東シナ海を望む!沖縄「恩納マリンビユーパレス」はコンドミニアムタイプのリゾートホテル

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東シナ海を望む!沖縄「恩納マリンビユーパレス」はコンドミニアムタイプのリゾートホテル

東シナ海を望む!沖縄「恩納マリンビユーパレス」はコンドミニアムタイプのリゾートホテル

更新日:2016/07/05 12:08

小宮 薫のプロフィール写真 小宮 薫 編集、ライター、コピーライター

那覇ヘ、名護へ、「沖縄美ら海水族館」にも車でおよそ1時間でアクセス可能。沖縄本島中部の西側に広がる恩納村は、高級リゾートホテルが点在するエリアです。その高台にそびえるコンドミニアムタイプのリゾートホテルが「恩納マリンビューパレス」です。美しい東シナ海を望むお部屋は6畳の洋室に6畳の和室、キッチンを備えた広い和洋室。ファミリーや友人たちとの滞在に、また、沖縄本島ドライブの拠点としてもオススメです。

恩納村を見下ろす15階建てのコンドミニアムタイプ

恩納村を見下ろす15階建てのコンドミニアムタイプ

写真:小宮 薫

地図を見る

那覇空港から国道58号を通って車で約1時間。様々な飲食店で賑わう恩納村の繁華街から少し奥に入った高台に建っているのが、「恩納マリンビューパレス」です。11990年創業の部屋数は152室、15階建てのコンドミニアムタイプのホテルです。地下には無料駐車場もあります(雨に濡れないで乗り降りできます)。一番上はレストランとバンケットルーム、さらに居酒屋、1階には4月から泳げるプールがあります。

ファミリーユースや友人たちとの旅行に最適な1LDKの広い和洋室

ファミリーユースや友人たちとの旅行に最適な1LDKの広い和洋室

写真:小宮 薫

地図を見る

お部屋は6畳の洋室に6畳の和室がついた和洋室。ベッドが2つにお布団が3組用意され、定員5名のファミリーユースや友人たちとの旅行に適した感じのお部屋です。ベランダもとても広く、窓の向こうには東シナ海の美しい景色を望むことができます。

また、キッチンにはIHのコンロがあって簡単なものであれば作れそうな感じです。但し、お鍋やフライパン、お皿の類はお部屋には用意されていません。お風呂とトイレはビジネスホテルによくあるようなユニットバス式。

ロングステイにも適したタイプのお部屋なので、このホテルを拠点にして島内のあちこちを巡っても楽しいかもしれません。

自分でしゃぶしゃぶする沖縄豚に舌鼓!

自分でしゃぶしゃぶする沖縄豚に舌鼓!

写真:小宮 薫

地図を見る

お食事は朝食も夕食も15階にある「展望レストラン『宴』」同じく「展望レストラン『オーシャン』でいただきます。朝食は大人(13才以上)が1,620円、夕食は同じく2,700円となります。

朝夜共に、「和洋中」ではなく、「和洋琉」を織り交ぜたバイキングのお料理は種類も豊富であれこれと楽しむことができます。

テビチ、ゴーヤーチャンプルー、お鮨、ローストビーフなどの他、自分でゆでる「沖縄そば」も用意されていて楽しさ満載!圧巻は「沖縄豚のしゃぶしゃぶ」でしょう。此方も自分でしゃぶしゃぶしてお野菜を添えていただきます。ポン酢と胡麻だれ、お好みのタレでいただくことができます。バイキングなので好きなだけお代わりしちゃいましょう!

「チョコレートファウンテン」に子供も大人も大喜び!

「チョコレートファウンテン」に子供も大人も大喜び!

写真:小宮 薫

地図を見る

そしてデザートも豊富です。沖縄ぜんざいや甘味、ケーキ類、フルーツなどに加え、色とりどりのアイスクリームがまた素晴らしいのです。特にオススメはビスタチオ(グリーン)とマンゴー(オレンジ色)。どれも美味しいのでお好みの味を見つけてみましょう。しかも「チョコレートファウンテン」まで用意されています。甘い物は別腹ですが、欲張って食べ過ぎないようにご用心ください(笑)。

朝食時の景色も素晴らしいのですが、やはり圧巻は東シナ海に夕陽が沈む夕景のシーン。但し、一番の見頃の18時前後は店内が大混雑するので、ご注意ください。辺りは真っ暗で何も見えないのですが、ゆっくり食事を楽しみたいのなら、20時前後がオススメです。

徒歩圏内にコンビニや様々な飲食店が豊富にラインナップ!

徒歩圏内にコンビニや様々な飲食店が豊富にラインナップ!

写真:小宮 薫

地図を見る

また、コンビニや飲食店が並ぶ賑やかなエリアまではホテルから徒歩数分です。沖縄豚の焼き肉店や現地ならではの三線ライブが楽しめる居酒屋などが界隈には色々とラインナップしています。

その中の一つが、沖縄県内に何軒もチェーン展開している「ちぬまん」系列のお店です。ホテル近くにも2軒のお店があり、毎晩、賑わっています。沖縄産まぐろなどをはじめ、沖縄の郷土料理があれこれと楽しめますが、食べてみたいのは「グルクンの唐揚げ」。

関東では「タカサゴ」と呼ばれるこの魚は、沖縄では「県魚」として重宝され、家庭料理や飲食店ではよく登場します。結構、身が締まっていて弾力があるのが特徴。現地の人に交じって東シナ海からの海風に吹かれながら、郷土料理に舌鼓をうち、沖縄の夜を過ごしてみるのも良いでしょう。

沖縄本島ドライブの拠点としての使い勝手もバッチリ!恩納村のリゾートホテル。

海沿いの立地ではないのでプライベートビーチはありませんが、那覇や名護の市内とは少し違う雰囲気で沖縄ステイが楽しめる「恩納マリンビューパレス」、沖縄ステイのホテル候補に加えてみてはいかがでしょうか。設備は少し古いものの、東シナ海の美しい景色も望める大変居心地が良いホテルです。また、沖縄本島ドライブの拠点としての使い勝手もバッチリ!!あなただけの沖縄の素敵な思い出をこの場所からつくってください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/13−2016/06/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ