見ろ!琵琶湖が海のようだ!「国道161号線バイパス」は絶景ドライブルート

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

見ろ!琵琶湖が海のようだ!「国道161号線バイパス」は絶景ドライブルート

見ろ!琵琶湖が海のようだ!「国道161号線バイパス」は絶景ドライブルート

更新日:2016/06/11 17:50

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

滋賀県のシンボル、琵琶湖の絶景を眺めながら走れるドライブルートとしておすすめしたいのが国道161号線バイパスです。有料道路だった「湖西道路」が無料になったこともあり、一気にお手軽・快適なドライブルートとなった国道161号線バイパスは、琵琶湖がまるで海のように見える絶景ドライブルートなのです!

琵琶湖の西側を走るバイパス

琵琶湖の西側を走るバイパス

写真:bow

地図を見る

滋賀県といえば、やはり琵琶湖の存在を抜きには語れません。その面積は滋賀県の6分の1も占めてしまうほど!ご紹介するドライブルートはそんな琵琶湖の西側を走る国道161号線。その起点は名神高速道路の京都東ICの出口付近にあたる京都・滋賀県境。そこから北へと向かい、福井県敦賀市へと至る国道です。

その国道161号線のバイパスが琵琶湖を眺めながら走れる絶景ドライブルートなのです。比叡山から伸びる比良山系に沿ってバイパスは北へ北へと伸びて行きます。

琵琶湖大橋以北は絶景が続くドライブルート

琵琶湖大橋以北は絶景が続くドライブルート

写真:bow

かつて琵琶湖の西側を走る「湖西道路」という有料道路が存在していましたが、今は無料開放されて国道161号線のバイパスの一区間にその名が残っています。その「湖西道路」を含むバイパスが絶景を楽しみながら走れる快適なドライブルート!

起点からしばらくは「西大津バイパス」と呼ばれる区間で、トンネルが続いたりと眺望が部分的にしか見られませんが、「湖西道路」に入ったあたりから急に景色も良くなってきます。真野ランプを超えたあたりからは雄大な琵琶湖の景色が走りながらでも視界に入ってきます。

比良ランプ付近は雄大な景色が広がる

比良ランプ付近は雄大な景色が広がる

写真:bow

地図を見る

比良山系最高峰の武奈ヶ岳の直下にある「比良ランプ」付近は登山口も近く、かなり標高のある部分を走っています。それゆえにこの辺りからの景色は格別!余裕があるなら比良ランプで途中下車で寄り道することもおすすめ。

比良ランプから琵琶湖に向かって直滑降で下っていく道路は思わず声が出る程の解放感ある絶景が広がりますよ!また、坂を下りた先には日帰り温泉施設の「比良とぴあ」もあります。ここは温泉施設だけでなく、マレットゴルフ場なども併設されており、一息入れるにはもってこいです。

まるでシーサイドドライブ!

まるでシーサイドドライブ!

写真:bow

地図を見る

比良ランプ以北、「湖西道路」区間を終え「志賀バイパス」区間は更に景色が良くなってきます。さながら稜線を縦走しているかのように、素晴らしい眺望の連続!まるで海のように見える琵琶湖は、瀬戸内海にでもいるのかのような錯覚を覚えます。

最高の眺望が続く国道161号線バイパスも北小松ランプにて本線と合流。以北は琵琶湖岸の水辺に沿って走っていきます。その先には湖上にある鳥居が絶景のパワースポットとしても名高い「白髭神社」や、絶景メタセコイア並木道があるマキノ高原へと道は続いて行きます。

待望の「道の駅 妹子の郷」がオープン!

待望の「道の駅 妹子の郷」がオープン!

写真:bow

地図を見る

長いドライブコースであるにもかかわらず、休憩所がなかった国道161号線バイパスに、平成27年8月「道の駅 妹子の郷(いもこのさと)」がオープンしました。この地域が遣隋使で有名な小野妹子の出身地であることから命名された道の駅は、湖西道路では唯一の休憩施設。

地元産の農産物直売所や、近江牛一頭買いのレストランなどが併設。また観光コンシェルジュが常駐している点が特徴的な道の駅です。ぜひ、利用してみましょう。

湖西を貫く国道161号線を絶景快適ドライブ!

琵琶湖の広さを実感できる眺望が得られる国道161号線バイパス。ここを走れば、地元人が琵琶湖のことを「うみ」と呼ぶのがきっと理解できるのではないでしょうか?ぜひ、日本一の湖をご体感ください!

ちなみに国道161号線バイパスのうち、湖西道路区間と志賀バイパス区間は125CC以下のバイクが通行できません。道路は非常に快適なのですが、高速道路ではありませんのでスピードの出し過ぎにはご注意を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -