ロンドン最新スポット!「テート・モダン/スイッチ・ハウス」で最高の眺望とアートな1日を

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ロンドン最新スポット!「テート・モダン/スイッチ・ハウス」で最高の眺望とアートな1日を

ロンドン最新スポット!「テート・モダン/スイッチ・ハウス」で最高の眺望とアートな1日を

更新日:2016/06/21 15:52

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

ロンドンの「テート・モダン」は、その武骨なブロックの外観に似合わない、近現代アートを扱う美術館。ミレニアム事業の一環として、2000年にオープンして以来、ローカル、旅行者を問わずに大人気の美術館です。

これまでは一つの建物で行っていた展示でしたが、2016年6月17日に新たな建物「スイッチ・ハウス」がオープン。しかも、無料展望台も併設しています。今ロンドンで1番アツいスポットをご案内します!

「ボイラー・ハウス」と「スイッチ・ハウス」

「ボイラー・ハウス」と「スイッチ・ハウス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

元々は発電所だった建物を再利用して建てられた「テート・モダン(Tate Modern)」は、サウス・バンク地区と呼ばれる、テムズ川南岸にあります。目の前には、同じくミレニアム事業で建築された「ミレニアム・ブリッジ」があり、その先にはバチカンの次に大きいドームを持つ「セント・ポール大聖堂」があります。アート好きでなくとも、観光や写真撮影にはピッタリの場所です。

写真は2000年にオープンした「ボイラー・ハウス」と呼ばれる展示エリアの正面入り口です。前述のように、発電所の建物を利用したため、今回紹介する、新しい展示エリアの建物は「スイッチ・ハウス」と呼ばれています。

イギリス人は建物に愛称を付けることが多いのですが、ウィットに富んでいて、どれも楽しい呼び名ですよね。

まずは、「スイッチ・ハウス」の無料展望台へ!

まずは、「スイッチ・ハウス」の無料展望台へ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

「スイッチ・ハウス」の最大の目玉は、やはり10階にある事前予約不要の無料展望台!「え?たった10階の高さ?」と思うかもしれませんが、美術館は1階分の天井も高いですし、テート・モダン周辺には、テムズ川の反対岸にあるセント・ポール大聖堂や、金融街シティの高層ビル群、また同じ岸側に位置する、超高層ビル「ザ・シャード」(写真右の尖った建物)などの景色を遮る高い建物はありません。写真のように晴れ間が覗く日は、期待以上の景色を臨めることでしょう。

なお、10階に上がるエレベーターは地下からのみアクセス可能です。スイッチ・ハウスの観覧順序は、まずは10階に上がって、階段(エレベーターはかなり混み合います)で1階ずつ下っていくのがベストです。

お勧めビューは「セント・ポール大聖堂」と「ミレニアム・ブリッジ」

お勧めビューは「セント・ポール大聖堂」と「ミレニアム・ブリッジ」

写真:藤谷 愛

地図を見る

これまでに、テート・モダンの古い煙突と、それよりもまだまだ古いセント・ポール大聖堂、それらに挟まれた、モダンなミレニアム・ブリッジの3つを、同時に高層から撮影するなどというのは、ドローンにしかできなかったことでしょう。ブリッジを歩く人たちが米粒のように小さく、たった10階ですが、かなりの高さを感じることができます。

このポイントでのお勧め時間は、晴れた日の日暮れの時間帯です。写真左側からオレンジ色の夕日を浴びる大聖堂は、絵画のような美しさになりますよ。

現代アートは体験型が大人気です

現代アートは体験型が大人気です

写真:藤谷 愛

地図を見る

テート・モダンは近・現代芸術を扱っているため、ルネッサンス期の宗教画など全くありません。アート見学が苦手な方でも、楽しめるものがたくさんあることでしょう。
オープンしたてなので、まだまだ短期展示のものが多いのが現状です。訪問前には何が展示されてあるのか、ウェブサイトでチェックされることをお勧めしますが、今回はオープン・ウィークの展示を一つ紹介します。

「あなたは、どんな未来が欲しいですか?」そんな質問から始まる展示。写真後方に写っているリボンを入り口で受け取り、リボンで先が見えない通路を進むと、4つの選択肢が書かれた壁が。今回選択したのは、「働くのと同じくらい遊ぶ将来」。その壁にリボンをくっつけます。そして、そこに積み重ねられたカードを一枚抜きとって確認。それが写真手前のカード。「その将来を現実のものとするために、このタスクをクリアしてください:来週1週間は、ランチブレイクに毎日違うことを行うこと。」

「う〜ん・・・何するかな?」考えちゃいますね。

明るい時間なら、最後に外観も確認

明るい時間なら、最後に外観も確認

写真:藤谷 愛

地図を見る

スイッチ・ハウスがあるのは、これまでのテート・モダン/ボイラー・ハウスの裏側となり、こちらをメインで訪問するなら、最寄りの地下鉄駅は「サザーク(Southwark)」となります。

内部からはあまり感じませんが、外観は、奇妙な形にツイストしたレンガの建物です。近隣には、モダンな「億ション」が並び、レンガ張りの古めかしい建物と一線を画しているのも、興味深いコントラストです。建築関係に興味がある方なら、ぜひテート・モダンの周囲を一周りしてみることもお勧めします。

無料な上に満足感も高い美術館

美術館というとアートだけのイメージですが、展望台が併設されていることは、旅行者には嬉しい限りですよね。ロンドンで2番目の無料ビュースポット、「スイッチ・ハウス」で最高のショットを撮ってくださいね。

*もう少し高さのあるビュースポットを希望の方は、同じく無料観覧の裏技を説明した「スカイ・ガーデン」の記事を下のMEMOから確認してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ