心に明かりを灯す絶景!島根県・隠岐「ローソク島遊覧船」で観に行く奇跡の夕日

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

心に明かりを灯す絶景!島根県・隠岐「ローソク島遊覧船」で観に行く奇跡の夕日

心に明かりを灯す絶景!島根県・隠岐「ローソク島遊覧船」で観に行く奇跡の夕日

更新日:2016/06/26 18:59

織笠 なゆきのプロフィール写真 織笠 なゆき トラベルライター、御朱印収集家、狛犬愛好家

島根県の北方に浮かぶ隠岐諸島。大小180を超える島々からなり、手つかずの自然と歴史的・文化的遺産が残るエリアです。中でも一目見て心奪われるのは、島後(隠岐の島町)の北西に位置するローソク島の夕景!天候などの条件が揃えば、その名の通り、ろうそくに明かりが灯ったかのような姿を見ることができます。遊覧船に乗って、心にもポッとあたたかな光が灯るような、そんな光景を観に行ってみませんか。

日の入り時刻に間に合うように出航!

日の入り時刻に間に合うように出航!

写真:織笠 なゆき

地図を見る

隠岐のローソク島に沈む夕日を観に行くには、毎年4月から10月末まで運航されている「ローソク島遊覧船」に乗る必要があります。島後北部の「ローソク島展望台」からでも雄大な日本海とローソク島の姿を望むことができますが、残念ながら角度の問題で、ろうそくの先端に夕日が沈むようには見えないのです。

遊覧船は、天候や海の状態によっては運航することができません。時期も限られているので、より絶景との出会いが貴重なものに感じられますね。

「ローソク島遊覧船」の乗船予約は、隠岐の島町観光協会まで。名前や人数に当日の連絡先(携帯電話番号など)を添えて申し込むと、当日、出航の可否や出航場所・集合時間が連絡されます。詳細は、ページ下部【この記事の関連MEMO】より、隠岐の島町観光協会の公式サイトをご確認ください。

海風にふかれながら、福浦隧道や奇岩群を遊覧

海風にふかれながら、福浦隧道や奇岩群を遊覧

写真:織笠 なゆき

地図を見る

遊覧船が出航すると、すぐに「福浦隧道」が見えてきます。隧道とはトンネルのこと。海までせり出した断崖のために船しか交通手段がなかった集落と集落とを結ぼうと、手掘りで造られたもの。現在は「新福浦トンネル」にその役目を譲りましたが、明治初期に掘られた初代と明治21年に完成した二代目は、この時代にハンマーとノミでカーブしたトンネルを掘ったという技術力の高さを評価され、土木学会による「平成17年度選奨土木遺産」に選ばれています。

船上からはこのほか、想像力をかき立てる奇岩や、海水の浸食によりできあがった洞窟などが見え、いくつもの自然の造形美を楽しむことができます。

ローソク島のそばへ。日没前の姿をチェック!

ローソク島のそばへ。日没前の姿をチェック!

写真:織笠 なゆき

地図を見る

ローソク島に明かりが灯るように見えるのは、ローソク島を逆光で見ることになる、島の東側の位置。その前に、まず夕陽を背にして明るい姿のローソク島をチェックします。約20メートルもの高さがある、日本海にそびえたつ奇岩、ローソク島。中心の長い部分がまるでろうそくの芯のように見えませんか?この形が自然に出来上がるなんて、驚きです。

熟練の技と連携で狙う、奇跡の瞬間

熟練の技と連携で狙う、奇跡の瞬間

写真:織笠 なゆき

地図を見る

西日が大きく傾いて日没の時間が近づいてくると、遊覧船はローソク島の東側へと移動します。日によって出航する船の数は違いますが、撮影ポイントが混みあってもめることはありません。各船の船長がちゃんと連携して、順番に船を絶好の位置まで進めてくれる仕組みになっています。

順番待ちの間に、焦らずカメラの用意を。シルエットとなった他の船もまた、美しいものです。

ろうそくに明かりが灯る、珠玉の夕景

ろうそくに明かりが灯る、珠玉の夕景

写真:織笠 なゆき

地図を見る

これが、条件が揃わないと観ることができない、ローソク島と夕日が織りなす絶景です。沈もうとする夕日がちょうどローソク島の先端にさしかかって見えた時、まるでろうそくに明かりが灯されたかのような光景が現れます。オレンジ色を帯びた光は、熱く燃える炎のようでもあり、心をあたたかくするともしびのようでもあり。深く心に残るひとときとなることでしょう。

隠岐「ローソク島遊覧船」の極上の体験は、船長に感謝!

しばらく余韻に浸っていたいところですが、この後は時間との勝負。真っ暗になる前に、急いで帰港となります。行きよりもずっと速いスピードになるので、ふざけずに心の中ではしゃぎましょう。

この極上の体験、縁の下の力持ちは各遊覧船の船長たち。タイミングを見計らって船を進め、奇岩の紹介や撮影スポットへの寄り道、他の船との連携をこなしつつ、位置の微調整や、全員が写真を撮り終わったかなどにも気を配ってくださいます。

ローソク島は少しずつ根元部分の浸食が進んでいるとのこと。自分の目で見てみたい!という方は、どうぞ早めのチャレンジを!

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/08/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ