古代ロマンに牧歌的!内緒にしておきたい佐賀「加部島」の風景

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

古代ロマンに牧歌的!内緒にしておきたい佐賀「加部島」の風景

古代ロマンに牧歌的!内緒にしておきたい佐賀「加部島」の風景

更新日:2016/06/20 16:43

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

加部島は、佐賀県唐津市の東松浦半島北端・呼子の沖約500mに浮かぶ面積2.68平方キロメートルの小さな島。平成元(1989)年に呼子大橋が架かり、アクセスが向上しました。

北海道を凝縮したような牧歌的な風景、県下最古の田島神社、デートには絶好のビュースポットなど、小島とは思えないほど美しい風景が詰まっています。

「新さが百景」第一位!弁天さまから呼子大橋を仰ぐ

「新さが百景」第一位!弁天さまから呼子大橋を仰ぐ

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

呼子大橋は、九州本土の呼子と加部島(かべしま)を結ぶ道路橋。ハープを並べたような美しい橋は、全長727.8mでプレストレストコンクリート製の斜張橋としては日本で最大。
アクセスは、路線バスも走っていますが、自動車がやはり便利です。呼子側の弁天駐車場(無料)に停め、弁天島へ続く遊歩道から見上げる呼子大橋は雄大。

弁天島は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、舟遊びをしたと伝わり、二つの小島からなることから、双子弁天と呼ばれ、海上交通・豊漁のほかに、良縁、夫婦円満、子宝のご利益もあると伝わります。もとは干潮時しか渡れませんでしたが、高架の遊歩道が整備され、いつでも参拝が可能になりました。

まるで北海道の一本道!加部島の農村風景ドライブ

まるで北海道の一本道!加部島の農村風景ドライブ

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

加部島のど真ん中を貫く、およそ1kmのまっすぐな道。信号もなく唯々まっすぐに農村風景を突き抜けています。波打つような直線の一本道は、さながら北海道の道のよう。

水産業がメインと思いがちな加部島の産業ですが、タバコ、ニンニク、ジャガイモ、ムギ、アマナツ、稲作など、多彩な農作物が栽培されています。
このまっすぐな道は、区画ごとに変わる作物を眺めながら、ゆったりまっすぐ走るのがおすすめです!

のどかな牧草地が広がる杉の原放牧場

のどかな牧草地が広がる杉の原放牧場

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

まっすぐな一本道を抜け、うっそうと茂る繁みの道は、奥まるほどに細くなります。すれ違いもできないくらい狭くなりますが、我慢して少し走り続けると、突如視界が開け、緑のなだらかな牧草地が飛び込んできます。
加部島最北端の断崖に現れるミニフィヨルドのような丘は、杉の原放牧場です。小さな島に、14haもの広々とした、開放的な空間にはおよそ50頭のウシが放牧されています。
遊歩道は牧場を一周1200mほどで結び、展望台からは玄界灘に沈む夕日が美しく、駐車場やトイレも完備されています。

空と海のコントラスト、緑の絨毯に映える白の灯台と断崖の玄武岩は、遊歩道を歩くほどに表情を変え、絵はがきの世界に入り込んだような、詩的な時間に浸れることでしょう。

創建年代不明の古代社!三大悲恋・佐與姫も祀る田島神社

創建年代不明の古代社!三大悲恋・佐與姫も祀る田島神社

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

もはや古すぎて創建年代不詳となっている田島神社は、佐賀県下最古の神社といわれています。御祭神は海上交通の女神・宗像(むなかた)三女神で、田島神社では田島三神と称しています。

また境内には、日本三大悲恋の一つとされる、佐與姫(さよひめ)の伝説を伝える、「望夫石」を祀る佐與姫神社も鎮座しています。
大陸へ出兵した夫を、佐與姫は恋い焦がれるあまりに泣き続け、ついに息絶えてしまい、その身は石になってしまったという、その石が祀られているのです。
ほかにも、元寇の際に蒙古軍船が使用していた碇石が置かれています。

呼子の景色を一望!風の見える丘公園

呼子の景色を一望!風の見える丘公園

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

加部島南部には、牧舎のような建物が目を引く、「風の見える丘公園」には、加部島だけでなく、呼子大橋や呼子港の景色が一望できる展望台があります。

加部島の農村風景と、その先に広がる玄海の海と大小遠近の島影、漁船や遊覧船が行きかう呼子の漁港に、先述の呼子大橋。
「風の見える」の名の通り、吹きすぎ行く風は、それこそ風に表情があるかのようで、空を飛ぶ鳥が気持ちよさそうに気流に乗って羽を広げているのが、手に取るように見えるのです。

加部島の風景は古代も現代もないまぜの美景!

創建年代が不明な古代の社から、現代に架けられた技術の粋である橋。古代から現代にいたるまで在り続けたであろう農村風景・・・
今回紹介しきれませんでしたが、南端には加部島最高峰である、天童岳(112.1m)があり、山頂には佐用姫の像が建っています。往復30分もかからない登山ですので、時間がある方はぜひ!
では皆さん、がばい(とっても)楽しい佐賀の旅路をどうぞ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ