遺跡?アート?街を見下ろす共同墓地「グラスゴー・ネクロポリス」

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

遺跡?アート?街を見下ろす共同墓地「グラスゴー・ネクロポリス」

遺跡?アート?街を見下ろす共同墓地「グラスゴー・ネクロポリス」

更新日:2016/06/23 17:17

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

イギリス・スコットランド最大の都市、グラスゴー。産業都市として有名ですが、イーストエンド周辺は古い街並みが残る歴史地区です。

その地区にある「Glasgow Necropolis(グラスゴー・ネクロポリス)」は、共同墓地なのに、墓地とは思えない場所です。遺跡と勘違いしてしまいそうな古さと、芸術作品のようなデザイン。訪れたなら「この場所はいったい何?」と驚くこと間違いありません。

駅から徒歩20分!街並みを見ながら、歩いて向かう

駅から徒歩20分!街並みを見ながら、歩いて向かう

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

グラスゴーのクイーン・ストリート駅から徒歩20分の小高い丘に、「グラスゴー・ネクロポリス」はあります。街の中心部にあたる、ブキャナン通りやジョージ・スクエアほどの人混みではありません。

クイーン・ストリート駅近くからバスで行くこともできますが、グラスゴーの街を歩いて散策しながら向かうのがおすすめです。所要時間は、バスも徒歩も20分程度です。

グラスゴーの街並みはとても美しく、街が辿ってきた歴史を感じるにはぴったりです。通りのところどころにあるアート作品も、見ていて楽しいですよ。

遺跡?いいえ共同墓地です。どこまでも広がる芝生と、たくさんのお墓

遺跡?いいえ共同墓地です。どこまでも広がる芝生と、たくさんのお墓

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

入り口から続く橋を渡ると、がっしりとした大きな神殿のようなものが出迎えてくれます。さらに上を見上げると、古さを感じる石造りのものがたくさんそびえたっています。これはもしかして遺跡?はたまた新進気鋭のアート作品?ここはいったい何なんだろうと、初めて訪れた人は考えをめぐらせることでしょう。

残念ながら、遺跡でもアート作品でもありません。「グラスゴー・ネクロポリス」は共同墓地です。丘の上に無数に並んでいるのは、すべてお墓なのです。

しかし、お墓特有のホラーな雰囲気を感じることはありません。現在約3万ものお墓がありながらも窮屈さはなく、芝生の上に座ってのんびりできるほどの開放感があります。晴れた日なら、思う存分リラックスできること間違いありません。

また、写真スポットとして多くの観光客が訪れる場所でもあり、地元の人がランニングやお散歩をする場所でもあります。お墓参り以外の目的で訪れている人が多くいます。

デザインはバリエーション豊か!お気に入りを探そう

デザインはバリエーション豊か!お気に入りを探そう

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

お墓のデザインは多種多様です。故人や聖人の像が一緒になったもの、見上げるほど大きなものまで、無数のお墓が集結しています。同じものは一つとしてありません。

いずれも故人の名前やプロフィール、功績などが記されています。これを読みながら、このお墓はいったい誰のものなのかを知るのも散策が楽しくなりますよ。

「グラスゴー大聖堂」撮影の穴場スポット!景色もしっかり楽しむ

「グラスゴー大聖堂」撮影の穴場スポット!景色もしっかり楽しむ

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

「グラスゴー・ネクロポリス」は、グラスゴーの高台にあります。そのため、街全体を見下ろすことができます。この景色を見ているだけでも、時間が過ぎるのを忘れてしまうほどのすばらしさです。

また、そばに建つ「グラスゴー大聖堂」の撮影スポットでもあります。グラスゴー大聖堂は7世紀に創建され、現在は13世紀ごろの姿をとどめています。グラスゴーの歴史を物語る建物のひとつです。

このゴシック様式の荘厳さを漂わせた大聖堂を、下から見上げるようにしてではなく、上から全体を撮影することができるのです。ガイドブックには載っていない、撮影の穴場スポットです。

散策には、動きやすい恰好を忘れずに!

「グラスゴー・ネクロポリス」の敷地内はとても広く、いたるところに急な坂道があります。また、駅からの道にも長く急な坂道があります。めいっぱい散策するなら、動きやすい恰好がおすすめです。

墓地なので入場料はかかりません。朝訪れれば朝焼けが、夕暮れ時なら夕日が、グラスゴーのすばらしい景色やお墓をノスタルジックに演出します。グラスゴーを訪れた際には、ぜひ足を伸ばしてみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -