ペナン島の桟橋に広がる水上住宅「クラン・ジェッティー」の生活を覗いてみよう!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ペナン島の桟橋に広がる水上住宅「クラン・ジェッティー」の生活を覗いてみよう!

ペナン島の桟橋に広がる水上住宅「クラン・ジェッティー」の生活を覗いてみよう!

更新日:2016/07/09 18:51

ペナン島の世界遺産の街ジョージタウン。その東、ウェルド埠頭の海沿いにクラン・ジェッティーという場所があります。クランは一族、ジェッティーは桟橋を意味し、19世紀頃に中国福建省からペナン島へ渡ってきた、同じ姓の一族がひとつの桟橋に生活しています。6つ程ある桟橋の中で「周姓橋」には物販やカフェがあり、観光客が訪れても楽しめる桟橋です。クラン・ジェッティーでちょっと変わった生活風景を覗いてみませんか?

クラン・ジェッティーを歩く醍醐味はここにある!

クラン・ジェッティーを歩く醍醐味はここにある!
地図を見る

歩けばギシギシと音がして、人がすれ違うのがやっとという細い板張りの道を、バイクが通り犬や子供が走り回っている光景は、ホントにここが水上なのか?なんて思ってしまうほどです。でも、潮の香りがして、板張りや家の隙間から水辺が見えると、紛れもなく水上を歩いているんだなと実感するでしょう。これこそがクラン・ジェッティを歩く醍醐味なのです。

桟橋の家屋を通り抜けると、その先は海!

桟橋の家屋を通り抜けると、その先は海!
地図を見る

どの橋も数百メートル続く家屋を抜けていくと、視界がぱっと開けてそこには海が広がります。小舟が浮かび、船のモーターを直している方がいたり、網が干してあったりと、漁をして生計を立てている方もいることが伺えます。

そんな中、おもむろに家の前にソファやテーブルがあったり、桟橋にリビングルームがあったりなんて驚きの場面も!桟橋ではそこに住むみんなが楽しそうにおしゃべりをしている光景が印象的です。

今尚、目にすることが出来る貴重な生活風景

今尚、目にすることが出来る貴重な生活風景
地図を見る

クラン・ジェッティはかつては中国マフィアの巣窟だったこともあり、2008年にペナン島が世界文化遺産登録をされなければ取り壊しになっていました。海岸にへばりつくように並ぶ水上家屋と、近代的なビルとのコントラストは、とても貴重な風景と言えるでしょう。

お土産屋さんありカフェあり!歩くだけでも楽しい周姓橋

お土産屋さんありカフェあり!歩くだけでも楽しい周姓橋
地図を見る

クラン・ジェッティの中で一番大きいのが、周さん一族が生活する周姓橋です。付き出た桟橋にぎっしりと家屋が立ち並んでいる様は、パッと見たらそこが水上であることを感じられないほど。生活している方のお宅の玄関や窓も開けっぱなしで、中が丸見えだったりしますが、気にしな〜い!と言わんばかりに穏やかな生活が垣間見られます。周姓橋には生活家屋の他に、お土産屋さんやカフェなどもあり、観光客も一緒になって楽しめるのです♪

桟橋の入り口に世界各国の言葉で「良い旅を」と書かれた看板が、今ではここが観光地として賑わいをみせていることに、喜びを感じていることをうかがわせます。

水上家屋体験も出来る周姓橋

水上家屋体験も出来る周姓橋
地図を見る

こんなところにライフラインがあるのだろうか?と思いますが、1954年に水道と電気が導入され、家の中にはエアコンやテレビ、冷蔵庫などもちゃんと揃っているのです。水上家屋で是非とも生活してみたい!と思われたら、周姓橋には民宿もありますので、束の間の水上家屋体験をされてみてはいかがでしょう?

見学は静かに、そして夜間は避けましょう!

現代に生きるペナンの歴史を目の当たりにしたような、なんとも言えぬ魅力的な場所クラン・ジェッティ。自由に見学出来ますが、実際には人々が今も尚生活を営む集落ですので、夜間に行ったり、必要以上に家の中を覗き込んだり、騒いだりしないように訪れましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -