台湾の朝ご飯♪高雄老舗「興隆居」の肉まんは地元で大人気!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾の朝ご飯♪高雄老舗「興隆居」の肉まんは地元で大人気!

台湾の朝ご飯♪高雄老舗「興隆居」の肉まんは地元で大人気!

更新日:2018/07/24 12:08

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾といえば、蒸かしたての肉まんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、あつあつ蒸かしたての肉まんが大人気のお店「興隆居」。店頭のせいろで蒸かしている肉まんが飛ぶように売れていきます。地元で朝から大行列ができる人気の老舗へご案内します!

「興隆居」

「興隆居」

写真:湯山 千里

地図を見る

1954年創業の老舗「興隆居」は、高雄市地下鉄オレンジライン市議会駅1番出口を出て、徒歩2〜3分のところにあります。営業時間はなんと早朝3時から!ですが、朝ご飯屋さんのため、午前11時までなので、早めに行きましょう。

肉まんの列と奥のセルフサービスで選んで会計をする列に分かれています。まずは左側の肉まんの列に並んで何個買うかを伝えます。

店頭で手作り&蒸かしたて

店頭で手作り&蒸かしたて

写真:湯山 千里

地図を見る

店頭にはせいろが並べられ、隣では手作りの肉まんをせいろに手際よく並べていくところが見られます。こちらの肉まんは中国語で「湯包」(一つ15元(日本円約53円))。「湯包」というと小籠包を思い浮かべられる方も多いと思いますが、こちらの「湯包」は小籠包ではないんです。「湯包」の「湯」はスープの意味なので、「スープ入り肉まん」です。中を開けるとあつあつのスープが包まれています。

サイズは小さめ

サイズは小さめ

写真:湯山 千里

地図を見る

サイズは小籠包よりは大きいですが、普通の肉まんよりは小さいサイズなので、少食の方でも二つは食べられます。並んでいるそばから飛ぶように売れていくので、あつあつ、蒸かしたてのものを買うことができます。

「焼餅」もあります!

「焼餅」もあります!

写真:湯山 千里

地図を見る

中華パンの一種である「焼餅」もあります。「焼餅」は、小麦粉をこねた生地を釜で焼いた乾いたパンで、そのままで、または中に具を挟んで食べます。こちらも朝食の定番です。「興隆居」オリジナル「焼餅」は、野菜&果物入りのベジタリアン「生菜焼餅」。スプラウトやキュウリ、トマト、グァバなどが入っています。ヘルシーでグァバ入りのため南国の味がする「生菜焼餅」は一つ30元(日本円約105円)です。「生菜焼餅」はここだけのオリジナルなので、肉まんと合わせて是非味わってみてくださいね!

伝統的な朝食

伝統的な朝食

写真:湯山 千里

地図を見る

「興隆居」ではこの他にも油條(中華揚げパン)や 蘿蔔糕(大根餅)、蛋餅(卵巻きクレープ)などが味わえます。セルフサービス式の列に並んでいるものは直接トレイに載せてお会計の所へ持って行きます。置いていないものと飲み物は直接オーダーしてくださいね。

豆漿(豆乳)や米漿(お米とピーナッツが原料の飲み物)と合わせれば、台湾の伝統的な朝ごはんが味わえます。お会計コーナーの後ろには調味料コーナーがあるので、醤油、辛いソースなどはそちらでどうぞ。店内には席がありますが、席が多くなく、混雑することが多いので、ゆっくり食べたい方はテイクアウトがおススメですが、朝ご飯屋さんとあって、回転も早いので、その場で食べたい方は少し待ってみてくださいね。

地元で大行列!人気朝ごはん屋「興隆居」

外の看板にもかかれている看板メニュー「湯包」「焼餅」を是非オーダーしてみてくださいね。皆さんもお店で蒸かしたての大人気メニューを味わってみませんか。台湾の伝統的な朝ご飯を地元の人にまざって楽しんだら、きっと特別な思い出になるはずです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -