プチプラ雑貨&お土産天国!シェムリアップ「ナイトマーケット」

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

プチプラ雑貨&お土産天国!シェムリアップ「ナイトマーケット」

プチプラ雑貨&お土産天国!シェムリアップ「ナイトマーケット」

更新日:2017/12/01 10:15

まつり はるこのプロフィール写真 まつり はるこ 編集者

アンコールワットで知られるカンボジア・シェムリアップ。夜になるといくつかのナイトマーケットがたち、旅行者がそぞろ歩きを楽しみます。ザ・お土産といった風情の物から、女子ウケ抜群の洗練された雑貨まで揃い、お値段もプチプラ!お店の人のと交渉を楽しみながら、夜のショッピングを満喫しましょう!

シェムリアップ「ナイトマーケット」の場所や特長って?

シェムリアップ「ナイトマーケット」の場所や特長って?

写真:まつり はるこ

地図を見る

シェムリアップ市内の中心部であるパブストリート周辺には、主に5つのナイトマーケットがあります。

1.アンコール・ナイトマーケット
目抜き通りであるシヴァタ通りからナイトマーケットストリートを入った突き当り。2000年代前半に営業を始め、シェムリアップのナイトマーケット文化はここから始まったというところです。
アクセサリーやTシャツ、バッグなど品揃えも豊富で、他のナイトマーケットよりも洗練されたデザインや品質のものが多いのが特徴。女性には特におすすめです。

2.ヌーン・ナイトマーケット
先にご紹介したアンコール・ナイトマーケットのすぐ近くで、シヴァタ通り沿いと、ナイトマーケットストリート(写真)に入口があります。店舗がギッシリと密集していて“市場感”満載。特に衣類が充実しているので、お土産用に大量買いしたいという人は覗いてみるべき!

3.シェムリアップ・ナイトマーケット
シヴァタ通り沿いにあり、小規模ですが歩きやすいナイトマーケットです。屋根付きなので雨の日でも嬉しい!

4.BBナイトマーケット
シェムリアップ随一の繁華街「パブストリート」からすぐという立地で、食事や夜遊びの途中にふらりと立ち寄りやすいのが特徴。民芸品やTシャツなど、ど定番のお土産を扱うお店がズラリと並びます。ここも屋根があるので、雨の日でも安心。

5.シェムリアップ・アートセンター・ナイトマーケット
オールドマーケットからすぐの、シェムリアップ川を越えたところに広がるナイトマーケット。広い敷地には貴金属から定番土産までギッシリとお店が並びます。マッサージやドクターフィッシュを楽しめる所も。

これら5つのナイトマーケットはいずれも、パブストリートから徒歩5分圏内。ほろ酔いでそぞろ歩きを楽しむにはピッタリな規模感です。

まずは定番のカンボジア雑貨を見てみよう

まずは定番のカンボジア雑貨を見てみよう

写真:まつり はるこ

地図を見る

さまざまな商品が並ぶナイトマーケット。一番多いのはやはり定番のカンボジア雑貨です。写真のようなカラフルな漆器は、どこのナイトマーケットでも取り扱っているので、ぜひ見てみましょう。大きさも色使いも、蓋の有無や形もいろいろなので、お気に入りのひとつを見つけるのも楽しいですよ!

カンボジアの女子向けお土産ならこれ!

カンボジアの女子向けお土産ならこれ!

写真:まつり はるこ

地図を見る

女子向けのお土産としておすすめしたいのが、写真のポーチやキーケースといった雑貨。実はこれ、もともとお米やセメント、鯉の餌などが入っていたナイロン製の大袋をリユースしているものなんです。ポーチやキーケースだけでなく、お財布やノートPCケース、バッグ、はてはギターケースまでと品揃え豊富。そして手作りの素朴な雰囲気も味わえます。小さいコインケースなら1つ2〜300円とプチプラなのも嬉しいですね!

カンボジアならではの洗練されたアクセサリーも!

カンボジアならではの洗練されたアクセサリーも!

写真:まつり はるこ

地図を見る

定番土産もいいけれど、ちょっと洗練されたアクセサリーにも注目です。ナイトマーケットを歩いていると、サンゴのような赤い粒を使ったネックレスやピアスを目にすることも多いでしょう。実はこれ木の実なんです。とってもナチュラルな風合いで、日本でも使えるクオリティ。

カンボジアの女性たちが、さまざまな木の実を磨いて磨いて磨きまくってくれた賜物ともいえるこのアクセサリー。アンコール・ナイトマーケットで購入するのがおすすめです。

シェムリアップ「ナイトマーケット」の営業時間など

シェムリアップ「ナイトマーケット」は、ナイトというだけに夜の営業がメインです。全てのお店がオープンするのがだいたい18時頃。23時になると店じまいを始めるお店が出てきて、24時頃にはクローズします。

屋根なしの場所では、雨が酷い日などは営業をしないお店もちらほら……そんな時は屋内型のナイトマーケットに行くことをおすすめします。

ナイトマーケットからも近い「オールドマーケット」や、「パブストリート」については別の記事に詳しくまとめてありますので、記事下の「関連MEMO」より併せてご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -