あっと驚くアートに出会う上海〜新旧が交じり合うハイカラな街〜

| 中国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

あっと驚くアートに出会う上海〜新旧が交じり合うハイカラな街〜

あっと驚くアートに出会う上海〜新旧が交じり合うハイカラな街〜

更新日:2016/06/14 11:12

MISAKI IIDAのプロフィール写真 MISAKI IIDA 学芸員資格

日本から直行便で約3時間、中国経済を支える都市、上海。
高層ビルやハイカラな建物が建ち並び、一歩路地裏を覗くと生活の様子が窺える。急速に現代化していく街の中で、以前の様子を残しつつ、新たに生まれ変わった2つのアートスポットをご紹介いたします。街の歴史・文化とアートが融合した空間はここでしか見ることが出来ません。活気溢れる上海の街のように、ダイナミックなアート作品をぜひお楽しみ下さい。

紅坊国際文化芸術区

紅坊国際文化芸術区

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

地下鉄・虹橋路駅から徒歩10分ほどのところに位置する『紅坊国際文化芸術区』(通称:レッドタウン)は、1950年代に造られた製鉄工場の跡地を利用した、アートスポットです。国内外の芸術家が集まる場所として、現代美術を楽しむことが出来ます。

虹橋路駅からレッドタウンまでは、案内板などが出ていない為、地図を見ながら来られた方が安心です。

現代美術作品がお出迎え

現代美術作品がお出迎え

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

紅坊国際文化芸術区の入り口を抜けると、中心の緑地を取り囲むように、2つの美術館、画廊、オープンカフェ、雑貨屋などが軒を連ねています。旧工場を思わせる古びた赤レンガの建物と、色鮮やかな現代美術が創り出す、アート空間が広がっています。

中でもひと際目を引くのは、緑地中央にある足のオブジェ。各国の国旗をイメージしたデザインになっており、遠くからのインパクトだけではなく、近くでじっくりみてもおもしろい作品です。

お気に入りの作品を探そう

お気に入りの作品を探そう

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

広い敷地内は都心の雑踏からは離れ、静かで穏やかな雰囲気が漂っています。ゆっくりと歩いていると、あっ!!!と驚くオブジェが。高さ3階建て程の大きなエンピツのオブジェが建物に沿ってひっそりと置かれています。芸術区内にはたくさんのオブジェが点在していますので、散歩をしながらお気に入りの作品を探してみましょう。

またこちらのレッドタウンは入場無料で、写真撮影も可能ですので、思わずくすっと笑ってしまうようなオブジェとユニークな写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

ワクワクの路地裏散策 田子坊

ワクワクの路地裏散策 田子坊

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

次にご紹介するのは、地下鉄・打浦橋駅より徒歩10分ほどのところに位置する『田子坊』です。田子坊は、昔ながらの住宅地にアーティストのアトリエやデザイン会社が入り始めたことから、2006年頃より今注目の観光スポットとなりました。

田子坊は「芸術の倉庫」とも呼ばれています。細い路地裏を進むと画廊やカフェなどがあり、また路地を進むと今度は行き止まり。そんな路地路散策をしながら、オシャレでユニークなデザインの上海土産を見つけられるかもしれません。

田子坊は1時間程度で探索出来る広さですが、人気の観光スポット「新天地」や「思南公館」が徒歩圏内にあることもおすすめポイントです。

おわりに

以前の街を残しつつ、新たな魅力を発信するアートスポットをご紹介いたしました。上海市内は観光に便利な地下鉄も通っており、都心は勢いと活気があふれた大変魅力的な街です。
経済発展と共に次々と姿を変えていく上海は、これからも観光客を飽きさせることなく魅了し続けることでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/03/01−2012/03/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ