絶景&県産果実の極旨パフェを堪能!西伊豆・戸田「フルーツランドギャラリー」

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景&県産果実の極旨パフェを堪能!西伊豆・戸田「フルーツランドギャラリー」

絶景&県産果実の極旨パフェを堪能!西伊豆・戸田「フルーツランドギャラリー」

更新日:2016/06/27 09:56

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

西伊豆・戸田にある「フルーツランドギャラリー」は、町から離れた森の中にある一軒家。露天風呂を楽しめる宿泊施設ですが、カフェをやっていて、店内から海や富士山が見渡せる申し分ない景観が楽しめます。また、カフェ一押しのメニューとして、静岡県産のフルーツを使ったパフェが評判を呼んでいます。日本ではないような絶景と、ジューシーなスイーツパフェを、「フルーツランドギャラリー」で堪能してみませんか?

森の中にあるお洒落なカフェ

森の中にあるお洒落なカフェ

写真:sachie

地図を見る

沼津市戸田にある「フルーツランドギャラリー」。戸田と言えば、深海魚や高足ガ二が有名で、船が碇泊する小さな港町ですが、ご紹介するお店は、そんなイメージとかけ離れた森林に囲まれた森の中にあります。

町の中心を通る県道18号線を、戸田港から土肥方面へ車を7、8分程走らせると、突如森の中に現れます。周囲には民家などの建物はなく、見渡す限り森林が広がり、空気がすがすがしく爽やかな環境。そんな場所にお店があり、絶景が見られるように高台に建てられています。

心を晴れ晴れとさせてくれるような大パノラマが待っている!

心を晴れ晴れとさせてくれるような大パノラマが待っている!

写真:sachie

地図を見る

こちらが店内からの景色。店内の窓は大きく設けられていて、ご覧のような眺望が楽しめます。どこまでも広がる真っ青な海。駿河湾が一望でき、気分をスカッとさせてくれるような素晴らしい眺めです。絶景と言うに相応しく、見た人すべてを虜にしてしまうような絶景です。

お気付きになられた方もいらっしゃるでしょうが、右側には、ぽっかりと浮かぶようにそびえる富士山の姿も見られます。富士山が加わった日本一の眺めで、これだけの海を眺めると「地球は水の惑星なんだな〜」なんて、宇宙規模で考えてしまうほど。存分にこの絶景を堪能しましょう。

みずみすしいフルーツを使ったこだわりのパフェ

みずみすしいフルーツを使ったこだわりのパフェ

写真:sachie

地図を見る

こちらがカフェ一押しのメニュー、静岡県産のメロンをふんだんに使った贅沢なパフェです。静岡県内では、メロンの生産が大正時代から行われるようになり、長い年月をかけた研究の末、県内産のメロンは、高い評価を得ています。平成26年の静岡のメロンの生産量・出荷量は、共に全国で40%を占めている、という、意外と知られていないメロン王国なのです! 食べてみると、口いっぱいに広がる甘い果汁。風味豊かなメロンの香りと、濃厚な生クリーム。とろける口溶けがたまらないバニラアイスとの絶妙なハーモニー!

絶景を見ながら食べると、一段と美味しく感じられ、何とも言えない至福の時間を味わえますよ。メニューは、パフェの他に、カレーやスパゲティーなどの食事、コーヒーもあるので、一息付いてみては如何でしょうか?

因みに、メロンパフェは、5月から12月までの提供。12月から翌年5月にかけては、イチゴパフェになります。お店で扱うパフェは、この2種類のみで、こだわりようが感じられます。静岡県は、全国シェア5位を誇る「紅ほっぺ」と「章姫」など、甘くで美味しいイチゴの生産地になっています。

おわりに

店内では、アメリカ合衆国の画家「ジェニファー・マークス」の色彩豊かな原画が飾ってあり、こちらも忘れずに見ておきたいところ。「フルーツランドギャラリー」は、宿泊も行っていて全室オーシャンビューで景色は抜群に良いですが、町から遠い森の中にあるので、車だと便利ですね。

カフェは、客室より上の階にあるので、カフェからの景色だけでも充分に楽しめます。お店は不定休なので、確実に行きたい方はお店に直接問い合わせた方が無難です。「フルーツランドギャラリー」は、晴れの日に訪れるのが一番! 思い出に残るような最高の絶景に囲まれながら食べるパフェは、きっと格別に感じることでしょう。フルーツランドギャラリーに宿泊して、ゆっくりとこの絶景とパフェを楽しむもよし、西伊豆の旅の途中に立ち寄るもよしです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ