日本一の温泉泉質と風情!北海道「銀婚湯」は宿泊者専用の貸切露天風呂が凄い

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本一の温泉泉質と風情!北海道「銀婚湯」は宿泊者専用の貸切露天風呂が凄い

日本一の温泉泉質と風情!北海道「銀婚湯」は宿泊者専用の貸切露天風呂が凄い

更新日:2016/09/08 17:03

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

上の湯温泉の温泉旅館「銀婚湯」(北海道八雲町)は、北海道南部(道南)にある一軒宿。自然環境が魅力の秘湯ですが、料理の良さでも知られる上品な宿です。

最大の魅力は、緑豊かで広大な敷地に点在する貸切露天風呂。日帰り入浴可能な大浴場とは源泉も風情も異なりますが、宿泊者専用なので知名度が低く、勿体無い限り。温泉泉質と風情の猛烈な素晴らしさは、日本一と断言出来る程です。銀婚湯の貸切露天風呂を紹介します!

軽井沢を思わせる上品な風情!上の湯温泉「銀婚湯」

軽井沢を思わせる上品な風情!上の湯温泉「銀婚湯」

写真:藤田 聡

地図を見る

上の湯温泉「銀婚湯」は、「日本秘湯を守る会」の宿。八雲市郊外の山間部にあり、秘湯らしい自然環境が魅力です。広大な敷地は緑豊かで、宿の玄関は軽井沢の老舗ホテルを連想させる上品な佇まいです。

大正天皇の銀婚式の日に温泉が湧いた事が宿名の由来で、実際に銀婚式に泊まる人も多い、記念日に泊まりたい宿。近年は秘湯でも美しい宿が増えましたが、その先駆けと言えます。

露天風呂付き大浴場は日帰り入浴可能!

露天風呂付き大浴場は日帰り入浴可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

銀婚湯は、月曜日以外は日帰り入浴も可能。露天風呂付き大浴場は源泉かけ流しで、独特な温泉臭が香る上質な湯を楽しめます。緑豊かな露天風呂の風情も素晴らしく、館内も美しく整っており、次回は宿泊したいと思うに違いありません!

周辺まで完璧な風情!混浴が楽しめる貸切露天風呂

周辺まで完璧な風情!混浴が楽しめる貸切露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

銀婚湯の温泉泉質と風情の素晴らしさは、大浴場でもある程度分かります。しかし、宿泊者専用の貸切露天風呂の方が何倍も素晴らしいので、本当の素晴らしさは宿泊しないと分かりません。

広大で緑豊かな敷地に散策路が整備され、途中に貸切露天風呂が点在。一番近い「かつらの湯」でも、宿から徒歩数分かかります。名前通り「かつら林」の中に佇んでおり、高台にありツリーハウスのよう。露天風呂内部だけでなく、外観や周囲に至るまで完璧に整えられており、入浴前から大感激出来ます!

貸切露天風呂は温泉泉質も一層良好!

貸切露天風呂は温泉泉質も一層良好!

写真:藤田 聡

地図を見る

銀婚湯の貸切露天風呂は、大浴場とは源泉も異なります。大浴場は4源泉の混合泉ですが、貸切露天風呂は2源泉混合。大浴場でも銀婚湯独自の温泉臭を感じますが、貸切露天風呂では一層強く感じ、一層良質である事を確認出来ます!

「かつらの湯」の奥にも、貸切露天風呂「杉の湯」、「どんぐりの湯」、「もみじの湯」、「トチニの湯」があります。いずれも露天風呂周囲の植物から命名されており、トチニとはアイヌ語で「栃の木」の意味。「杉の湯」と「もみじの湯」は、温かい時期だけ開設される季節限定浴場です。

一番奥にある「トチニの湯」には入口に門まであり、徹底的に整備された様子に驚かされます!

銀婚湯の魅力が凝縮!日本一の貸切露天風呂「トチニの湯」

銀婚湯の魅力が凝縮!日本一の貸切露天風呂「トチニの湯」

写真:藤田 聡

地図を見る

「トチニの湯」は最も古い貸切露天風呂で、好評なので露天風呂が次第に増えて、今では5つになりました。豊かな緑に囲まれた「トチニの湯」は風情が最高で、銀婚湯の魅力が凝縮されていると感じ、温泉に入る前から大感激出来ます!

温泉も独自の源泉が使用され、他の浴場では浸かる事が出来ない、鉄分の多い濁り湯を楽しめます。写真の丸太の湯船の他に、川沿いに四角い湯船「奥の湯」もあり、極上の温泉を存分に満喫出来ます!

「トチニの湯」で銀婚湯の泉質と風情の猛烈な素晴らしさを知れば、日本一の貸切露天風呂を持つ宿だと確信するに違いありません!

銀婚湯の貸切露天風呂は、早い者勝ち・頑張った者勝ち!

銀婚湯は13時チェックイン、11時チェックアウトの22時間滞在が可能な宿なので、13時には到着して貸切露天風呂に入りましょう。フロントで入浴札を入手するシステムなので、早い者勝ちです。入浴札を入浴の都度フロントに戻す必要があるので、片っ端から入る事も出来ません。複数入るには露天風呂とフロントを何往復もする必要があり、頑張った者勝ちです!

銀婚湯のホームページには、貸切露天風呂に「必ず入れる保証はありません」と明記されています。相当離れた場所へ徒歩で行くので悪天候だと入れませんし、照明も無いので夜間も入れません。日中の限られた時間しか入れませんが、温泉好きなら全力で頑張りましょう!

なお今回は宿泊者専用露天風呂を中心に紹介しましたが、銀婚湯館内の魅力については別記事で紹介しましたので、是非ご覧ください。(記事の最後にリンクあり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/16−2016/08/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -