天空のインフィニティ!琵琶湖一望の「びわ湖テラス」が絶景すぎて凄い!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

天空のインフィニティ!琵琶湖一望の「びわ湖テラス」が絶景すぎて凄い!

天空のインフィニティ!琵琶湖一望の「びわ湖テラス」が絶景すぎて凄い!

更新日:2018/12/08 14:17

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

滋賀県にある高原リゾート施設「びわ湖バレイ」の山頂エリアに2016年7月、日本一の琵琶湖の絶景が楽しめる「びわ湖テラス」がオープン。天空のラグジュアリーリゾートとも言いたくなる上質な空間と、まるで海のように見える琵琶湖を端から端まで眺望できる大パノラマは圧倒的なスケールで、話題沸騰の人気スポットです!

高原リゾート・びわ湖バレイに出現した新スポット!

高原リゾート・びわ湖バレイに出現した新スポット!

写真:bow

地図を見る

滋賀県の琵琶湖西岸に位置する比良山系にあるびわ湖バレイは、関西では老舗的存在の有名なスキー場です。春から秋にかけてはグリーンシーズンとして、1,100mという標高を活かした多彩なアクティビティが楽しめる高原リゾートとして知られています。

高原リゾート・びわ湖バレイに出現した新スポット!

写真:bow

地図を見る

そのびわ湖バレイに2016年7月22日、新スポットである「びわ湖テラス」が待望のオープン!「びわ湖テラス」は日本最速というびわ湖バレイロープウェイの山頂駅を降りてすぐ、山頂エリアでも最も眺めのいい琵琶湖側に完成しました。

高原リゾート・びわ湖バレイに出現した新スポット!

写真:bow

地図を見る

その眺めの良さには思わず声が出てしまうほど。このように琵琶湖を北から南まですっぽりと視界におさめるポイントは、ありそうで意外になかったりします。そんな意味ではこの「びわ湖テラス」は貴重な絶景スポットなのです。

日本離れした絶景を堪能できる「びわ湖テラス」

日本離れした絶景を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

その場に立てば、まるで欧米のリゾート地にでもいるかのような錯覚を覚える、日本離れしたような雰囲気が漂う「びわ湖テラス」は山岳リゾートであることにこだわって造られています。そのインスタ映えする圧倒的な絶景は、オープンから早々に大きく話題となり大人気スポットになっています。

日本離れした絶景を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

そんな「びわ湖テラス」はウッドデッキ調にまとめられた3段構造となっていて、屋内のテラスカフェから床続きになっている第1テラス、とその下段に第2、第3テラスが続いています。その総面積は1150平米と、かなり広大なスペース!

日本離れした絶景を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

「びわ湖テラス」で特筆したいのはテラスの周囲にはりめぐらされた水盤です。水に入ることはできませんが、まるで海外リゾートのインフィニティプールのようにも見えます。しかも1100mという標高から楽しめる絶景は、まさに「天空のインフィニティ」とでも呼びたくなるようなもの!特にいちばん琵琶湖寄りにある第3テラスは開放感抜群!しばし見とれちゃいましょう。

まさに別世界!非日常の空間を堪能できる「びわ湖テラス」

まさに別世界!非日常の空間を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

「びわ湖テラス」は絶景を楽しむだけではなく、その上質な空間づくりにも注目したいところ。特に第1テラスはオープンデッキの「天空の特等席」とでも呼びたくなる争奪戦必至のスペース。ラグジュアリーな雰囲気が漂うこだわりのテーブル、チェアが多数配置されています。

まさに別世界!非日常の空間を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

ここに腰掛ければ手を伸ばせば届きそうな程に近い空と、眼下に広がる日本一の湖の絶景はきっと忙しい日常から解放してくれること間違いなし!非日常の贅沢な時間を約束してくれる、そんな素敵な空間こそが「びわ湖テラス」の真骨頂なのです。

まさに別世界!非日常の空間を堪能できる「びわ湖テラス」

写真:bow

またテラスからは周遊できる遊歩道もはりめぐらされています。遊歩道を先へと進めば恋人の聖地に認定された「湖空の鐘」がありますので、アツアツのお二人はこちらでの記念撮影なんかもお忘れなく・・・。

オリジナルフードメニューも見逃すな!

オリジナルフードメニューも見逃すな!

写真:bow

地図を見る

第1テラスの屋内部分はテラスカフェになっていて、ここも特注の家具が並ぶ、優雅で上質な空間。中央に配置された薪の暖炉には冬になると暖炉に火がともり、四季を問わずゲストを出迎えます。

オリジナルフードメニューも見逃すな!

写真:bow

地図を見る

オリジナルフードメニューも見逃すな!

写真:bow

地図を見る

そんな上質な空間を過ごすお供に、やはりグルメも気になるところ。テラスカフェでは地元滋賀県の古株牧場の牛乳を使用したオリジナルジェラートや、滋賀県が約15年の歳月をかけて開発したという幻の養殖ビワマス「びわサーモン」を使用したフィッシュ&フレンチフライ&ディップなど、滋賀県の食材にこだわったオリジナリティ溢れるフード・スイーツが多数並んでいますので要チェック!

新テラスも続々オープン!拡大する「びわ湖テラス」

新テラスも続々オープン!拡大する「びわ湖テラス」

提供元:shige panda

https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/991/地図を見る

今回ご紹介した「びわ湖テラス」はTHE MAINと呼ばれる根幹の部分。2017年8月にはホーライリフト蓬莱山頂駅に「CAFE360」が新たにオープン。そして2018年8月にはTHE MAINの北側に新たなエリア「ノーステラス」がオープンと、その規模がどんどん拡大しているのです。

新テラスも続々オープン!拡大する「びわ湖テラス」

提供元:shige panda

https://www.travel.co.jp/guide/navigtr/991/地図を見る

ノーステラスには限定20席、完全予約制で有料の「インフィニティラウンジ」があります。落ち着いて絶景を独り占めしたいという人にはもってこいです。

料金はラウンジ専用フードとワンドリンク、45分のチャージ料がセットで1人3,000円から(2人利用の場合)。1人利用の場合は4,000円からになります。事前予約はできず、当日ラウンジ隣接のカウンターで当日先着順に受付となります。

新テラスも続々オープン!拡大する「びわ湖テラス」

写真:bow

地図を見る

びわ湖バレイは「びわ湖テラス」以外にも子供から大人まで楽しめる様々なアクティビティが揃っていて、まるまる1日遊べる夏でも涼しい高原リゾート。冬のイメージしかない方はぜひこの機会に出かけてみてはいかがでしょうか?きっと想像を超える楽しさと絶景が待っていますよ!

びわ湖テラスの基本情報

住所:滋賀県大津市木戸1547-1
時間:平日 9:30〜17:00、土・日・祝と8月は9:00〜17:00
休日:無休(※定期休業期間あり)
駐車料金:車1台1000円
ロープウェイ運賃:大人往復2500円
アクセス:湖西道路志賀IC下車約10分、志賀駅からバス約10分

2018年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -