鳥になった気分!空とバンコクに一番近い透明な海「シーチャン島」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鳥になった気分!空とバンコクに一番近い透明な海「シーチャン島」

鳥になった気分!空とバンコクに一番近い透明な海「シーチャン島」

更新日:2016/07/04 17:38

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

「サメット島」「ラーン島(パタヤ)」は、タイ・バンコクに近い絶景のビーチリゾート観光地として人気。しかし、もっともっと近い場所に、透明な海に満ちあふれた絶景のビーチがあるのをご存知でしょうか?

その絶景の海がある島が「シーチャン島」。観光ガイド本として有名な『地球の歩き方』にも載っていない秘島です。バンコクに一番近く、外国人観光客の姿がほとんど見られない超穴場の絶景ビーチを訪ねてみませんか?

バンコク近郊!透明感あふれる絶景のビーチ

バンコク近郊!透明感あふれる絶景のビーチ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「シーチャン島」があるのは、タイの首都バンコクと、パタヤのほぼ中間にあるシーラーチャー。多くの日本人にはなじみのない小さな港街ですが、日系企業が多く進出し、世界でも有数の日本人街となっています。

海岸には、“タイの江の島”として「ロイ島」があり、市民の憩いのスポットとして人気。しかし、ロイ島の沖合には、「シーチャン島」と呼ばれる南北に細長い島があり、ご覧のような透明感あふれる絶景のビーチを楽しむことができます。

空を飛んでいるような浮遊感!鳥になったような開放感!

空を飛んでいるような浮遊感!鳥になったような開放感!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

いかがでしょうか?バンコクから一番近い島で、これほどまでに透明感に満ちあふれた海は他にありません。バンコクからほんの近くに、こんなに絶景のビーチが広がっているなんて!

そんな「シーチャン島」は、絶好のシュノーケル・ダイビングスポット。あまりにも海が透き通り、シュノーケリングを楽しんでいると、空を飛んでいるような浮遊感!まるで鳥になったような開放感がたまらない。

ほとんど誰もいない絶景のビーチ!

ほとんど誰もいない絶景のビーチ!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

まったく手つかずの自然が残るのが「シーチャン島」の大きな魅力。タイで有名な人気ビーチリゾート観光地といえば「プーケット島」「サムイ島」を思い浮かべる方は多いと思います。

しかし、この「シーチャン島」はまったくと言っていいほど観光化されておらず、「サメット島」や「ラーン島」と比べても遥かに素朴で、のどかなタイ人の暮らしが見られるだけ。外国人観光客の姿はほとんどなく、タイ人カップルや家族がビーチでのんびりしています。しかも、ほとんど誰の姿もなく、とても静か!

透明な海の青さが素晴らしい!タンパンビーチはおすすめ

透明な海の青さが素晴らしい!タンパンビーチはおすすめ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

観光ガイド本で有名な『地球の歩き方』にも、「シーチャン島」が載っていないのは、実は島を取り囲む海岸の多くが岩場ということ。釣りに適した場所はたくさんありますが、海水浴が楽しめる砂浜が少ないのです。

そんな中で、白いビーチと青い海を楽しむことができる数少ないビーチが、こちらの「タンパンビーチ」(Tham Phang Beach)。純白の砂には岩場が点在し、深く透き通る海の青いグラデーションがなんとも素晴らしい!

秘島のビーチで、何もしない休日を

秘島のビーチで、何もしない休日を

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「タンパンビーチ」は、タイ人でもほとんどの人が知らない秘島のビーチ。ホテルは、小さな素朴なバンガローがあるだけ。

屋台のチャーハンや焼き鳥は、サメット島やラーン島と比べようがないほど安い!掘っ立て小屋のような売店には、浮き輪や水着がほんの少し売られている程度。昔ながらのタイの風景が心地いい。

何もないビーチで、透明な海と遊び、ほとんど人のいないビーチで静かな、何もしない休日を過ごしたい。そんな方におすすめの手軽で、絶景なビーチが「タンパンビーチ」です。

おわりに

バンコクから「シーチャン島」に行くには、東バスターミナル(エカマイ)に乗り、まずはるシーラーチャーへ。オート三輪のトゥクトゥクを使って、「ロイ島」にある桟橋へ向かいます。

「シーチャン島」へは定期船で約50分。島内でさらにトゥクトゥクに乗り込み、「タンパンビーチ」へ移動します。

バンコクから抜群にアクセスが良く、混雑していないことが最大の特徴。年末年始や祝日で、サメット島やラーン島、パタヤが混んでいて、「どこにも泊まるホテルがない」といった時には、ぜひ「シーチャン島」を訪れてみて下さい。

また、シーラーチャーは安くておいしいシーフード店が多く、素朴なナイトマーケットも楽しむことができます。これについてもご紹介していますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ