ニュージーランド随一の壮大な地熱地帯「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」の間欠泉は迫力満点!

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ニュージーランド随一の壮大な地熱地帯「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」の間欠泉は迫力満点!

ニュージーランド随一の壮大な地熱地帯「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」の間欠泉は迫力満点!

更新日:2016/06/08 16:37

島野 佳幸のプロフィール写真 島野 佳幸 京都写真家、フリーライター

「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」はニュージーランド国内で最も色彩豊かといわれる地熱地帯で、北島を代表する観光名所の1つです。

数千年に及ぶ火山活動で作られた多くのクレータや池などを間近に見ることができ、特にレディー・ノックス・ガイザーでは、一日一回だけ午前10時15分から、高さ20mまで噴き上げる間欠泉を見ることができます。世界各国からの大勢の観光客が、観客席で歓声を上げています。

ワイオタプについて

ワイオタプについて

写真:島野 佳幸

地図を見る

「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」では数千年に及ぶ火山活動で作られた地殻変動の様子を手に取るように見ることができます。今でもあちらこちらで熱水が湧き出ていて、池の水に含まれる化学成分の違いで作られる色彩がニュージーランド国内で最も豊かといわれる、まさに「サーマル」(温熱性)「ワンダーランド」(老若男女が楽しめる場所)です。

上の写真の奥に見えるかなり大きなシャンパン池は、表面温度は75度にも達し、炭酸ガスを含むため、シャンパンのように水面に気泡ができ、昼でも白い蒸気が立ち込める緑色の温泉池です。池の縁部分はオレンジ色になっています。

散策コースは3つ

散策コースは3つ

写真:島野 佳幸

地図を見る

「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」は、ニュージーランド北島のロトルアから国道5号線で南へ20分、タウポからは同じく国道5号線を北へ40分のところにあります。

入口のビジターセンターで入場料を払い、日本人であることを告げると、簡単な日本語のガイドメモがもらえると同時に、ウォーキングコースが英語で書かれたガイドマップももらえます。ガイドマップには、25カ所のビューポイント(カラフルな色彩を持つ池やクレータ)の解説が書かれていて、時間と距離で歩くコースが3つに分かれています。

WALK1:入口近くだけ巡る1.5Km30分コース、WALK2:WALK1の先にあり、あわせて2Km40分コース、WALK3:ワンダーランドの最先端を巡るコースで、WALK2のさらに先にあり、WALK1、2とあわせて合計3Km75分コース、となっています。遊歩道は整備されていて、迷うこともなく歩くことができます。もちろんここに来たら全部を見学できるWALK1、2&3がおすすめです。

上の写真は、WALK2の途中にあるPanoramic View(パノラミックな景色)と名付けられた場所からWALK3最先端の(ナコロ湖)方向を眺めた風景です。

カラフルな自然の景観

カラフルな自然の景観

写真:島野 佳幸

地図を見る

「ワイオタプ」はマオリ語で「神聖な水」という意味を持ち、「ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド」では、ニュージーランドで最もカラフルな水に彩られた自然の景観を楽しめる場所です。それぞれ異なる自然の風景に、シャンパンプール(シャンパン池)、デビルズホーム(悪魔の家)、アーティストパレット(画家のパレット)、デビルズバス(悪魔の浴槽)等の特徴的な名前が付けられています。

入口近くのシャンパン池に隣接している(画家のパレット)は、天然の鉱物が混ざりあうことで、水面の色がオレンジ色や黄色、黒色など、さまざまな色を見せています。ウォーキングコース最先端に位置する(ナコロ湖)は、緑色の水を湛えるな温泉池です。また、出口近くにある上の写真の(悪魔の浴槽)は、ヒ素によって淡い緑色をしています。

ここで見ることのできる色彩は、黄色/淡黄色:硫黄、白:二酸化ケイ素、赤銅色:酸化鉄、紫:マンガン、オレンジ:アンチモン、緑:ヒ素、黒:硫黄及び炭素などによって作られています。

レディー・ノックス・ガイザー(間欠泉)

レディー・ノックス・ガイザー(間欠泉)

写真:島野 佳幸

地図を見る

レディー・ノックス・ガイザー(間欠泉)の場所はワイオタプ・サーマル・ワンダーランドから少し離れていますが、ビジター センターでチケットを購入したとき、時間と場所を案内してくれます。駐車場は、ビジター センターとは別に約数分ほどのところにあり、一日一回朝10時15分からだけなので、その時間に間に合うように移動が必要です。

間欠泉を目の前に眺めることのできる丘の傾斜に沿って大きな「観客席」が設けられていて、毎日10時15分頃には、世界各国からの大勢の観光客が間欠泉が噴き上がるのを待ち構えています。ガイドによる簡単な説明の後、真上に噴き上げる迫力満点の噴煙ショーが始まります。

レディー・ノックス・ガイザー(間欠泉)動画

動画:島野 佳幸

地図を見る

10時15分になると「レディ ・ ノックス ・ ガイザー」の横で、ガイドによる説明(英語です)が始まり、間欠泉の仕組み、歴史を学ぶことができます。説明が終わると、間欠泉の穴の中に手に持った石鹸を入れます。すると徐々に噴煙が上がり始め、見る見る間に高さ20メートルまで噴火する迫力満点の間欠泉を見ることができます。

ニュージーランド北島随一の観光エリア

ワイオタプ・サーマル・ワンダーランドは、ロトルアと、タウポにもほど近い場所で、トンガリロ国立公園にも車で楽に行ける場所にあります。

(1)「ニュージーランドで最も美しい街」に何回も選ばれ タウポ湖に次ぐ大きさを持つ、一周約40Kmのロトルア湖を持つ街「ロトルア」は約20分ほどです。
(2)毎秒20万リットルとも言われる川の水が大量に流れる豪快な滝「フカ滝」が約20分ほどのところにあります。
(3)南半球最大のタウポ湖が約40分ほどのところにあり、クルーズ、シーニックフライトなどが楽しめます。
(4)ニュージーランドで最も古い国立公園、世界遺産トンガリロ国立公園へも約2時間ほどで行くことができます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -