感動必至の無料展望台、ロンドン「スカイ・ガーデン」攻略法!

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

感動必至の無料展望台、ロンドン「スカイ・ガーデン」攻略法!

感動必至の無料展望台、ロンドン「スカイ・ガーデン」攻略法!

更新日:2016/06/28 16:17

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

「ロンドンの高層ビルから、テムズの流れを見てみたい!・・しかも無料で。」こんな思いを、ロンドンを訪れる観光客なら一度はしたことがあるはず。しかし、特大観覧車「ロンドン・アイ」も、イギリス一の高層ビル「ザ・シャード」も、入場料は観光客泣かせ。

今回は、ホームページでは紹介されていない最新入場方法を含め、ロンドンで一番の高層無料展望台「スカイ・ガーデン」で、絶景を確実に楽しむ方法をご紹介します!

金融街「シティー」のど真ん中で楽しめるイングリッシュ・ガーデン

金融街「シティー」のど真ん中で楽しめるイングリッシュ・ガーデン

写真:藤谷 愛

地図を見る

その外観から「ウォーキー・トーキー(トランシーバー)」と愛称で呼ばれている総合ビルの35階に、スカイ・ガーデンは2015年にオープンしました。カフェ、バー、レストランなどがあり、それを囲むのは美しい英国庭園の植栽です。全面ガラス張りの為、明るさ、眺望は文句なし!ゆったりとした雰囲気で、広いフロアの階段を上ったり下りたりしながら、360度ロンドンの絶景を楽しめる、お勧めのビュースポットです.

確実に絶景を観る方法その(1)「ウォークイン・アワーズ」

確実に絶景を観る方法その(1)「ウォークイン・アワーズ」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ロンドン中心地の高層ビルから、無料で景色を観ることができるとあって、世界中から観光客が押し寄せるスカイ・ガーデン。2016年5月から予約システムが大きく変わり、現在、毎週月曜日に3週間先の1週間分のチケットがリリースされますが、リリース時間は定時ではなく不明。時差のある日本からは、人気のある曜日や時間帯はとりずらいのが現状です。

しかし、ここで裏技を紹介します!スカイ・ガーデンのホームページでは紹介されていませんが、「ウォークイン・アワーズ」と呼ばれる時間帯があり、この時間帯は、予約なしでそのまま現地に行けば入れるのです。特に身分証も必要なく、名前と電話番号を申請すれば入場可能で、旅行者には嬉しいシステム。もちろん無料です。その日の天候と相談しながら予定を立ててみてはいかがでしょうか?

*「ウォークイン・アワーズ」の詳細は記事の最後にご紹介しています

確実に絶景を観る方法その(2)「朝ヨガに参加する」

確実に絶景を観る方法その(2)「朝ヨガに参加する」

写真:藤谷 愛

地図を見る

スカイ・ガーデンでは、定期的に朝ヨガを実施しています。2016年6月現在、10ポンドで参加が可能。予約はホームページから英語で行います。

写真のように、シティーに並ぶ高層ビルを眺めながら行う朝ヨガは爽快そのもの。ヨガを趣味にしている方なら、ぜひ参加していただきたいイベントです。

確実に絶景を観る方法その(3)「レストランやカフェに予約を入れる」

確実に絶景を観る方法その(3)「レストランやカフェに予約を入れる」

写真:藤谷 愛

地図を見る

スカイ・ガーデンでは、朝食からディナーまで、カフェやレストランが食事を提供しています。これらの店舗に予約を入れれば、待ち時間もなく入場が可能です。

バーでの朝食は大体10ポンド〜、ディナーは一人50ポンドほどの予算を見ておいたほうがよいでしょう。ロンドンの絶景と、美しい英国式の庭に囲まれての食事は、スカイ・ガーデンならでは、ですよ。

絶妙な高さから観光名所を一望

絶妙な高さから観光名所を一望

写真:藤谷 愛

地図を見る

スカイ・ガーデンのもう一つの魅力は、その高さ。「低すぎず、高すぎず」の絶妙加減で、テムズ川沿いの観光名所をベストな角度で一望できます。

東側を眺めれば、ロンドン塔やタワー・ブリッジ、西を眺めればロンドン・アイやビック・ベン、テート・モダンなどが並び、その光景は圧巻です。訪問の際は、観光地図を忘れずに!

希少な青空を逃さないように!

天気が不順なイギリスのビュースポットでは、青空の日はとても重要。むしろ予約を入れずに、前述した「ウォークイン・アワーズ」の利用がお勧めです。しかも日曜日の朝9時は、行列もほとんどありません!

新旧の建物が共存するロンドンの絶景を、ぜひ堪能してくださいね。

【ウォークイン・アワーズ】(1グループ最大10名まで)
月曜日〜金曜日(バンクホリデーを除く)
7:00〜10:00、18:00

土曜日
8:00〜11:00、21:00

日曜日とバンクホリデー
9:00〜11:00、21:00

*夜の回は全て「スマート/カジュアル」のドレスコード、19歳以上限定となります

なお、2016年6月17日にオープンした、スカイ・ガーデンに次ぐ無料展望台「テート・モダン/スイッチハウス」の情報も、本記事下MEMOに記載しています。参考にどうぞ。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -