静岡「グランドホテル浜松」“闘将・家康公カレー”で勝利を!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

静岡「グランドホテル浜松」“闘将・家康公カレー”で勝利を!

静岡「グランドホテル浜松」“闘将・家康公カレー”で勝利を!

更新日:2017/11/30 18:32

KISHI Satoruのプロフィール写真 KISHI Satoru 岬の狩人、伝記研究者、旅するパンクス

弱小大名から天下人へと駆け上った徳川家康。浜松城時代に天下統一のための布石を固めきったと伝わっています。そんな家康公にあやかり、大切な試験や重要な商談の前に食べておきたい“闘将・家康公カレー”。
静岡「グランドホテル浜松」の伝統のカレーに家康公ゆかりの食材を贅沢に使った勝者のための一皿。“闘将・家康公カレー”と共に「グランドホテル浜松」を御紹介致します。

「グランドホテル浜松」の概要と歴史

「グランドホテル浜松」の概要と歴史

写真:KISHI Satoru

地図を見る

静岡県浜松市にある「グランドホテル浜松」は、1929年(昭和4年)に開業した料亭“聴涛館(ちょうとうかん)”から始まりました。当時、浜松市内には宿泊施設があまり無く、1952年(昭和27年)に旅館業を開業。また遠くから訪れる方々にも、ゆったりと過ごせるようにと1968年(昭和43年)都市型ホテルをオープンしました。

左側が「グランドホテル浜松」の旧館で、右側が新館。その新館の手前にあるのが“聴涛館”となっています。その他にも「グランドホテル浜松」では、黒毛和牛としゃぶしゃぶのお店“いなんば”、中国料理の“朱茂琳(つもりん)”、レストラン“ロチェスター”など人気の店舗が揃っています。

落ち着いた雰囲気の館内と客室

落ち着いた雰囲気の館内と客室

写真:KISHI Satoru

地図を見る

思わず立ち止まってしまう、新館2階にある“アトリウムロビー”。12階までの吹き抜けの構造により、非常に開放的な空間となっています。中央には中庭風のチャペルがあり、その周りには浜松の主要な産業である車、オートバイ、楽器などの展示ショールーム。一般的なホテルのロビーでは体験できない、見所満載のスポットです。

また「グランドホテル浜松」は小高い丘の上という立地。そのため、吹き抜けのロビーを中心に配置された客室内からは、浜松の景観を楽しめるのもポイントの一つです。落ち着いた雰囲気の客室で、のんびりと寛いでみてはいかがでしょうか。

“闘将・家康公カレー”とヤマヤ醤油の“浜納豆”

“闘将・家康公カレー”とヤマヤ醤油の“浜納豆”

提供元:グランドホテル浜松

http://www.grandhotel.jp/hamamatsu/地図を見る

徳川家康(1543年〜1616年)も好んで食したと言われる“浜納豆”。納豆菌ではなく麹菌を用いた味噌に近い味のする古くより伝わる発酵食品の一つです。
2015年(平成27年)の家康公の顕彰400年を記念して「グランドホテル浜松」の伝統のカレーと、地元・浜松のヤマヤ醤油の“浜納豆”がコラボレーションして、“闘将・家康公カレー”が誕生しました。

鷹を用いて他の鳥類や哺乳類を捕らえる狩猟の一種である鷹狩りを愛した徳川家康にちなんで、カレーの具材には鴨肉をレシピに採用。コクのある“浜納豆”と浜松特産の食材とが絶妙に調和したキーマカレー風のカレー・ルーとなっています。

白米には茶葉の粉末で徳川の家紋もデザインされ、目でも楽しめるパワーディッシュです。

観光の拠点に最適!24時間・無料の立体駐車場

観光の拠点に最適!24時間・無料の立体駐車場

写真:KISHI Satoru

地図を見る

徳川家康ゆかりの“浜松城”や“五社神社”のある浜松。近年では2017年(平成29年)のNHK大河ドラマの影響もあり女城主・井伊直虎ゆかりの場所もクローズアップされています。

そんな豊富な観光スポットが点在する浜松を充分に巡る事ができるように、「グランドホテル浜松」では約300台収容可能な立体駐車場が完備。24時間・無料で利用でき、観光の拠点にピッタリの設備が整っているもの注目のポイントです。

“闘将・家康公カレー”と“五社神社”の絵馬が付いた宿泊プランでは、オンラインゲームの戦国IXA(イクサ)とコラボした“五社神社”の祈願絵馬がチェックイン時にプレゼントされます。今までの徳川家康のイメージをガラリと変えた、絵馬に描かれたその姿を是非、御覧下さい。

「グランドホテル浜松」の最上階12階“ロチェスター”にて“天守の朝餉”

「グランドホテル浜松」の最上階12階“ロチェスター”にて“天守の朝餉”

提供元:グランドホテル浜松

http://www.grandhotel.jp/hamamatsu/地図を見る

「グランドホテル浜松」の12階にレストラン“ロチェスター”が誕生した2015年(平成27年)は、徳川家康の400年祭という特別な年。そして浜松は家康公の天下取りの拠点となった土地。

この特別な縁を思う存分に味わえるのが“天守の朝餉(あさげ)”です。縁起の良さを重視した結びの神に由来する、おむすび“常勝結び”、または静岡の特産のお茶にも因んだ“出陣茶漬け”が味わえます。

その他にも、“克己のとろろ”、“縁起茄子”など家康公の哲学に触れられる品々が揃っています。メニューに関する逸話や背景なども一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

静岡県浜松市「グランドホテル浜松」の“闘将・家康公カレー”のまとめ

「グランドホテル浜松」から歩いて約15分の場所にある“五社神社”。家康、秀忠、家光と徳川三代将軍とゆかりがある神社なので、散歩を兼ねてお参りしてみてはいかがでしょうか。

浜松の食材を活かした“闘将・家康公カレー”。大事な試験や重要な商談の前に、天下人・徳川家康にあやかって、さらに自らを鼓舞してみましょう。

以上、徳川家康ゆかりのメニュー“闘将・家康公カレー”や“天守の朝餉”を中心に静岡県浜松市「グランドホテル浜松」の御紹介でした。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ