ハウステンボス アムステルダム広場前でフレンチブッフェ「ホテルアムステルダム」

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ハウステンボス アムステルダム広場前でフレンチブッフェ「ホテルアムステルダム」

ハウステンボス アムステルダム広場前でフレンチブッフェ「ホテルアムステルダム」

更新日:2016/07/21 18:56

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

「ホテルアムステルダム」は、ハウステンボスの中にある唯一のホテルです。ホテル前の「アムステルダム広場」では季節のお花が咲き誇り、夜になると美しいイルミネーションが素晴らいのです。そして毎日開催される「仮面舞踏会」のイベントも楽しみの一つですね。

日没から、イルミネーションが美しく見える夜までの間は、ホテルアムステルダムのレストラン「ア クールベール」で、ディナーブッフェを楽しんでみましょう。

パーク内にある唯一のホテル「ホテルアムステルダム」

パーク内にある唯一のホテル「ホテルアムステルダム」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「ホテルアムステルダム」は、ハウステンボスのパーク内にある唯一のホテルです。「ホテルアムステルダム」までのアクセスは、入場ゲートから徒歩で約15分、パークバス利用で約5分、カナルクルーザーの利用で約12分で到着します。詳しくはMEMOを参照して下さい。

ホテルアムステルダムには、ブッフェレストラン「ア クールベール」「ア クールベールカフェ」ワインサイロンバー「オークラウンジ」「ガーデンレストラン」「ガーデンバー」などがあり、ホテル内だけではなく、アムステルダム広場でも食事やお酒、お茶が楽しめるようになっていますよ。

「ア クールベール」の大きな窓から、アムステルダム広場を眺めながらディナーブッフェを頂いてみましょう。

ブッフェレストラン「ア クールベール」はフレンチがベース!

ブッフェレストラン「ア クールベール」はフレンチがベース!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ホテルアムステルダム1階にある「ア クールベール(A Coeur Ouvert)」は、地元長崎の厳選された食材を中心に、フランス料理をベースに和風、洋風、中華風にアレンジしたお料理を提供するブッフェレストランです。

テーブル席は148席あり、季節ごとにフェアがあり、お料理の内容も変わります。デザートやフルーツ各種を合わせると30〜40種類が準備されています。

自家製フランスパンの種類が豊富に揃っていますよ。食べる分だけ自分で切って、いろんな種類のフランスパンを食べ比べする事ができます。

ステーキを目の前で焼いてくれます!

ステーキを目の前で焼いてくれます!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ステーキは熱々で頂くのが、一番美味しいですね。ア クールベールでは、和牛をシェフが目の前で焼いてくれるので、熱々のステーキを頂く事ができます。

オープンキッチンの前に立って注文をすると、そこで初めてお肉が鉄板に乗せられ、塩胡椒を振ってから焼いてくれます。お皿に入れて手渡しされてから、自分好みのソースをかけます。

パークを眺めながらフレンチブッフェを!

パークを眺めながらフレンチブッフェを!

提供元:ホテルアムステルダム

http://www.huistenbosch.co.jp/hotels/am/地図を見る

「ア クールベール」の大きな窓から、アムステルダム広場を眺めながらディナーブッフェを頂いてみましょう。視線を変えて眺めると、また新鮮に見えてきますよ。

地元長崎の新鮮な食材を中心に使ったメニューは、長年のキャリアを積んだシェフ自慢のお料理です。フレンチをベースに種類の豊富な和洋創作料理を自分流に頂いてみましょう。お酒もフレンチにはシャンパンが合いますね。

ディナータイムは、17時30分〜20時30分です。お料理にあったお酒も提供されています。

窓からはアムステルダム広場の風景が!

窓からはアムステルダム広場の風景が!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ゆっくりディナータイムを楽しんでいると、夜の帳が下りて窓の外のイルミネーションが美しく輝いてきますよ。食事を頂きながら、イルミネーションがどんどん輝いていく光景を見る事ができます。

日中では、アムステルダム広場いっぱいに甘い花の香りを放つ「百合の花」や、「アジサイ」を鑑賞する事が出来ます。夜になるとアムステルダム広場で様々なイベントが開催されます。

昼と夜、アムステルダム広場の雰囲気がからりと変わる瞬間を、レストラン「ア クールベール」で、お食事をしながら鑑賞してみましょう。

おわりに

ホテルアムステルダム「ア クールベール(A Coeur Ouvert)」のディナーブッフェは如何でしたか、日没からイルミネーションが美しく輝く夜までの間は、ゆっくりとお食事をしながら、窓から眺めてみましょう。

パーク内にある唯一のホテル「ホテルアムステルダム」に宿泊をして、朝、昼、夜のハウステンボスを満喫する事も是非お勧めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ