絶対外さない札幌ドライブデート「幌見峠」は絶景が車の中で楽しめる

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶対外さない札幌ドライブデート「幌見峠」は絶景が車の中で楽しめる

絶対外さない札幌ドライブデート「幌見峠」は絶景が車の中で楽しめる

更新日:2016/07/12 09:54

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

札幌の「幌見峠(ほろみとうげ)展望駐車場」は、オシャレで美味しいと有名なお店が並んでいる「藻岩山麓通り」を盤渓(ばんけい)方面に細くて急な斜面を上っていくことでやっと到着できる駐車場とお花畑。初夏はラベンダー畑になることで有名です。

この場所の一番のポイントは札幌市内を車の中から一望できること!特に夜は「日本新三大夜景」に選出された札幌の夜景を2人だけの空間楽しめて最高にロマンチックですよ。

車から一歩も降りずに札幌の街並みを見下ろせる

車から一歩も降りずに札幌の街並みを見下ろせる

写真:ろぼたん

地図を見る

「幌見峠」は車(レンタカーやタクシー)でないと訪れることはできないドライブ旅行、ドライブデートにオススメな場所。峠のてっぺんにあるため、最寄の交通機関もなく、到着までの道のりもカーブが多く道幅の狭い急勾配です。久しぶりにハンドルを握った…なんて人は特に夜は避けたほうが無難です。

ですが、そんな場所だからこそドライブデートにはピッタリ。彼女にとっておきの場所を見せて喜ばせてあげましょう。もちろん仲間うちでワイワイとやってくるのもオススメ。夜は何かもののけが出てきてもおかしくないような山の上にあるので、若干の肝試し気分が味わえます。

これが「日本新三大夜景」の札幌!きらめく夜景に誰もがうっとり

これが「日本新三大夜景」の札幌!きらめく夜景に誰もがうっとり

写真:ろぼたん

地図を見る

藻岩山やテレビ塔、JRタワーなどたくさんの夜景スポットがある札幌ですが、車の中から一歩も降りずに素晴らしい夜景を満喫できる場所はそうはありません。しかも「幌見峠」は駐車場のレイアウトを景色が楽しめるように配慮しているため、駐車場に停めるだけで美しい夜景が鑑賞できるようになっています。

訪れる際に飲み物や食べ物を用意していって、お喋りしながら景色を楽しむのもオススメです。

富良野に行かずにラベンダーが楽しめる?

富良野に行かずにラベンダーが楽しめる?

写真:ろぼたん

地図を見る

幌見峠は夜景だけでなく初夏のラベンダー畑も有名。毎年シーズンになると「夢工房さとう」(MEMO欄のHPやブログ)にラベンダー開花情報のお知らせがありますので、7月初旬頃からチェックしてみましょう。「幌見峠展望駐車場」の利用は人数に関係なく、車一台当たりの駐車場代金を支払うことで入園できます。

札幌市街が目の前に!市街地にむかって広がるラベンダー畑

札幌市街が目の前に!市街地にむかって広がるラベンダー畑

写真:ろぼたん

地図を見る

「幌見峠」は斜面上にラベンダー畑が広がっているので、紫の絨毯越しに市街地が見えるという、不思議な絶景が楽しむことができます。

明るいうちに訪れれば、このように街並みとお花畑というコラボを楽しむことができますが、お花畑を見ると車から降りたくなるもの。ラベンダーの美しい夏場は蚊の対策も必要です。種類にもよりますが、特に蚊が活発に動く時間帯は朝と夕暮れ時。人間が涼しくて動きやすい時間帯は蚊も動きやすいと覚えておくとよいでしょう。

深夜まで営業しているのも嬉しい

深夜まで営業しているのも嬉しい

写真:ろぼたん

地図を見る

昼と夜とでは楽しみ方の違う「幌見峠」はどちらも札幌ならではの絶景が楽しめる場所です。ただし、昼夜は入替制となっていることに注意が必要です。また、夜の部の方が若干駐車場代金が高くなっています。

昼の部:10:00〜17:00(退場は18:00)
夜の部:18:00〜1:30(閉門は2:00)

筆者のオススメは夕暮れ時。18時以降に入園して少しずつ暮れていく札幌の街がマジックアワーを迎える頃の空もとってもキレイですよ。

札幌のロマンチックドライブデートは「幌見峠」で決まり!

「幌見峠」はドライブデートのハイライトとして訪れるのにピッタリな場所。帰り道も急な下り坂となりますので、ゆっくり徐行運転で戻りましょう。

途中、キタキツネなどがひょっこり顔を出すことも珍しくありません。都市と自然が共存した美しい札幌の街を堪能してください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ