天空のお花畑の決定版!長野「千畳敷カール」はロープウェイで行く別天地!

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

天空のお花畑の決定版!長野「千畳敷カール」はロープウェイで行く別天地!

天空のお花畑の決定版!長野「千畳敷カール」はロープウェイで行く別天地!

更新日:2017/07/17 14:48

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、旅好きのヨガインストラクター

2600M超の天空のお花畑…と聞けば、ハードな登山をしなれば行けない場所と思いませんか?ところがバスとロープウェイを乗り継げば、日本アルプスの花園に、直に行ける場所があるんです。それが長野県の千畳敷カール!荒々しい岩峰の直下には、氷河によって削り出されたなだらかな土地が広がり、夏にはお花畑が出現します。清らかな水鏡をたたえた池もあり、遠く南アルプスを望む絶景も楽しめ、まさにそこは天空の別天地です!

長野・駒ケ根市からバスとロープウェイで行く別天地「千畳敷カール」とは

長野・駒ケ根市からバスとロープウェイで行く別天地「千畳敷カール」とは

写真:咲田 みつる

地図を見る

のこぎりの歯のような稜線が印象的なこの光景、登山経験者でなくとも写真などで一度は目にし、憧れたことがあるのではないでしょうか。ここは長野県に南北に延びる中央アルプスの一角で、千畳敷カールと呼ばれる場所です。(所在地は駒ケ根市)

上部の写真で見る最高峰は「宝剣岳」(2931M)。その名の通り、天空を貫くように気高くそびえ、見る者を圧倒します。夏場には直下に高山植物が咲き乱れ、宝剣岳と併せ見る景観は絶景中の絶景。また千畳敷カールは、木曽駒ケ岳へのアプローチの要衝としても有名です。

さぞかし急峻な場所から撮影した写真かと思いきや、意外にも撮影スポットはロープウェイの駅からほど近い、平らな場所。付近にはベンチまで備えた休憩スポットとなっています。

「千畳敷」とは「畳が千枚くらい敷けそうなくらいの広さ」で、「カール」とはなだらかなお椀状の地形を意味します。千畳敷カールは日本の屋根と呼ばれる中央アルプスに位置しながら、一般の観光客が訪れることのできる稀有なスポットなのです。ロープウェイの発着駅のそばには「ホテル千畳敷」があり、レストランやカフェのみの利用も可能です。

長野・駒ケ根市からバスとロープウェイで行く別天地「千畳敷カール」とは

写真:咲田 みつる

地図を見る

別天地にいざなう駒ヶ岳ロープウェイ 雲の上へ旅立とう!

別天地にいざなう駒ヶ岳ロープウェイ 雲の上へ旅立とう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

ロープウェイは、ただの移動手段というわけではありません。それは遥か2600M超の雲の上へといざなう空中散歩。わずか7分半ほどで、一気に950Mを駆け上がります。日本のロープウェイとしては、高低差は最大で、駅も最高所となっています。

着いた先は、眼前に迫る宝剣岳の威容と美しいカール、振り返れば南アルプスを望む天空の世界。好天に恵まれれば、南アルプスの稜線をパノラマで楽しむことができます。※写真中央にわずかに富士山のシルエットを確認出来ます。

<中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ>
山麓「しらび平駅」(1662M)〜山頂「千畳敷駅」(2612M)を結ぶ
しらび平駅へは、一般車両の乗り入れができないため、菅の台バスセンターより専用路線バスを利用 ※詳細は下記関連MEMOのリンク参照

別天地にいざなう駒ヶ岳ロープウェイ 雲の上へ旅立とう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

「わぁキレイ」だけじゃない!高山植物をもっと楽しむコツ・有ります

「わぁキレイ」だけじゃない!高山植物をもっと楽しむコツ・有ります

提供元:駒ヶ根市観光協会フォトギャラリー

http://www.kankou-komagane.com/photo/

千畳敷カールには1周40〜50分ほどの遊歩道が配され、高山植物は150種類に及ぶと言われています。お花畑のハイシーズンは7月下旬から8月ごろ。

お花の名前は分からないし、覚えきれない…という方には、とっておきの楽しみ方があります。それは「黄色い花を見分けること」。千畳敷カールでは何種類もの黄色い花が同時に咲いているのです。

特に似ているお花の名前と主な特徴は
1、シナノキンバイ(信濃金梅)→葉が5つに裂け、手のひらのような形状
2、ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)→葉が3〜5つに裂け、かつ細い。花に光沢あり。
3、ミヤマキンバイ(深山金梅)→1・2に比べ葉が大きく、やや地面に沿う

最初は間違い探しのような感覚ですが、葉の形や花弁の微妙な違いを見つければ、お花が愛おしくなるはずです。ロープウェイの公式サイトにも詳細な図鑑がありますので、是非予習しておきましょう。

「わぁキレイ」だけじゃない!高山植物をもっと楽しむコツ・有ります

写真:咲田 みつる

地図を見る

「わぁキレイ」だけじゃない!高山植物をもっと楽しむコツ・有ります

写真:咲田 みつる

地図を見る

数年に一度だけ!コバイケイソウの大群落は真夏に降った雪のよう!

数年に一度だけ!コバイケイソウの大群落は真夏に降った雪のよう!

提供元:中央アルプス観光「ウェブ写真館」

https://www.chuo-alps.com/web-photo-gallery/free/

千畳敷カールのお花畑の写真と言えば、コバイケイソウの大群落が有名です。他のお花に比べ、背が高く目立つという点でも印象的。しかしこのコバイケイソウ、実は花をつけるのは数年に一度とされ、当たり年ともなれば、まるで真夏に降った雪のように、一帯を白く染め、美しく咲き誇ります。

そして美しい姿からは想像できませんが、毒性があります。仮に花を付けていない状態でも、だ円形の葉が沢山ついており、すぐ見つけられますので、観察してみましょう。

数年に一度だけ!コバイケイソウの大群落は真夏に降った雪のよう!

写真:咲田 みつる

地図を見る

カールを巡る花散歩 登山する場合は相応の装備でのぞもう

カールを巡る花散歩 登山する場合は相応の装備でのぞもう

写真:咲田 みつる

地図を見る

遊歩道は、一部石の階段があるものの、ほとんどがなだらかな道です。しかし真夏でも僅かに雪が残っている場合があります。滑りにくく、防水性を備えた履物がベストです。服装は、麓よりも一枚多く羽織れるものを用意しておきましょう。

また宝剣岳やその周辺の尾根は、見た目にはとても近く感じ、現地で急に「登ってみたい!」と思う人も多いのですが、尾根までは50分ほどの急坂で、足元も不安定です。登る際は登山の装備が必要ですので、お出かけ前に充分検討しましょう。

カールを巡る花散歩 登山する場合は相応の装備でのぞもう

写真:咲田 みつる

地図を見る

ロープウェイ利用は早朝がおすすめ 前泊も視野に入れて

千畳敷カールにハイシーズンに行くには、ロープウェイもバスも混雑は必至です。意外と見落としがちなのが、下りのロープウェイ時刻。大部分の人が、ロープウェイで帰っていくのですから、当然帰りも混むのです。最終便に限らず、早ければ昼過ぎから込み合うため、早めに順番待ちをする必要があります。つまり千畳敷カールについた瞬間から、下りのロープウェイ時刻へのカウントダウンが始まっているのです。

最も時間を贅沢に使うには、ホテル千畳敷に宿泊して心ゆくまでこの別天地を堪能し、翌朝帰ること。ホテル千畳敷は美しい星空を観賞できることでも有名です。また、前泊する場合は移動時間が読みやすい駒ケ根市がおすすめ。前泊か後泊をプラスすると、旅程にぐっとゆとりが出ます。天空の別天地での時間を是非とも楽しんでください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ