駅から2時間弱!360度の絶景、山梨・高川山トレッキング!

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

駅から2時間弱!360度の絶景、山梨・高川山トレッキング!

駅から2時間弱!360度の絶景、山梨・高川山トレッキング!

更新日:2019/03/10 10:11

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

山梨県・高川山は、JR初狩駅から2時間4弱で到達する山頂までのルートに男坂と女坂が選べ、山頂からは、360度のパノラマと山梨県が選定する「秀麗富嶽12景」の美しい富士山が眺められます。シーズンを選ばす楽しめ、下山はレベルに合わせた近隣駅までのルートが整備されています。さらに山頂からむすび山までの長い稜線は、日当たりが良い緩急のある縦走ルート!記事内では動画も紹介しています。

高川山はJR初狩駅から山頂まで2時間弱のルート

高川山はJR初狩駅から山頂まで2時間弱のルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山梨県の都留市と大月市にまたがる「高川山975.7m(たかかわやま)」には、JR中央線・初狩駅からスタートするのが標準的なルート!初狩駅にはトイレ、自動販売機がありますが、店舗はこの先にはありませんから必要なものはあらかじめ用意しておきます。ここから山頂までは1時間40分、2.5km、累計標高差489m※のルート!駅を背に右へ曲がりJRの線路をくぐっていきます。

登山口から少し歩くと高川山新ルート(男・女坂)と玉子石ルートの分岐看板が出てきます。玉子石ルートは別名沢ルートと呼ばれ、水気のない沢沿いを進み途女坂コースに合流するので、今回は男・女坂方向へ登り始めます。
※男坂を経由する一般成人の標準的な時間

高川山はJR初狩駅から山頂まで2時間弱のルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

さらに進むと男坂と女坂の分岐看板に差し掛かります。まっすぐ行けば男坂、右へ迂回すれば女坂となります。女坂の勾配は緩めですがその分距離があり、2.8km、2時間2分が山頂までの標準時間になります。

男坂は一部急峻なところもありますが、整備状態も良くトレッキングポールなどを使えば問題ありません。汗をかかないようにゆっくり登っていきます。

高川山はJR初狩駅から山頂まで2時間弱のルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山梨県は山岳地帯が多く熊の出没が懸念されますが、熊鈴や鳴り物を持参して登ればクマと遭遇することも稀でしょう。そして山頂直下は岩場が出現します。状況に合わせて一時トレッキングポールをしまい、手で木々や岩をつかんで安全を確保するのも肝心です。

オールシーズン楽しめますが、準備だけは万全に

オールシーズン楽しめますが、準備だけは万全に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

冬場においても軽アイゼンがあれば山頂を目指せます。防寒対策と気象状況はしっかり確認しましょう。山頂までのルートは北西斜面なので積雪量が多めですが、降雪直後でなければ他はほぼ残雪もありません。

オールシーズン楽しめますが、準備だけは万全に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

高川山はとても山頂感のあるもの!いかにも山に登った感がある狭めの山頂には、360度に広がる山岳を認識できる方位盤があります。またご褒美画像がもらえるQRコードが用意されているので、スマホで読み取って画像をゲットしてみては?

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは高川山の様子を動画で紹介しています。

秀麗富嶽十二景!山頂からの富士山の素晴らしさ

秀麗富嶽十二景!山頂からの富士山の素晴らしさ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山梨県が選定する秀麗富嶽十二景の第12番目の高川山の真骨頂!富士山がドカ〜ンと独特の構図で目に飛び込んできます。山梨県は日本一富士山が美しく見える県として訴求していますが、急峻な山岳と富士山が眼前に迫る迫力は高川山山頂ならでは!

刻一刻と表情を変える富士山の姿は日本人の琴線に触れる美しさ!ずっと眺めているも良し、先に足を延ばすのも良し。様々な楽しさが選べるのも高川山のいいところ。

秀麗富嶽十二景!山頂からの富士山の素晴らしさ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南アルプスの甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、大菩薩嶺などの高峰も遠くに確認できます。さらにリニア新幹線の試験線が高川山の山腹を通っています。タイミングが良ければリニア新幹線の姿を眺められるかもしれません。

秀麗富嶽十二景!山頂からの富士山の素晴らしさ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

高川山は単独峰ですので、昼食をとるには山頂が最適でしょう。近隣に人気の山が多数あることなどから、登山者はあまり多くありません。その分山頂を独り占めできる確率も高くなります。天候の急変には気を付けなくてはいけませんが、折り返してもさほど時間はかからずその点も初心者には安心でしょう。

下山はむすび山までの縦走ルートや、田野倉駅、禾生駅方面へ

下山はむすび山までの縦走ルートや、田野倉駅、禾生駅方面へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

下山は初狩駅に戻るより、むすび山までを縦走するJR大月駅方面、東川へ下る禾生駅、田野倉駅などのルートが一般的です。中でもむすび山経由の大月駅方面は稜線を行くすがすがしいもので、迷う場所もなくお勧めです。

禾生駅、田野倉駅方面の下りは、距離は短めですが樹林帯を行き、勾配がきついところがあります。分岐も数多く事前の下調べをしていないと道迷いする可能性があります。経験者と同行するのがおすすめです。

下山はむすび山までの縦走ルートや、田野倉駅、禾生駅方面へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

日当たりの良い稜線は、軽度のアップダウンもあり退屈しません。危険個所にはロープもあり、距離は長めですが安心して進んでいけます。

下山はむすび山までの縦走ルートや、田野倉駅、禾生駅方面へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

途中の分岐から花咲市道方面へ左折し下山すると、「大月市総合福祉センター」でお湯に浸かることも可能!料金も割安で汗を流すには最適です。

「大月市総合福祉センター」は地域の方向けの施設ですが、登山客でも温かく迎えてくれます。ここは低料金で清潔感もあり高川山の帰りに寄るには最高の立地!施設の目の前からJR大月駅行きのバスも出ているので、湯ざめもせずに帰宅できるでしょう。

昼食には最適な広さと眺望!

昼食には最適な広さと眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

歩きやすく整備されています。

昼食には最適な広さと眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

むすび山が近くなってくると再び富士山が眺められる場所も!

昼食には最適な広さと眺望!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

むすび山は大月市方面が一望の場所。ここまでくれば下山まであと少しです。ここまでに軽い上り下りが連続し、さほど標高が下がっていないと思いきや、実は相当ここまでに標高を下げてきています。

ここからはあっという間に民家横の登山口に到着するので、拍子抜けしてしまうかもしれません。最後の景色なので、ここで休憩しながら縦走の記憶を思い返すのもいいでしょう。

高川山の基本情報

住所:山梨県大月市
電話番号: 0554-22-2942(大月観光協会)
アクセス:JR初狩駅、富士急行線禾生駅、田野倉駅より徒歩

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -