綺麗すぎる海は徒歩0分!絶景ビーチは徒歩1分!沖縄・水納島は船を下りたら見所満載

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

綺麗すぎる海は徒歩0分!絶景ビーチは徒歩1分!沖縄・水納島は船を下りたら見所満載

綺麗すぎる海は徒歩0分!絶景ビーチは徒歩1分!沖縄・水納島は船を下りたら見所満載

更新日:2016/12/14 12:07

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄本島から船で15分で往来できる水納島。青々した海と真っ白なビーチが特徴のリゾートアイランドです。しかも島に着いたらすぐに綺麗過ぎる海も絶景ビーチも楽しめちゃいます。綺麗すぎる海は徒歩0分、絶景ビーチは徒歩1分。船を下りたら見所満載の水納島です。島に着いたらまばたきするのももったいないぐらい絶景満載。夏休みにおすすめの離島です。

夏休みは大注目の水納島!「1日12往復」に船が大幅増便

夏休みは大注目の水納島!「1日12往復」に船が大幅増便

写真:離島 こむ

地図を見る

沖縄本島北部にある水納島。「みんなじま」と読み、沖縄本島からは船で片道15分で往来できる離島です。水納島への船が発着する港は、沖縄美ら海水族館から約5kmしか離れていない「渡久地港」。沖縄自動車道の許田ICから水族館へ行く途中にある港なので、気軽に立ち寄ることができます。

しかも夏休み期間(2016年は7月20日から8月31日)は1日12往復まで船が増便されるので、気軽に日帰りできる離島です。ちなみに同じ7月でも夏休み前だと1日6往復、夏休みが終わる9月以降だと9月20日までは1日8往復になります。そしてその他の時期(9月21日以降〜翌6月末まで)だと1日2〜3往復しかありません。この便数が注目度の指標。夏休みの水納島は大注目という訳なんです。

島に着いたらまばたき禁止(笑)!港周辺は絶景だらけの水納島

島に着いたらまばたき禁止(笑)!港周辺は絶景だらけの水納島

写真:離島 こむ

地図を見る

水納島までは沖縄本島の渡久地港から船で約15分。あっという間なので、船酔いしやすい方でも酔う前に島に到着しちゃいます。しかも水納島の港に着いたら目の前に広がるのが青々した海の色。まさに「綺麗過ぎる海まで徒歩0分」の世界です。しかもその綺麗な海のすぐ先には真っ白なビーチ。絶景ビーチまでは徒歩1分です。まばたきするのももったいないぐらい、港周辺は絶景だらけの水納島です。

船を下りたら一時停止!振り返れば島一番の絶景

船を下りたら一時停止!振り返れば島一番の絶景

写真:離島 こむ

地図を見る

水納島に着いたらついつい港の先に見える絶景ビーチに行きたくなりますが、船を下りたら一時停止。振り返えれば水納島で一番の海の色が望めるんです。港から見る海はまさに「綺麗過ぎる海の色」。しかも海の先にはとんがった島影が特徴の伊江島も望めます。ビーチまで行ってしまうとこの絶景は望めません。はやる気持ちを抑えて、船を下りたら港で島一番の絶景を楽しむべし!

飛び込みたくなるほどの海の色!ビーチまでの道のりも絶景だらけ

飛び込みたくなるほどの海の色!ビーチまでの道のりも絶景だらけ

写真:離島 こむ

地図を見る

港で島一番の絶景を楽しんだら、真っ白なビーチへ。港のすぐ脇がビーチなので、まさに「徒歩1分」の世界です。でもここでもはやる気持ちを抑えて一時停止。港からならビーチを一望できるだけではなく、海の色もより綺麗に望めます。そのまま飛び込んでしまいたくなるほどの海の色ですが、ここでも一時停止(笑)。港近くは船の往来もあるので遊泳禁止です。泳ぐ場合はビーチまで行って、遊泳範囲内で楽しみましょう。

帰りの船は後部デッキを確保!後ろ髪を引かれましょう

帰りの船は後部デッキを確保!後ろ髪を引かれましょう

写真:離島 こむ

地図を見る

港周辺は見所満載なので、帰りの船に乗る瞬間までも絶景を楽しめます。そして乗船後も後部デッキがに出れば、さらに絶景を楽しめます。徐々に離れていく港周辺の海の色はまさに「後ろ髪を引かれる」気分になること間違いなし。船が作り出す後ろの波が「後ろ髪」の様相です。水納島を発つ際もまばたき禁止です(笑)。

水納島では最初に島巡り!残りはビーチで過ごそう!!

水納島は一周5km弱という小さな島で、島内をくまなく散策しても1時間もかかりません。しかも魅力的なビーチや綺麗な海は港周辺に集約しているので、最初に島の中に入って島巡りを行い、残った時間をビーチで過ごすのがおすすめです。なにせビーチから港の船まで徒歩1分。帰りの船の時間ギリギリまでビーチを楽しみましょう。ちなみにシャワーや更衣施設も、ビーチからさらに徒歩1分のところにありますので、最大でも船まで徒歩2分です。

しかし夏休み期間の船は混雑必至なので、渡久地港で行きの船のチケットを購入する際に、帰りの便もその場で予約しなければなりません。帰りの時間が決まってしまうので、水納島での後半は港近くのビーチで過ごすのがおすすめという訳なんです。

船でしか行くことができない離島だけど、船を下りてすぐに絶景を楽しめる水納島。しかも夏休み期間は船が大幅増便されるので、路線バス感覚で気軽に行くことができる離島です。夏休みの沖縄旅行は水納島まで足を伸ばして、綺麗過ぎる海と絶景ビーチを思う存分堪能しちゃいましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ