食事の良さを実感し大満足出来ます!

サンバレー那須の日帰り入浴は「アクアヴィーナス」で受付

サンバレー那須の日帰り入浴は「アクアヴィーナス」で受付

写真:藤田 聡

地図を見る

ホテルサンバレー那須の日帰り入浴は、本館裏手の「アクアヴィーナス」で受付します。三種類の源泉を利用した「湯遊天国」と、水着で入る「アクアヴィーナス」がある温泉テーマパークなので、水着も持参しましょう。

日帰り入浴だけでも温泉を十分楽しめますが、出来ればランチ付き「日帰りパック」がおすすめ。温泉入浴料金が半額以下に割引されるので、大変お得です!

サンバレー那須のレストラン「高原のテーブル」

サンバレー那須のレストラン「高原のテーブル」

写真:藤田 聡

地図を見る

サンバレー那須は、温泉と食事の良さで知られるリゾートホテル。ランチ付き「日帰りパック」を利用すれば、自慢の温泉と食事を一度に両方味わえます!

日帰りパックの場合も、アクアヴィーナスで受付。食事は先でも後でも可能ですが、ランチ終了時間を気にしながらの入浴は落ち着かないので、先に済ませるのがおすすめ。温泉入浴は深夜まで営業しているので、食後は時間を気にせず存分に入浴出来ます!

レストラン「高原のテーブル」は、アクアヴィーナスの斜め向かいにあり、温室のような外観ですが、奥は普通のレストランで冷暖房も効いています。

「高原のテーブル」はイタリアン・バイキング!

「高原のテーブル」はイタリアン・バイキング!

写真:藤田 聡

地図を見る

「高原のテーブル」は、サンバレー那須でランチ営業している唯一のレストラン。イタリアンのバイキングですが、品数豊富で料理も高品質です。補充も早いので、好きなイタ飯を好きなだけ、存分に頂きましょう!

「高原のテーブル」には、魅力的なイタリア料理がいっぱい!

「高原のテーブル」には、魅力的なイタリア料理がいっぱい!

写真:藤田 聡

地図を見る

イタリア料理といえばピザとパスタですが、石窯で焼かれたピザや茹で立てパスタが、品数豊富に揃います。ピザは、生地まで本格的な味わいで大満足。パスタの茹で具合も最高です。

各種のパンや惣菜、ティラミスなどのデザートも大充実。種類豊富な料理の中から、さらに厳選して取っても、大皿4枚でも不足する程の充実ぶり。テーブルが一杯になり、大満足出来ます!

日帰り入浴でサンバレー那須に満足したら宿泊もおすすめ!

日帰り入浴でサンバレー那須に満足したら宿泊もおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

「高原のテーブル」のランチ・バイキングに満足したら、「湯遊天国」と「アクアヴィーナス」で温泉を存分に満喫しましょう。アクアヴィーナスのロビー奥には無料休憩所もあり、日帰り入浴でも一日のんびり出来ます。

日帰り入浴で、ホテルサンバレー那須の食事と温泉の良さに満足したら、次回は宿泊もおすすめ。夏には各宿泊棟の宿泊者専用プールもオープンし、リゾート気分を満喫出来ます!

ホテルサンバレー那須は宿泊棟でレストランが決まります

サンバレー那須は温泉と食事の良さで知られるリゾートホテルで、原則として宿泊棟のレストランを利用します。夕食、朝食ともにバイキングで、本館は和食中心、フォレストヴィラは洋食中心、オリエンタルガーデンは中華中心。好みや気分に応じて選択しましょう。フォレストヴィラとオリエンタルガーデンについては、別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事の最後にリンクあり)

ホテルサンバレー那須には、那須高原のテーマパーク入場券付き宿泊プランもあります。中でも各種動物ショーが楽しく、カピバラやアルパカと触れ合える「那須どうぶつ王国」が断然おすすめ。一度行けば魅力に取り憑かれ、リピーターになってしまいます!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ