カモメと一緒!佐渡汽船フェリー「ときわ丸」で佐渡両津港へ

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カモメと一緒!佐渡汽船フェリー「ときわ丸」で佐渡両津港へ

カモメと一緒!佐渡汽船フェリー「ときわ丸」で佐渡両津港へ

更新日:2017/06/06 18:28

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員

新潟港と佐渡両津港を結ぶフェリー「ときわ丸」は、平成26年建造の最新鋭船。ときわ丸での移動は、シティホテルのようなオシャレなスペースで過ごす寛ぎの時間です。驚くほどの数のカモメが新潟港から両津港迄、デッキ近くや空高く飛行し乗客を楽しませてくれます。両津港は、歴史、自然、文化遺跡、農業遺産、スポーツなどさまざまな分野の佐渡訪問客を迎える玄関口。ときわ丸での船旅と佐渡両津港の魅力をご紹介します。

シティホテルのような船内

シティホテルのような船内

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

佐渡両津港は、新潟港からフェリーで2時間30分。気軽に船旅を満喫するにはちょうどいい時間です。ときわ丸船内(写真)は、温かみのある茶系統のじゅうたんと、木調インテリアが施され、シティホテルのような空間です。

シティホテルのような船内

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

船室は2等、1等、特等、スィートとありますが、従来のフェリーのイメージを越えた寛ぎ空間となっています。2等じゅうたんエリアは化粧ガラスで仕切られ、左右海側にオシャレなテーブル付2人席が並びます。横になって良し、腰かけて良しの空間。自由席の2等イス席もあります。

シティホテルのような船内

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

1等はイス席とじゅうたんに布団がしかれた一等室。イス席・一等室は全指定。イス席はビジネスクラスの上を行くフルフラット仕様です。特等は、個室にベッドがついており、究極の休息が取れます。更にスィートは、ベッド付き個室にゆったりの応接セットがついた極上空間となります。いずれのクラスでも2時間30分を休息と寛ぎの時間を存分に楽しめます。キッズルームやゲームコーナー、授乳室、売店、軽食やお酒も飲めるスナックコーナーもあり充実の船内設備です。

ずっと一緒のカモメたちに癒されます

ずっと一緒のカモメたちに癒されます

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

新潟港出港時に数百羽のカモメがフェリーと一緒に飛び立ちます。カモメたちがフェリーを見送るばかりか、船の横、上、下部を飛行しながら両津港まで一緒に旅します。デッキに出て、カモメたちと間近にアイコンタクトしてみてはいかがでしょう。中にはこちらに顔を向け挨拶するカモメもいて、とても癒されますよ。

ずっと一緒のカモメたちに癒されます

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

途中、両津港と新潟港をわずか65分で結ぶ高速船、ジェットフォイル(写真)とすれ違います。時速80kmのジェットフォイルは、水しぶきと航跡を残し、あっという間に視野から消えていきます。帰路はジェットフォイルに乗ってみてはいかがでしょう。高速船にもかかわらず、殆ど振動もなくすべるように走ります。急ぐ方にうってつけのすぐれた船です。

ずっと一緒のカモメたちに癒されます

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

カモメと一緒のときわ丸では、ジェットフォイル船の航跡にカモメたちが笑顔を作って挨拶してくれますよ。

両津港ターミナルでときわ丸を見ながら絶品ランチ!

両津港ターミナルでときわ丸を見ながら絶品ランチ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

フェリー船の場合、狭い屋根付き通路などを歩くため、乗船時に船体を眺めることが難しくなってしまいます。そんな時は、下船時に船体を眺められる場所をさがします。佐渡両津港ターミナルでは、到着後、2階と3階フロアーから船を眺めることができます。

両津港ターミナルでときわ丸を見ながら絶品ランチ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

午前中に新潟港を出港する便では、佐渡到着がランチタイム。両津港ターミナル内にレストランや食事処が多数ありますが、おススメは、3階「食事処よろこんで」の「ぶり漬け丼」(税別¥950)。時間がない方には特におススメです。特急スピードで出てくる上に、佐渡で獲れる、あぶらがのったぶりの大きな刺し身の漬けを、幾重にもどんぶりにのせた逸品!どんぶりと刺し身の大きさを見比べてみてください。

正面に、乗ってきたばかりのときわ丸を眺めるテーブル席もあるので、船を眺めながらの食事も可能。佐渡は、ぶりもマグロも獲れる恵まれた漁場です。

両津港にあるお土産物街「シータウン商店街」

両津港にあるお土産物街「シータウン商店街」

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

両津港ターミナルから外へ出る前に2階にあるにぎやかなお土産物街「シータウン商店街」を歩いてみてはいかがでしょう。佐渡の名物などが一堂に並ぶ名店街になっているので、ざっと眺めておくと帰路、時間がない場合に目当てのお土産品を迷わず購入できます。土産物や飾りつけでシータウン商店街はとってもカラフル!一見の価値ありです。

「さどまる倶楽部会員」になって佐渡を応援しよう

「さどまる倶楽部会員」になって佐渡を応援しよう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

佐渡を訪問する方にご紹介したいのが「さどまる倶楽部会員制度」です。佐渡を応援してくれる方に佐渡市が会員証を発行するサポーター制度です。メリットは様々あり、佐渡汽船、宿泊、レンタカーなどの特別割引が得られたり、会員証を提示すると、佐渡市運営施設(例:「トキの森公園(トキの繁殖や放鳥活動)」や、両津港のときわ丸桟橋から徒歩5分の「あいぽーと佐渡(写真:佐渡の歴史など展示)」)の入場料が無料になったりします。又、数多くの協賛店で割引やプレゼントがもらえるなどうれしいサービスが一杯です。これまでの「佐渡準市民登録制度」からこちらに変更になりました。インターネットで申請するだけで簡単に登録できるので、申請してみてはいかがでしょう。登録は無料でメリットが大きいので佐渡訪問前に登録をおススメします。

おわりに

佐渡両津港までの寛ぎの船旅はいかがでしたか?両津港で絶品ランチを食べたら、早速佐渡観光に出発しましょう。「さどまる倶楽部会員証」を忘れずに!

関連情報をMEMO欄に入れておきます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/21−2016/06/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ