村の温泉が全て源泉かけ流し! 奈良県【十津川温泉郷】

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

村の温泉が全て源泉かけ流し! 奈良県【十津川温泉郷】

村の温泉が全て源泉かけ流し! 奈良県【十津川温泉郷】

更新日:2014/02/03 16:17

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

奈良県の山奥に位置する十津川村。
実は日本一大きい村。
さらに十津川村はなんと全国初の「源泉かけ流し宣言」をされた村です!素晴らしい!
奈良県は大阪のお隣ですが、大阪から車で約4時間。
結構遠いですが、極上湯がここにはございます。
北から「湯泉地(とうせんじ)温泉」「十津川温泉」「上湯(かみゆ)温泉」の3ヶ所の温泉地がございます。
特に新緑の時期と紅葉の時期がオススメです。

湯泉地温泉共同浴場「滝の湯」

湯泉地温泉共同浴場「滝の湯」

写真:温泉ソムリエぐっち

滝の湯は、内湯と露天風呂がございます。
露天風呂へは内湯を通り、少々長い階段を素っ裸で降りていきます。なんとも開放的です。
そして辿りつくのが、この露天風呂。
渓流沿いにあり、写真では見えませんが、少し上流に滝があるため「滝の湯」と命名されたと思われます。
泉質は「単純硫黄泉」
そのお湯を源泉かけ流しで提供されているため、もちろん硫黄の香りが漂っています。
川のせせらぎを聞き、森林浴をしながらの湯浴みができますよ。


◆料金 大人600円 子供300円
◆営業時間 10:00〜21:00
◆定休日 木曜日

湯泉地温泉共同浴場「泉湯」

湯泉地温泉共同浴場「泉湯」

写真:温泉ソムリエぐっち

大好きな共同湯の一つがこちら「泉湯」です。
何回訪れたことでしょうか。
十津川村へ訪れた時は必ず訪れます。
内湯と露天風呂がありますが、どちらも小さめ。
小さめということはお湯がさらに新鮮だということになります。
特にこの「泉湯」ではカラン(蛇口)から超新鮮なお湯(温泉)が出てくるので、浴槽のお湯より硫黄臭が強いのです。
また、こちらの「泉湯」は「滝の湯」に比べかなり泉源(温泉が湧いている所)に近いため、泉質重視の方にはとてもオススメですよ。


◆料金 大人400円 子供200円
◆営業時間 10:00〜21:00
◆定休日 火曜日

秘湯の一軒宿 上湯温泉「神湯荘」

秘湯の一軒宿 上湯温泉「神湯荘」

写真:温泉ソムリエぐっち

情報としてはちょっと古くて申し訳ございません。
ただ、十津川温泉郷では、私の一押し宿がこちらの「神湯荘」さんです。
なんと、お風呂が沢山あり、ほぼ貸切で使えます。
また、泉質は「美肌の湯」として有名な「ナトリウム-炭酸水素塩泉」です。
また、こちらの名物であった川沿いの大きな露天風呂は、昨年の豪雨により只今入れないようです。
少々残念ではございますが、それ以外にも多数のお風呂がございますので、十分満足して頂けると思います。
また、お宿のお食事も、ここならでは感がありつつも、とても美味。
この記事を書いていたら、また泊まりたくなってきました。
これからの紅葉のシーズンは最高だと思いますよ。

◆日帰り入浴はお宿にご確認下さいませ。
◆1泊2食 12000円より

大自然のど真ん中の村 十津川村

大自然のど真ん中の村 十津川村

写真:温泉ソムリエぐっち

昨年の豪雨による水害により、かなりの打撃を受けた市町村の一つがこの「十津川村」です。
南北に走るメインの国道168号線は全て通行可ですが、東西に走る狭い道は、ところどころ通行止めのところもあるようですので、十津川村へ行かれる際は、十分お調べの上、訪れて下さいませ。

また、上湯温泉近くにある出谷温泉公衆浴場「つるつる乃湯」さんは残念ながら、営業休止されてます。
実は先日この「つるつる乃湯」目当てで訪れましたら、昨年の豪雨より営業休止のままで、とても残念でした。
再開を心より期待しています。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ