東京唯一の路面電車「都電荒川線」で行く超まったりプチ旅行!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京唯一の路面電車「都電荒川線」で行く超まったりプチ旅行!

東京唯一の路面電車「都電荒川線」で行く超まったりプチ旅行!

更新日:2016/10/28 23:07

東京都新宿区早稲田から荒川区三ノ輪橋までを結ぶ都電荒川線は、東京に現在も残る唯一の路面電車となっています。今回はこのチンチン電車に乗って行く、超まったりプチ旅行をご紹介!ビル街近くに現れる風情の良い神社で参拝し、季節ごとに花を愛でて、締めには江戸っ子のように熱い湯に浸かる…。たまにはこんなのんびり旅をしてみませんか?

東京唯一の路面電車・都電荒川線

東京唯一の路面電車・都電荒川線
地図を見る

新宿区早稲田から荒川区町屋までの12.2キロを約1時間で結んでいる都電荒川線。東京で唯一残っている路面電車であり、その沿線は今も古き良き下町の雰囲気が残されています。

運賃は均一170円という安さ!さらに一日乗車券も500円という破格の値段設定となっています。また一回13,820円で貸切り利用することもできるんです。最近ではSMAPファンが貸し切ってイベントを開いたことがニュースにもなりました。一両まるまる貸切りなんて贅沢ですが、そこまで高い金額ではないので、一度試してみてはどうでしょうか?

始発駅の早稲田停留場から乗ると、日本の路面電車の中でも有数の急勾配の箇所を通っていきます。明治通りと新目白通りの交差点からが最もその光景をよく見られるので、写真スポットとしてもおすすめです。

紅葉も美しい鬼子母神

紅葉も美しい鬼子母神
地図を見る

まずは鬼子母神前停留所で下車。そこから徒歩5分の位置にある「鬼子母神」に向かいます。境内へと続く参道は石畳とケヤキ並木になっており、たいへんゆったりとした空気が流れています。すぐ近くには池袋のビル群があるので、よりここ一帯の特異な雰囲気が際立っています。

この鬼子母神は安産・子育てにご利益があるとされています。境内には日本最古と言われる駄菓子屋もあり、毎月第三日曜日には手創り市も開催されるなど賑わいを見せています。

毎年秋になると銀杏やもみじが紅葉し、とても美しい景色を見ることができます。特に樹齢600年以上とされ幹周8m・高さ30mの巨大な銀杏は抜群の存在感を誇り、都の天然記念物にも指定されています。

自然豊かな飛鳥山公園

自然豊かな飛鳥山公園
地図を見る

続いて再び都電に乗って王子駅前停留所へ。ここはJR王子駅に隣接しているため、荒川線のなかでは最もアクセスが良い停留所になっています。その王子駅の南に広がっているのが飛鳥山公園です。

1873年に日本最初の公園に指定されたこの場所は、徳川吉宗によって整備が進みたくさんの桜の木が植えられたため、現在は都内有数の桜の名所にもなっています。また紙の博物館など様々な資料館もあるので、学びの場にもなっています。

また敷地内にある飛鳥の小径は、6月になると1300株もの色とりどりのアジサイが咲き誇る、隠れたアジサイの名所になっています。すぐそばがJRの線路となっているため、電車とアジサイの両方を収められる写真スポットです。

旅の締めは銭湯へ

旅の締めは銭湯へ
地図を見る

のんびりとした時間を過ごしたあとは、日々の疲れを癒すためにぜひ銭湯へ行きましょう!都電荒川線の沿線には銭湯が多くあり、帰りにひとっ風呂浴びるのに最適なんです。

写真は新庚申塚駅から徒歩10分の場所にある稲荷湯。映画テルマエ・ロマエのロケ地にも使われた、昔ながらのレトロな雰囲気が残る銭湯です。ここは江戸っ子が好む熱湯の銭湯でも知られています。激熱の湯にサッと浸かる、江戸っ子風の入浴を体験してみてください。

東京の銭湯の入浴料は一律460円!ワンコイン以下で楽しめる、まさにおすすめのスポットです。最近はシャンプー類が設置された銭湯も多くなってきており、より手軽に楽しめるようになっています。

他にも観光スポットたくさん!

都電荒川線には他にも観光スポットはたくさんあります。例えば庚申塚停留所で降りれば、おばあちゃんの原宿こと巣鴨に行くことができます。荒川遊園地前停留所まで行くと、子どもが喜ぶ乗り物がある荒川遊園もあります。
時間があればこれらも訪れて、丸一日思いっきり楽しむこともできますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -