由布院から長者原まで高原を駆け抜ける!大分県「やまなみハイウェイ」

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

由布院から長者原まで高原を駆け抜ける!大分県「やまなみハイウェイ」

由布院から長者原まで高原を駆け抜ける!大分県「やまなみハイウェイ」

更新日:2016/07/15 14:41

肥後 球磨門のプロフィール写真 肥後 球磨門

大分県別府市と熊本県阿蘇市を結ぶ県道11号(別府阿蘇一の宮線)は別名「やまなみハイウェイ」と呼ばれ、九州で有名なドライブコースです。大分県側のコースには由布院温泉のシンボル「由布岳」の登山口や由布院盆地を見渡せる「蛇越峠」、そして久住連山が眼前に迫る展望台があります。長者原では周囲に広がるタデ湿原の中を噴煙が上がる硫黄山に向かって駆け抜けます。絶景が広がる「やまなみハイウェイ」を紹介します。

登山口から見る由布院温泉のシンボル「由布岳」

登山口から見る由布院温泉のシンボル「由布岳」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

大分自動車道別府ICから「やまなみハイウェイ」を由布院温泉方面へおよそ20分ほどドライブすると由布院温泉のシンボル「由布岳」の登山口に到着します。山全体が「阿蘇くじゅう国立公園」に指定され、山頂が、東峰(1582m)と西峰(1584)に分かれた独特の特徴を持つ山で、豊後富士とも称される美しい山です。

別府方面からアクセスすると目の前に視界が開け、草原の中にそびえ立つ由布岳が飛び込んできます。美しい風景に目を奪われ、わき見運転するのは絶対に止めましょう。登山口には駐車スペースがあるので車を停めてゆっくりと由布岳の美しさを堪能してください。
もちろん健脚には登山もおススメ。およそ4時間ほどで往復できますが、初心者の方は鎖場の無い比較的容易な東峰に登ることをお勧めします。

由布院盆地を一望「蛇越峠」

由布院盆地を一望「蛇越峠」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

由布岳登山口から由布院温泉街を抜け20分ほどドライブすると、その昔、女性に化身していた大蛇が峠を越えたという大蛇伝説が伝わる「蛇越(じゃこし)峠」に到着します。ここからは、由布岳をバックに由布院盆地が一望でき、条件がよい早朝には、由布院盆地がすっぽり霧の中に沈む「朝霧」を見ることができます。

由布院盆地の朝霧は由布岳麓の「狭霧(さぎり)台」からも見ることができますが、由布岳を背景に見える蛇越峠からがおススメです。朝霧が日の出とともに徐々に薄まっていき由布院盆地が徐々に現れてくる光景はとても神秘的で感動します。早起きして由布院名物の朝霧見物をしてみてはいかがでしょうか。

※ 2016年7月現在 狭霧台展望所は熊本地震で駐車場に亀裂が入り立ち入り禁止になっています。

昭和天皇もご覧になった久住連山「朝日台展望所」

昭和天皇もご覧になった久住連山「朝日台展望所」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

やまなみハイウェイを蛇越峠から熊本方面へ森林地帯を10分ほどドライブすると朝日台に到着します。ここは標高1000mの場所にあり、涌蓋(わいた)山、黒岩山、三俣(みまた)山、星生(ほっしょう)山など標高1500mを超える久住(くじゅう)連山を一望できます。
くじゅう連山を背景に長閑な風景が広がるこの場所はドライブ途中の一息に最適で、昭和天皇もこの地で同じ風景を愉しんだという碑が建っています。

展望所には「朝日台レストハウス」があり、食事をしたりお土産を買うこともできます。ここの搾りたての「新鮮高原牛乳」で作ったソフトクリームはとても濃厚で美味しく人気があり、ドライブ途中の一息におススメの一品です。

高速道路ではありません!速度に注意してください「飯田高原」

高速道路ではありません!速度に注意してください「飯田高原」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

朝日台を通過すると森林地帯を走るワイディングロードも終わり、飯田(はんだ)高原へ進入します。ウェスタン牧場の「エル・ランチョ・グランデ」の入り口から「くじゅう自然動物園」の入り口あたりまで、高原を駆け抜ける約2kmの直線道路が続くので、ついついアクセルを踏み込んでしまいます。「やまなみハイウェイ」と「ハイウェイ」はついているものの一般県道なので制限速度を守り、安全運転を心がけましょう。

この道路沿いには榎木孝明美術館や、農作業中に両腕を失った画家の大野勝彦美術館もあるので、スピードをゆるめて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

やまなみハイウェイのベストポイント「長者原」

やまなみハイウェイのベストポイント「長者原」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

飯田高原の直線道路を過ぎると数分で、噴煙を上げる硫黄山が迫る長者原に到着します。長者原は、久住連山の主要な登山口のひとつで、ビジターセンターや大きな駐車場が整備されています。硫黄山の噴煙を前に見て左手には「タデ原湿原」が広がっています。湿原には木で作られた道が整備されているので、久住連山の大パノラマを背景に湿原を散策し、大自然の空気に触れみてはいかがでしょうか。

長者原ビジターセンターでは、久住連山のジオラマの展示やビデオによる阿蘇くじゅう国立公園くじゅう地区の紹介が行われているので時間があれば入館をおススメします。

高原を駆け抜けて自然を感じる「やまなみハイウェイ」

いかがでしたか、大分県の高原をドライブする旅。
やまなみハイウェイから少し横道に入れば「小田池」やパワースポットの「男池」、そして「夢の大吊り橋」などの観光スポットも近くにあります。

冬場はまれに積雪のため通行止めになることもありますが、雪化粧や緑の草原、そして秋はススキで黄金色に染まるやまなみハイウェイを是非駆け抜けてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ