乙女心くすぐる!ハノイ旧市街の「おもちゃ&アオザイ通り」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

乙女心くすぐる!ハノイ旧市街の「おもちゃ&アオザイ通り」

乙女心くすぐる!ハノイ旧市街の「おもちゃ&アオザイ通り」

更新日:2016/06/17 17:12

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

小さな女の子が喜びそうな可愛いおもちゃの数々。おもちゃ屋だと思っていたら、なぜかベトナム民族衣装のアオザイも売られている不思議な通り。ハノイの旧市街にある「おもちゃ&アオザイ通り」は、女子に人気の可愛くて美しい品がいっぱい!ハノイへ観光旅行に行かれたなら、乙女心をくすぐる人気の観光ストリートへ旅してみませんか?

歩道を独占するおもちゃの数々…

歩道を独占するおもちゃの数々…

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

世界遺産のタンロン遺跡(旧ハノイ城の跡地)があるハノイ。この街で最も楽しいエリアが、ベトナム独自の古い町並みが見られる旧市街です。小さな通りや路地が無数に入り組み、巨大迷路のような街並みは、東南アジア特有のカオスが感じらる世界。

旧市街は、通りごとに同じ種類の店が集まっているところが非常におもしろい。そのうちの一つが「おもちゃ&アオザイ通り」。ご覧のように店の軒先を越えて、路上にまで山積みにされたおもちゃの数々。歩道なのに歩くことができません。

素朴なおもちゃ!そして素朴な子どもの目の輝き!

素朴なおもちゃ!そして素朴な子どもの目の輝き!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイ旧市街で、たくさんのおもちゃ屋が並んでいる通りが「ルオンヴァンカン通り」。小さな女の子が喜びそうなお人形や、ぬいぐるみ、さらにはプラスチックのロボ系や乗り物など、日本人にはどこか懐かしいノスタルジックなおもちゃが多く、見て歩くだけでも楽しむことができます。

素朴なおもちゃの向こうに見えるのは、生活感漂うベトナム人の暮らし。特に子どもたちの目は澄み切ってキラキラ!ベトナムの子どもたちはとても人懐っこいので、すぐに仲良くなることができます。

おもちゃ屋なのに、なぜかアオザイが…

おもちゃ屋なのに、なぜかアオザイが…

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

多くのおもちゃ店が軒を連ねる「ルオンヴァンカン通り」。この通りがおもしろいのは、おもちゃだけでなく、色鮮やかなアオザイまでも売られていること。まさにカオスの世界!

ベトナムの民族衣装であるアオザイですが、もともとは18世紀に清朝から輸入されたチャイナドレスを起源としたもの。その後、ベトナムの気候や風土に合うように改良され、現在のような細身でスリットの深いデザインに。色鮮やかな美しい刺繍を見ることができ、たいへん素晴らしい民族衣装です。

ご家族でショッピング・お土産探しも

ご家族でショッピング・お土産探しも

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

では、アオザイのお店をちょっと拝見!ご覧のように、たいへん美しいアオザイがそろい、種類も豊富。色彩も豊かで、花のデザインが素晴らしく美しい。

アオザイの隣には、幼い女の子用の衣服も。日本では見られない独自の色彩とデザイン。ベトナムのお土産に、ぜひご家族でショッピング・お土産探しを楽しまれてはいかがでしょうか?

オーダーメードも可能!ベトナムの想い出にぜひ

オーダーメードも可能!ベトナムの想い出にぜひ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

店の奥には、数多く吊り下げられた色鮮やかな美しいアオザイ。こんなに素敵なアオザイが、ほとんど5000円以下で買うことができ、とても楽しい。オーダーメードもできるので、ぜひのぞいてみて下さい。

おわりに

ハノイ旧市街は、王族に献上する品物を作る職人さんの街として栄えてきました。昔懐かしい駄菓子屋や紙仏具など、昔ながらのベトナムの良さが感じられます。

ハノイ旧市街は、数多くのショップが集まり、お土産探しに最適の観光スポット。ですが、最大の魅力は、ベトナム人とふれあい、仲良くなれることにあります。「おもちゃ&アオザイ通り」で可愛くて素敵なお土産を見つけ、ベトナム旅の最高の想い出を作ってみてはいかがでしょうか?

なお、旧市街の名物グルメや見どころなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ