マツコも絶賛!羽田空港国際線ターミナル「江戸小路」の美味しい店を食べ歩こう!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マツコも絶賛!羽田空港国際線ターミナル「江戸小路」の美味しい店を食べ歩こう!

マツコも絶賛!羽田空港国際線ターミナル「江戸小路」の美味しい店を食べ歩こう!

更新日:2016/06/17 17:49

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

「マツコの知らない世界」で取り上げられ、マツコデラックスさんをうっとりさせたグルメなスポット羽田空港。国内線・国際線とも数々の名店が集い、国内外のゲストを「食」でおもてなししてくれます。特に羽田空港国際線ターミナルの「江戸小路」は海外からやってくる観光客に日本の自慢の味と雰囲気を楽しませるための演出がなされていて、散策するだけでもわくわく。空港であの名店の味も楽しめるの?という経験もできますよ!

羽田空港国際線ターミナル出発フロアにある江戸情緒たっぷりのグルメフロア「江戸小路」

羽田空港国際線ターミナル出発フロアにある江戸情緒たっぷりのグルメフロア「江戸小路」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

羽田空港国際線ターミナルの出発ロビーは、海外旅行に行く人だけではなく「遊びに行く、空港デートに行く」という人が多いんです。特に流線型の高い屋根、吹き抜けの開放感あふれる造りが美しい出発ロビーは、多くの人の心を引きつけます。中でもまるで江戸の町に迷い込んでしまったような店舗が並ぶ「江戸小路」は大人気。

出発フロアからエスカレーターで上がれば、なんだかタイムスリップしたみたい…そんな風景が広がっています!外国人だけではなく日本人もここぞとばかりに写真を撮る、絶好の撮影スポット。でもそれだけではありません。

さすがおもてなしの国、日本!世界中からやってくる外国人旅行客を日本の美食で歓迎するために、数々の有名店を出店させたというレベルの高いグルメフロアでもあるのです。

魚介系スープで人気のラーメン「せたが屋」は朝5:00から営業

魚介系スープで人気のラーメン「せたが屋」は朝5:00から営業

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

おしゃれな江戸小路の一角から、いきなり「ぷぅん」と魚系の香り!ふと目をやれば誰もが納得…魚介系ベースのスープが人気の「せたが屋」が出店しているのです。
扉は開け放たれ、昔ながらのラーメン屋をイメージさせる店づくりをしているので、店内からスープの香りが漂ってきます。この香りを無視して通り過ぎるのは非常に難しいというもの。トランクを持ったまま、思わず入店してしまうお客さんを目撃することも。

海外に行く前に美味しいラーメンを!という日本人のニーズと、世界中で愛されている日本の美味しいラーメンを最後に食べて帰りたい、という外国人観光客のニーズにぴったり。だからランチやディナーの時間を外さないと列に並ぶことになります。しかも、早朝5:00から営業しているんですよ。

早朝便で帰国して「あー!美味しいラーメン食べたい!」なんていう無類のラーメン好きには嬉しいですよね。

老舗洋食店「グリル満天星」の味も空港で楽しめるなんて!

老舗洋食店「グリル満天星」の味も空港で楽しめるなんて!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

麻布十番に本店があり、洋食の名店として知られる老舗「グリル満天星」の味も楽しめます。
「グリル満天星」の姉妹店「ポートサイドキッチン バイ グリル満天星麻布十番」は、ランチもディナーも家族連れでいっぱい!洋食は大人も子供も美味しくいただけますからね。特に翌0:00台の深夜便が多いので、ラストオーダーの22:00前が一番混み合います。

名物の「オムレツライス」も美味しいですが、一度試していただきたいのが「ガーリックピラフ ステーキプレート」。柔らかい牛フィレ肉の焼き加減は、断面を見ても素晴らしいピンク色。とてもやわらかく焼き上げています。ステーキってどうしてこんなにガーリックに合うのかしら?と、臭いを気にしてガーリックを避けがちな女性でも、ぺろりと食べられる味です。

焼肉チャンピオンロールは羽田空港の名物!「焼肉チャンピオン」

焼肉チャンピオンロールは羽田空港の名物!「焼肉チャンピオン」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

あの焼肉の名店「焼肉チャンピオン」も出店しています。和牛は世界中から賞賛される日本の誇りですよね。そのせいか、様々な国の人たちが、昼間から豪快に焼肉を食べています。上質な和牛を使った焼肉は、かなりのお値段で「お金を使う海外旅行の前にこれを食べるのはちょっと」と思わず尻込みする人もいますよね。わかります!

でも「マツコの知らない世界」で紹介されていた「焼肉チャンピオンロール」は1350円。これならなんとか手が出ます。A5ランクの和牛を贅沢に使い、コチュジャンベースのタレで巻いた海苔巻は、「もう1箱いけそう」と誰もが思う味。
羽田空港国際線ターミナルには、座って食べられるベンチやテーブルが沢山あるので、テイクアウトしてイートインエリアで食べても良し、飛行機に持ち込んで空弁にするのも良いですよ!

雰囲気1!羽田空港国際線ターミナルにしかない和食店「百膳」

雰囲気1!羽田空港国際線ターミナルにしかない和食店「百膳」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

逆に、羽田空港国際線ターミナルにしかないお店もあります。それが「百膳」。江戸小路の店は空港ということもあり、賑やかで、海外に飛び立つ人のわくわく感や、これから帰る人の思い出話のにぎやかさが伝わり、慌ただしい雰囲気は多少感じます。でも、ここは別格。ゆっくりと落ち着いて食事がしたいという人にはもってこいの、江戸小路で一番の雰囲気の良い店です。

凛とした着物姿の店員さんの接客も、空港内のレストランとしてはかなり良し。メニューは和牛や旬の刺身など贅沢な食材を使った丼、更にメイン+目にも鮮やかな小鉢のついた美しいミニ会席のようなセットや、アラカルトの和食など。写真は単品のねぎとろ丼です。海外に行く前に無性に食べたくなる刺身と、さっぱりサクサクの山芋の相性がイイ!

外国人旅行者も、この店には最後は静かに食事をしたいと思う人が集まるよう。日本最後の美味しい和食という万感の思いを込めつつ、「帰りたくないな・・・」としんみりつぶやき食事をする姿を見かけることも。

食べきれないのが悔しい!数えきれないほどある羽田空港国際線ターミナルのレストラン

ああ、悔しい。まだまだ紹介しきれないレストランやテイクアウトの店がいっぱいあります!更に新しい店も続々とでき、飽きさせないのはいいのですが、食べ切れていないのが悔しい…。
でも今度は皆さんが、ここに紹介したお店も含め、お気に入りの店を探す番ですよ!羽田空港国際線ターミナルの飲食店は、思わず話題にしたくなる店ばかり。

桜やこいのぼり、藤の花、あじさいといった空港内のデコレーションもそうですが、おもてなしだけではなく、演出する側の遊び心もビシバシと伝わってきます。
羽田空港国際線ターミナルに行ってご飯でも食べる、という休日もオツなもの。出国手続きを終えたら、もうそこは日本ではない、という非日常感も相まって、楽しい1日になることは間違いなしです。

国内線で東京に旅行に来た人も、無料のシャトルバスで国際線ターミナルに立ち寄ってみてください。国内線ターミナルとはまた一味違った素敵な時間を過ごせますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ