息を飲む美しさ!焼津グランドホテルのオーシャンビュー

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

息を飲む美しさ!焼津グランドホテルのオーシャンビュー

息を飲む美しさ!焼津グランドホテルのオーシャンビュー

更新日:2016/06/05 14:24

一息つきたくなったら、忙しい毎日に疲れたら、こんな絶景はいかがでしょうか?!富士山・駿河湾・伊豆半島を一望する静岡県の焼津グランドホテルは車なら焼津ICから10分、電車ならJR焼津駅からタクシーかホテルの無料送迎バスで5分。東京から2時間ほどの距離なのに、時を忘れるほどの絶景に出会えますよ!早速ご紹介します。

駿河湾から上る朝日で、一日を迎えてみませんか?

駿河湾から上る朝日で、一日を迎えてみませんか?
地図を見る

朝日で目が覚めて、窓を開けるとこんな絶景があなたを新しい一日に誘ってくれる・・・。素敵な一日の始まりだと思いませんか?!真っ青な美しい海を独り占めできるのが焼津グランドホテルの一番のおすすめポイント。

年間平均気温16.5度、冬季の降雪もまれな温暖な気候で、北に遠く富士山を臨み、東に駿河湾を臨む「焼津」。近くには御殿場プレミアムアウトレットや富士サファリパーク、富士花鳥園などもあり、静岡県の様々なスポットにアクセス可能です。

客室に朝日だけじゃなく、月の光までまっすぐに入ってくる!

客室に朝日だけじゃなく、月の光までまっすぐに入ってくる!
地図を見る

写真は「オーシャンビュー洋室」。「オーシャンビュー」や「ベイビュー」となっているお部屋からは美しい海を見ることができます。海から客室まで遮るものが何もないため、静かな海に浮かぶ月の光までまっすぐにお部屋に届きます。

お部屋のタイプはワンランク上のクラブフロアの他に、洋室、和室、和洋室があります。「富士ビュー」となっているお部屋からは、駿河湾だけでなく富士山を間近に望むことができます。

広さも部屋タイプも様々な用意があるので、ご家族で、ビジネスで、女子旅で、旅の目的にあったプランを選べますよ。

朝食ブッフェは海を見ながらテラスでいかが?!

朝食ブッフェは海を見ながらテラスでいかが?!
地図を見る

お食事は、夜は日本料理を選べるプランもありますが「焼津リゾートブッフェ」がなんといってもおススメです!お寿司やお造り、揚げたての天ぷら、ステーキなど料理人が目の前で調理する実演コーナーが豊富で、広々としたレストランでお好きなものを好きなだけどうぞ!

レストラン内にある石窯には、なんと富士山の溶岩石を使い、遠赤外線で旬の素材の美味しさを存分に引き出しています!お腹を減らして期待しておいてくださいね。

また、朝食は是非テラスに出て、海を目の前にしながらリゾート気分を満喫しましょう!おすすめは目の前で作るオムレツと好きな具で握ってくれる出来立ておにぎり!フレンチトーストや静岡ならではの黒はんぺん、しらすなど、海の幸も豊富です。

まるで海と一体になったかのような露天風呂!

まるで海と一体になったかのような露天風呂!

忘れて欲しくないのが、焼津グランドホテルには海のお風呂と森のお風呂の2種類の温泉があること!「焼津黒潮温泉」は、地下1,500mから湧出した51℃もの高温で良質な温泉。海水の約半分の濃度の塩分を含む塩化物泉で、弱アルカリ性。筋肉痛、神経痛、関節痛、五十肩、打ち身、くじき、慢性消化器病、冷え性、虚弱体質、万背に皮膚病、慢性婦人病、病後回復、健康増進などに効果があります。

海のお風呂は、写真のようなまるで海と一体になったかのような絶景を眺めながらリゆっくりと寛げます。夜には、世界に満点の星空と自分だけになったかのような気持ちにさせてくれる、暗闇に浮かぶお風呂に。

森のお風呂は緑に囲まれた森の露天風呂。夜になるとライトアップされた森が幻想的な印象に変わります。アロマのサウナ“テルマーレ”やシルク風呂で心も体もリラックス。

またリピートしたくなる!忘れられない思い出に

高級リゾートホテルとはまた少し違いますが、夕食や朝食ブッフェの豊富な品数や新鮮な魚介類に、料理の質、海に入っているかのような温泉に客室からの眺めなど、どれをとっても忘れられない旅の思い出になること、間違いなしです。

きっとまた「焼津グランドホテルに泊まりたい」と思わせてくれる、質の高い満足な旅を約束してくれます。是非、この絶景を満喫しに、お越しになってはいかがですか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/13−2015/09/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -