廃線が復活?北海道美深町「トロッコ王国美深」線路の上をトロッコでGO!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

廃線が復活?北海道美深町「トロッコ王国美深」線路の上をトロッコでGO!

廃線が復活?北海道美深町「トロッコ王国美深」線路の上をトロッコでGO!

更新日:2016/06/20 18:21

もんTのプロフィール写真 もんT チューター、フリーライター

旭川から北へ約100q。道北の美深町に、かつて日本一の赤字ローカル線と言われた国鉄美幸線が走っていました。赤字のため1985年に路線は廃止されましたが、線路の一部が、1998年に「トロッコ王国美深」として復活!廃線当時のままの線路上を、原動機付のトロッコで疾走できます。北海道の大自然の中で、トレインシミュレーターでは味わえない、本物の線路を走る運転感覚と臨場感をぜひ体験しましょう。

かつての終着駅・仁宇布が王国の入り口

かつての終着駅・仁宇布が王国の入り口

写真:もんT

地図を見る

美深(びふか)市街から国道40号線を離れて、仁宇布(にうぷ)方面へ向かうこと約20分…。美深町の山奥、仁宇布地区に「トロッコ王国美深」が見えてきます。ここにはかつて、国鉄美幸線の終着、仁宇布駅がありました。“入国”の手続きは、ログハウス風に新たに作られた駅舎で。ここで、トロッコ乗車のための切符を購入します。天候が悪い時は、雨合羽や防寒着を貸してもらえます。

トロッコは2人乗りの小さなものから、6人くらい乗れるちょっと大型のものまで、いろいろあり。この仁宇布地区に残る美幸線の線路跡、約5qの区間を、エンジン搭載のトロッコで往復します。乗車前に、トロッコの操作方法や運転上の注意など、ちょっとしたレクチャーを受けてから出発です。

なお、トロッコの運転には普通自動車運転免許証が必要ですが、免許を持っていない場合は、相乗り、あるいはスタッフが運転するトロッコに同乗して楽しみましょう。

○トロッコ王国美深
営業日:4月下旬〜10月下旬の毎日
営業時間: 8:30〜16:00(夏期は17:00まで)
入場料:大人¥1800(2名以上は一人¥1500)/中高生¥1200 小学生¥700 幼児は無料

草原や白樺林を駆け抜ける〜北海道の大自然を満喫!

草原や白樺林を駆け抜ける〜北海道の大自然を満喫!

写真:もんT

地図を見る

単線のローカル線であった線路上を走るので、トロッコは1時間ごとに、いくらか間隔をあけて次々と、一方通行で出発していきます。途中のコースは、草原や白樺林を駆け抜け、渓流を眼下に橋を渡るところも…。往復で約10q、40分ほどの行程ですが、変化に富んだ風景が展開します。

スピードはお好みで調整できますが、線路上が込み合っているときは、前後のトロッコとの間隔に気を付けましょう。最高速度は20q程度しか出ませんが、トロッコの鉄輪と古いレールが紡ぎ出す音が、なかなかの迫力。レール上を走るので、ハンドルはただ握っているだけなんですが、思わず手に力が入ります。

なお、農道と交差するところは遮断機のない踏切となっています。踏切注意の標識がある地点では、減速して注意して走行しましょう。

折り返し地点で“交換待ち”

折り返し地点で“交換待ち”

写真:もんT

地図を見る

仁宇布から5qほど進むと、折り返し地点に到着。トロッコ区間は、美幸線廃止時のレールをそのまま用いていますが、ここだけは新たに敷設したエリア。線路がぐるっとUターンする形になっていて、“交換待ち”スペースになっています。仁宇布を出発したトロッコがすべて到着するまで、ここで行き違いのための“交換待ち”です。

ここの交換待ちエリアは、Uターン部分で脱線することがないように、やや勾配がついていてスピードが落ちるようになっています。しかし、減速しすぎると逆に止まりそうになり、アクセル全開にしても空転するだけで、前へ進めなくなることも…。そのときは、スタッフの方が駆けつけて、後ろから押してくれるので、あわてずに待っていましょう。スロットルの加減がちょっと難しいところなので、気を付けて…。

全トロッコの到着を待って、スタッフがポイントを切り替え再出発。運転にも慣れて、帰りは行きよりも風景を楽しむ余裕があるかも…。在りし日の美幸線に思いを馳せつつ、帰りも安全運転で楽しんで♪

旧仁宇布駅も見ていこう〜トロッコ以外のお楽しみにも注目!

旧仁宇布駅も見ていこう〜トロッコ以外のお楽しみにも注目!

写真:もんT

地図を見る

さて、トロッコ王国美深には、トロッコの運転以外にも見どころがあります。まず、受付のログハウス内には、美幸線に関する資料が数多く展示されています。また当時のままの仁宇布駅ホームのはずれには、583系型車両が1両留置されていて、中に入ることもできます。ちょっとした鉄道博物館ですね。

また、線路の向こうには羊の牧場があり、「チーズ工房羊飼い」にて、羊乳や羊のチーズが販売されています。そして王国入り口にある「コイブ」では、羊肉を使ったカレーライスや、羊乳のソフトクリームがおススメ。食べ物でも、北海道の自然の恵みを満喫しましょう。

最後に…

美幸線の線路跡を見事に再生させた「トロッコ王国美深」。廃線後も何とかして地域を活性化しようとした人々の熱意と、鉄道に対する思いが伝わってくる施設です。テーマパークのアトラクションとは一味も二味も違う、臨場感と爽快感をここでは味わえます。

トロッコ王国へは、公共の交通機関利用でもアクセス可能!事前の電話予約が必要ですが、名士バスがオンデマンドバスを、宗谷本線の美深駅から運行。終点の「仁宇布待合所」がトロッコ王国です。なお、美深駅の2階にも美幸線関連の写真や資料が数多く展示。鉄道ファンは、こちらもぜひお見逃しなく!

道北のユニークな観光スポット、トロッコ王国美深。道北を旅する時には、ぜひ立ち寄ってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ