地中海に浮かぶマヨルカ島!旧跡巡りも楽しい「パルマ・デ・マヨルカ」の街

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地中海に浮かぶマヨルカ島!旧跡巡りも楽しい「パルマ・デ・マヨルカ」の街

地中海に浮かぶマヨルカ島!旧跡巡りも楽しい「パルマ・デ・マヨルカ」の街

更新日:2016/06/28 16:52

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

地中海に浮かぶマヨルカ島は、スペイン王室が夏を過ごすことで知られるセレブなリゾートアイランド。マヨルカ島の魅力は、美しい海やビーチといった自然の美しさに加え、文化的な見所も多いというところ。特に、マヨルカ島の主都「パルマ・デ・マヨルカ」には中世の雰囲気たっぷりの旧市街が広がっており、旧跡巡りや街歩きといった文化的な楽しみがいっぱい!今回は「パルマ・デ・マヨルカ」の魅力をたっぷりとご紹介します。

旧跡巡りはまずはここから!壮大なカテドラルとアルムダイナ宮殿

旧跡巡りはまずはここから!壮大なカテドラルとアルムダイナ宮殿

写真:高田 真美

地図を見る

パルマ・デ・マヨルカ (Palma de Mallorca) の旧市街を訪れると、まずドーンと目に入ってくるのが、海を見下ろす高台に建っている壮大なカテドラル(大聖堂)です。イスラム勢力からマヨルカ島を奪回したハイメ1世により1229年に建設が開始され、約400年もの歳月をかけて完成したというゴシック様式の美しいカテドラル。20世紀に行われた改装には、あのガウディも関わっていたため、カテドラル内部には、ガウディやその弟子たちによる一風変わった装飾も見られます。特に、中央祭壇の天蓋飾りはいかにもガウディらしいデザインで必見です。

そして、このカテドラルのすぐ隣に建っているのがアルムダイナ宮殿。もともとアラブの要塞だった建物を14世紀に改修して宮殿にしたものです。現在もスペイン国王の公邸の1つとして公式行事などに使われている宮殿ですが、かつての王の居室や広間などは一般に公開されており、有料で見学できるようになっています。

パルマ湾を一望!城壁の上を歩いてみよう

パルマ湾を一望!城壁の上を歩いてみよう

写真:高田 真美

地図を見る

中世のパルマ・デ・マヨルカは、周りをぐるりと城壁で囲まれた城塞都市でした。19世紀に入ると、街を拡張するために、内陸部の城壁は次々と取り壊されてしまいましたが、海沿いには今でも中世の城壁が見事に残っています。カテドラルとアルムダイナ宮殿の見学を終えたら、是非アルムダイナ宮殿から東へと続く城壁の上を歩いてみてください。お堀を思わせるような美しい池や噴水、そしてパルマ湾のパノラマが広がる、正に絶景の散歩道です。

迷路のような旧市街を気ままに散策

迷路のような旧市街を気ままに散策

写真:高田 真美

地図を見る

城壁の上のパノラマ散歩を楽しんだら、今度は、城壁の内側に広がる旧市街の散策へと繰り出しましょう!パルマ・デ・マヨルカの旧市街はわずか1キロ四方ほどの広さですが、細い路地が迷路のように入り組んでいるため、歩けば歩くほど新しい発見があります。

面白いのは、旧市街の中でもエリアによって様々な表情を持っていること。美しい建物や高級ブティックが並ぶエレガントなエリア、ひっそりとした中世の趣を残すエリア、細い路地にお洒落なバーやレストランがひしめくトレンディなエリア、アラブ浴場跡などイスラム統治時代の面影を残すエリア、地元の人たちで賑わう大衆的な雰囲気のエリアなど。治安も良いので、思いのまま歩き回って、お気に入りのエリアを見つけてみてくださいね!

古い風車が並ぶジョンケ地区と港町の趣が残るサンタカタリーナ地区

古い風車が並ぶジョンケ地区と港町の趣が残るサンタカタリーナ地区

写真:高田 真美

地図を見る

旧市街の散策を終えたら、海沿いの大通りを西へ向かって歩いてみましょう。パルマ湾に停泊するヨットやクルーザーを眺めながら歩いて行くと、右手の高台の上に風車が並んでいるのが見えてきます。スペインの風車というと、ラ・マンチャ地方を思い浮かべる方も多いかと思いますが、マヨルカ島でも古くから、粉を挽いたり水を汲み上げたりするために風車が用いられてきました。パルマ湾を見下ろす高台に並んでいる風車も、17世紀頃に建てられたものと言われています。

風車が並ぶジョンケ地区 (Es Jonquet) は、その昔、漁師や船乗りたちが住んでいたエリア。今でも当時を思わせる質素な家屋がひっそりと建ち並び、鄙びた雰囲気が残っています。また、ジョンケ地区の北に隣接するサンタカタリーナ地区 (Santa Catalina) は、港町の趣を残しながらも、個性的なバーやレストランが数多く並ぶエリアとして知られています。

マヨルカ名物の渦巻きパン「エンサイマーダ」

マヨルカ名物の渦巻きパン「エンサイマーダ」

写真:高田 真美

地図を見る

マヨルカ島を訪れたら、是非食べてみてほしいのが、マヨルカ名物の「エンサイマーダ」。エンサイマーダ(Ensaimada)は生地にラードをたっぷりと使った渦巻き型のパンです。ラードと聞くと、胃に重くもたれそうなイメージを持つかもしれませんが、エンサイマーダは軽くてふわっふわ!ブリオッシュのようにほんのりとした甘みがあり、止み付きになる美味しさですよ!

エンサイマーダの他にも、マヨルカ島の食文化に興味がある方は、旧市街のスペイン広場の近くにあるオリバル市場 (Mercat de l’Olivar) にも是非足を運んでみてください。地中海ならではの豊富な魚介類、新鮮な野菜、ハムやチーズ、オリーブの塩漬けといった加工食品の専門店が、広い市場内に所狭しと並んでいます。マヨルカ島の塩やオリーブオイルといったお土産になるものも売っていますよ!

最後に

マヨルカ島はヨーロッパ屈指のリゾート地として知られていますが、南フランスやイタリアの地中海のリゾート地と比べると、物価が安いのも魅力です。海辺のリゾートだけでなく、街歩きも楽しい場所ですので、是非ゆっくりと長めに滞在して、マヨルカ島の魅力を満喫してくださいね。

マヨルカ島へは、スペインのバルセロナやバレンシアからフェリーや高速船も出ていますが、船は時間もかかりますし、天候にも左右されますので、飛行機でのアクセスがおすすめです。飛行機の場合、バルセロナからだと1時間弱。(バルセロナ以外のスペイン各地からも数多くのフライトあり。)また、ヨーロッパ各国からも数多くのフライトが就航していますので、スペインを経由せずにヨーロッパ各地から直接アクセスすることも可能です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/23−2016/05/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -