驚愕サイズ!老舗「フィグルミュラー」でウィーン風カツレツを食べよう

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

驚愕サイズ!老舗「フィグルミュラー」でウィーン風カツレツを食べよう

驚愕サイズ!老舗「フィグルミュラー」でウィーン風カツレツを食べよう

更新日:2016/06/12 13:37

ネプフリン 由香のプロフィール写真 ネプフリン 由香 旅行ライター

ウィーンの名物料理の一つにヴィーナー・シュニッツェル(Wiener Schnitzel)があります。仔牛肉を薄く叩き伸ばし、パン粉を衣をつけてフライパンで揚げ焼きにしたウィーン風のカツレツです。今日はお皿からはみ出るほど巨大なヴィーナー・シュニッツェルが名物の創立1905年の老舗『フィグルミュラー(Figlmueller)』を紹介したいと思います。予想以上に大きいのでびっくりですよ!

ミラノ風カツレツとウィーン風カツレツの違いは?

ミラノ風カツレツとウィーン風カツレツの違いは?

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ヨーロッパには他にもミラノ風カツレツも有名です。ご存じの方も少なくはないのではないでしょうか。ミラノ風もウィーン風もどちらも基本のレシピでは仔牛肉を薄く叩き伸ばして細かいパン粉をつけて揚げ焼きし、レモンを絞って食べます。

では一体この二つの違いは何なのか? 作り方も食べ方も同じです。・・・・それもそのはず、19世紀、ミラノに行っていたとある将校がカツレツをミラノよりウィーンに持ち帰ったからです。そのままレシピに変化がもたらされることなく、ウィーンの名物料理として堂々と君臨しています。

創立1905年のウィーン風カツレツの老舗『フィグルミュラー』

創立1905年のウィーン風カツレツの老舗『フィグルミュラー』

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

このウィーン風カツレツをウィーンで食するならば、旧市街地のど真ん中になるウィーンのランドマーク「ステファン大聖堂」にほど近い老舗がおすすめ。シュニッツェル専門レストラン『フィグルミュラー』で是非食べてみてください!

出てきてびっくり、ここの名物は、人の顔よりも大きなお皿からはみ出すカツレツです。(ハーフサイズもあるのでご安心を!)グリーンサラダについてくるポテトサラダも日本のものとは全く異なりとても美味。

2店舗あるけれどお勧めはオリジナル店

2店舗あるけれどお勧めはオリジナル店

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

フィグルミュラーは店舗は二つありますが、創業以来のヴォルツァイレ店(Wollzeile)がお勧めです!店内は狭いですが当時のままの雰囲気があります。タキシードを身に纏ったプロのウェイターさんが、フレンドリーに手慣れた手つきで対応してくれます。

余談ですが、ウェイターさんに鍵を借りていかなければならない離れにあるお手洗いも当時のままでとても可愛らしく、お手洗いにもかかわらず珍しいので思わず写真撮影をしたくなリます。

ウィーンの思い出に作りに是非フィグルミュラーへ

この老舗のフィグルミュラーのカツレツは、美味しくておなかも満足以上に満足、そして帰国した後にも話のネタになり皆を楽しませることができるでしょう。こんなに大きなカツレツを食べるのは後にも先にもきっとこのウィーンでの経験だけになるでしょうから。

人気店なので、二人以上の場合は予約していくことをお勧めします。オンライン予約ができるのでとても便利ですよ!下記のフグルミュラーの予約サイトを訪問してください。*ランチなら予約なしでも問題なく座れることも多く、14時以降に行くと比較的空いています。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/17−2016/04/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ