平日昼間のオフィス街に出現!バンコク「OL市場」でグルメ&ショッピング

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

平日昼間のオフィス街に出現!バンコク「OL市場」でグルメ&ショッピング

平日昼間のオフィス街に出現!バンコク「OL市場」でグルメ&ショッピング

更新日:2018/07/27 09:07

坂元 美鈴のプロフィール写真 坂元 美鈴 フードライター

道端の小規模なものから世界中のバイヤーが集まる巨大マーケット・チャトチャックまで、街中に大小のタラート(市場)が溢れているタイ。タイのショッピングのお楽しみはタラートをなくしては語れません!なかでもバンコクのオフィス街に平日昼間登場する「ラライサップタラート」は通称OL市場と言われる通り、女性の買い物心をくすぐるアイテムでいっぱい。思わぬ掘り出しものに出会えるかもしれません。

オフィス街のど真ん中!平日昼間、毎日開催

オフィス街のど真ん中!平日昼間、毎日開催

写真:坂元 美鈴

地図を見る

場所はバンコクきってのオフィス街であり夜になれば繁華街に変貌を遂げるシーロムエリア。BTS(スカイトレイン)シーロム駅からシーロム通り添いにチョンノンシー駅方向に歩いて7分ほどの、バンコク銀行本店の横〜裏手に続くソイ(細い道)にあります。タクシーで行く場合はシーロムのバンコク銀行、またはラライサップといえば大体の場合通じるはず。ちなみに「ラライサップ」とはお金が溶ける=お金をどんどん使ってしまう、の意。

昼休みは大混雑!狙い目は12時以前か13時以降

昼休みは大混雑!狙い目は12時以前か13時以降

写真:坂元 美鈴

地図を見る

こちらの主な客層はシーロムエリアで働くオフィスワーカー、特にショッピング好きな女性たち。11時くらいから屋台が出始め、彼らの昼休みである12時〜13時頃が最も混雑するときです。食べ物屋台もたくさんでているので、ランチを求める人、ランチ後のショッピングを楽しむ人でごった返します。この時間帯が最も活気づくときですが、比較的人が少なめの11時〜12時、13時〜店じまいが始まる15時くらいのほうがゆっくりお買い物できるかも。

タイのB級グルメもおまかせ

タイのB級グルメもおまかせ

写真:坂元 美鈴

地図を見る

オフィスワーカーのお腹を満たす役割も担っているこちらのタラート。簡易フードコートも設置され、お昼ごはんの定番「カーオゲーン(ぶっかけご飯)」や「ガパオ」「パッタイ」「カオマンガイ」はじめ豊富な品揃えです。タイのお惣菜やその場で作るタイ伝統菓子、焼きバナナ、フレッシュジュースなど食べ歩き&お持ち帰りできるものもたくさんあるので気軽にタイB級グルメを楽しむこともできます。

安い!かわいい!プチプラ服がいっぱい

安い!かわいい!プチプラ服がいっぱい

写真:坂元 美鈴

地図を見る

OL市場と言われるだけあって、20〜30代の女性好みの服の品ぞろえが充実しています。「Cawaii」「CanCan」など日本のファッション雑誌を熟読しているタイの女性たちに合わせて、日本のトレンドを取り入れたプチプラ服もお目見え。Tシャツやカットソー、スカートなどいずれも150B(約450円)〜とお手頃です。品質はさておき、ワンシーズンのトレンドものやインナーならば使えるものもけっこうありますよ。

子供服やおもちゃ、雑貨類も見逃せない

子供服やおもちゃ、雑貨類も見逃せない

写真:坂元 美鈴

地図を見る

食と婦人服がメインのタラートですが、子供のおもちゃや子供服、雑貨類の屋台もあり、根強いファンがいます。ブランドロゴの入った子供服も150B(約450円)〜、有名おもちゃメーカーの記載のあるおもちゃも格安で売られていたりするのでチェックしてみてくださいね。

イマドキのバンコク女子がわかる場所

バンコクに観光スポットは数あれど、今のバンコクの女性のリアルが最も感じられる場所といえばココ。安い&楽しいショッピングとグルメがそろい、気軽に行けるアクセス至便さも魅力です。観光の合間にちょっと時間ができた、なんてときにぜひ足を運んでみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -