「いかぐるぐる」がぐるぐる!佐賀の台所・呼子朝市がイカしてる!

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「いかぐるぐる」がぐるぐる!佐賀の台所・呼子朝市がイカしてる!

「いかぐるぐる」がぐるぐる!佐賀の台所・呼子朝市がイカしてる!

更新日:2016/06/17 09:35

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

玄界灘の海の幸が豊富な北部九州にあって、イカの名産地として名高いのが、「呼子(よぶこ)」。水の光るような美しい海に抱かれる漁港の情景は、いつしか「水光(すいこう)呼子」と讃えられるようになりました。呼子の漁港では今日もイカがぐるぐるまわり、朝市の活気ある歓声が響いています。
今回は、日本三大朝市の一つに数えられる、「呼子朝市」のイカした魅力をお届けします!

毎日開催がイカしてる!海の幸を並べ、今日も元気に開催!

毎日開催がイカしてる!海の幸を並べ、今日も元気に開催!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

一年間、元旦以外の364日(閏年は365日)、7:30〜12:00頃まで、よほどの荒天(台風など)以外は欠かすことなく開催される、呼子の朝市。全長約200mの朝市通りが歩行者天国になり、およそ60の露店が色とりどりのパラソルを広げて軒を連ねます。活気のあるおばちゃん達にいざなわれ、新鮮な魚、アワビ、サザエ、地産の野菜、そして呼子の名物である、イカが並びます。
獲れたて剥きたての生うにをその場で食べたり、甘〜いデコポンのジュース片手に、ご当地グルメの「いかしゅうまい」を食べ歩きするのも楽しいですよ。イカが美味しい呼子なだけあり、町中いたるところで天日干しされているイカと呼子漁港の風景は旅情に溢れています。

駐車場は、朝市通り駐車場(無料)・マリンパル呼子の臨港駐車場(有料)と完備ですが、休日特に大型連休中は混雑するので、早い時間帯がおすすめです。
逆に平日は早く来すぎると、まだ開いていないお店が多いので、9:00くらいまでに来れば、魚も新鮮なうちに手に入れることができますよ!

ぐるぐるまわる、ハイテク機械「いかぐるぐる」の正体とは!?

ぐるぐるまわる、ハイテク機械「いかぐるぐる」の正体とは!?

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

そんな呼子で、ひときわ異彩を放つ光景があります。パッと見た目では、いったい何が起こっているのかよくわかりません。何かがまわっているような、でも残像でよくわからないような、嗚呼目がまわる・・・という感じです。

そうです。イカがぐるぐるまわっているのです。その名もそのまんま、「いかぐるぐる」。円筒の機械に下げられて、ひたすらぐるぐるまわっています。凄いスピードでシュールに回り続け、遠心力でビヨーンと伸びているイカは、なぜか見ていて飽きません。
ぐるぐるまわるイカ達は、玄界灘の太陽に照らされ、天日干しプラス、いかぐるぐるの高速回転による乾燥(回転乾燥)によって、美味しい一夜干しが出来上がるのです。

「いかぐるぐる」で作り上げたイカの一夜干しを買おう!

「いかぐるぐる」で作り上げたイカの一夜干しを買おう!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

いかぐるぐる。安直なネーミングとなめてはいけません。こうして一夜干しとなった呼子のイカは、日本で獲れるイカの中でもトップクラスの名物中の名物!玄海の海の豊富な栄養で育ったイカを、人間の技術の粋を集めたハイテク回転乾燥器・いかぐるぐるで干し、その味に磨きをかけているのです。
そんな予備知識を持って朝市に並ぶイカたちを見れば、感慨もひとしおの筈。いかぐるぐるは、朝市周辺の漁港側で数ヶ所、ひっきりなしにぐるぐる回っています。

ちなみに、呼子は元々は鯨漁で名を馳せた漁港で、朝市通りを少し歩けば、「鯨組主中尾家住宅」という、鯨漁で巨万の富を得た中尾家の住宅(佐賀県重要文化財)が残っています。朝市散策と合わせて、呼子の町並みにも注目してみてはいかがでしょうか。

日曜限定!隠れご当地バーガー「いかバーガー」を食そう

日曜限定!隠れご当地バーガー「いかバーガー」を食そう

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

呼子のグルメなら、まず「イカの活き造り」で決まりでしょう。朝市の周辺には、イカの活き造りを食べられるお店は沢山あります。ですが、もっとお手軽に食べられる、B級グルメは無いのかなぁ、と思う人もいるはず。そんな人に朗報です!日曜限定の出店ですが、マリンパル呼子からの朝市入口、「いこいの広場」の車の移動店舗で売り出されています。

いかバーガーのバンズには、佐賀県産の小麦粉を使用した、イカまんじゅうの生地が使われていて、モッチリとしています。パティは、「呼子のお刺身にできるイカ」である、やりイカ、水イカの新鮮なすり身と、国内産丸大豆を混ぜ、「内緒の」調味料で味付けをし、美味しく、優しく仕上がっています。

いかいでか(いかずにいられない)!呼子朝市

世界で水揚げされるイカは、年間330万トンと言われています。日本は、その約30%である、100万トンものイカが消費される、イカ消費量世界一のイカ大国だったのです。
呼子のイカの漁獲量は、青森の八戸や北海道の函館には及びません。ですが、いかぐるぐるや、いかバーガーのように、イカを活かしたイカす工夫が随所にみられ、なかなかい「イカ」んじ!な呼子です。
では皆さん、がばい(とっても)イカした佐賀の旅へ、いかいでか!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -