雑草?青草?いえ、ベトナム絶品の海鮮ラーメン「ミーバンタン」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

雑草?青草?いえ、ベトナム絶品の海鮮ラーメン「ミーバンタン」

雑草?青草?いえ、ベトナム絶品の海鮮ラーメン「ミーバンタン」

更新日:2016/07/04 19:54

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

日本人が見たら、そのへんの雑草を引っこ抜いて入れたとしか見えない汁もの。いえいえ、これはベトナムで絶品の海鮮ラーメン「ミーバンタン」。ベトナム人に大人気の麺料理なのです。ほとんどの日本人がまったく知らない、絶品のベトナム名物麺料理「ミーバンタン」。ぜひこの味をお見逃しなく!ベトナム料理でおいしいのは、「フォー」だけじゃない!

「ミーバンタン」はハノイ旧市街の人気店で食べたい!

「ミーバンタン」はハノイ旧市街の人気店で食べたい!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「ミーバンタン」はベトナム名物麺料理だけにいろいろなお店で食べることがデキますが、ぜひ地元で人気の名店の味を試してみてほしいもの。おすすめのお店が、こちら!ハノイの旧市街、東洞門の近くにあります。店内はいつでも大混雑!路上にまで並べられたイスも多くのベトナム人で埋め尽くされ、観光客にはほとんど知られていない穴場の名物レストランです。

青草?がどっさり!ベトナム人に人気の海鮮ラーメン「ミーバンタン」

青草?がどっさり!ベトナム人に人気の海鮮ラーメン「ミーバンタン」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらがベトナム人に大人気の海鮮ラーメン「ミーバンタン」(MY VAN THAN)。店のカンバンには漢字での表記もあり、「餃鮮蝦」と説明。これは“エビ餃子”という意味ですが、これは簡単に言うと、ワンタン麺のこと。

絶品のベトナム名物麺料理ですが、日本人が見たら青草を入れたスープにしか見えないことが最大の特徴です。

細い中華麺に絶品のスープが絡む!

細い中華麺に絶品のスープが絡む!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

いちめんの青草をめくれば、そこには艶やかな細い中華麺。コシがあって、とてもおいしい!さらに麺の下には、ぷりぷりの身が締まったエビ入りの水ギョウザ、ジューシーな肉が入った柔らかなワンタンと、たくさんの具材が入っています。

さらに、ベトナム風のチャーシュー・はんぺん、豚の血の塊(豆腐に似た食感)が入り、これら魚介類などの具材が溶け込んだスープが抜群においしい!スープはあっさりした味で、とてもまろやか。パクチーが入っておらず、日本人の口に合うスープです。

日本人が見たらまずそうにしか見えない青草も、柔らかく煮込まれ、まるでネギのようにおいしい!

トウガラシなど調味料で味が驚くほど変化!

トウガラシなど調味料で味が驚くほど変化!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さらに美味しく味わうためには、お好みで調味料を加えること。ライムや塩、小魚を塩漬けで発酵させたニョクマム(魚醤)、ニンニク酢、激辛トウガラシなどを混ぜれば、見た目にも華やかになります。ちょっとした味付けで、驚くほど味が変わるのがとてもおもしろい。これが、いつまでも飽きることのない絶品ラーメンの人気の秘密です。

職人技が光る!渾身のベトナム流海鮮ラーメン

職人技が光る!渾身のベトナム流海鮮ラーメン

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、厨房のようす。具材の肉入りワンタンをはじめ、エビ、豚の血の塊、ワンタン、チャーシューなどが並べられています。たいへんシンプルな料理。しかし、シンプルな味ほど難しく、職人技が光る逸品のラーメンが「ミーバンタン」です。

これだけ具だくさんで、一杯が3万ドン(約160円)。ベトナム・ハノイ観光とあわせて、ぜひ絶品の海鮮ラーメンを味わってみて下さい。

おわりに

ハノイ旧市街は、小さな通りや路地が迷路のように入り組み、通りごとに同じ種類の店が集まっている随一の観光スポット。ショッピングやお土産探しだけでなく、ベトナムの北部地域の名物料理が集まったグルメ街でもあります。

昔ながらのベトナムの風情を残す旧市街で、さまざまなベトナムの名物料理を味わってみてはいかがでしょうか?

なお、ハノイの名物料理については別途、記事にまとめていますのでご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ