船が宙を飛ぶ!?天国のような海!マルタ共和国「コミノ島」の青き楽園へ

| マルタ共和国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

船が宙を飛ぶ!?天国のような海!マルタ共和国「コミノ島」の青き楽園へ

船が宙を飛ぶ!?天国のような海!マルタ共和国「コミノ島」の青き楽園へ

更新日:2016/07/22 17:56

手塚 大貴のプロフィール写真 手塚 大貴 フリーライター

「もしも天国があるとしたら、それはこんな場所かもしれない・・・」
地中海のほぼ中央に位置する島国・マルタ共和国に、そんな想いを抱かせてくれる絶景があります。それが「コミノ島」の“ブルーラグーン”。地中海トップクラスの透明度を誇る、美しい海です。
その青く透き通った海は、船の影が水底に映り、まるで船が宙を飛んでいるように見えるほど!知る人ぞ知るこの世の楽園、「コミノ島」の青すぎる海をご紹介します。

これが自然の色!?限りなく青い海が広がる“ブルーラグーン”

これが自然の色!?限りなく青い海が広がる“ブルーラグーン”

写真:手塚 大貴

地図を見る

マルタ共和国は、地中海のほぼ中央、イタリア・シチリア島の南に位置する小さな島国。日本人にとってはあまり馴染みのない国ですが、最近ではヨーロッパの隠れたリゾート地として、また英語を学ぶための短期留学先としても注目を集め始めています。
世界遺産の巨石神殿などでも知られるマルタですが、なかでもマルタを訪れたら絶対に足を運びたい絶景スポットが、この「コミノ島」の“ブルーラグーン”。地中海トップクラスの透明度を誇る、限りなく青い海が広がるスポットです!

“ブルーラグーン”の海の色は、とても自然の色とは思えない、信じられないほどに美しい青色。日頃の些細な悩み事なんてすぐに忘れてしまうような、心を優しく解きほぐしてくれる、どこまでも透き通った青色なのです。

あっ、船が飛んでる!天然のプールが生み出す奇跡の絶景

あっ、船が飛んでる!天然のプールが生み出す奇跡の絶景

写真:手塚 大貴

地図を見る

「コミノ島」の“ブルーラグーン”を訪れて驚かされるのは、海の色ばかりではありません。海を行き来する船をよく見ると、まるで船が宙を飛んでいるように見えるのです!
これは海の透明度があまりに高く、船の影が水底にくっきりと映るため。美しい海の上を、船がスイスイと飛んでいるかのように見える光景は、他の海ではあまり見ることのできない実に不思議な光景です。

「コミノ島」は、マルタ本島とゴゾ島の間に位置する小さな島。“ブルーラグーン”は、「コミノ島」と対岸のコミノット島の間に広がる海で、天然のプールのようになっています。この穏やかな環境こそが、奇跡のように美しい絶景を生み出しているのです。

オススメは午前中!この世の楽園をめいっぱい楽しもう

オススメは午前中!この世の楽園をめいっぱい楽しもう

写真:手塚 大貴

地図を見る

「コミノ島」の“ブルーラグーン”はのんびりと眺めているだけでも満喫できますが、夏であれば是非とも海水浴を楽しみたいところ。ダイビングやシュノーケリングはもちろん、海を泳いでいるだけでも十分楽しめます。
ただし“ブルーラグーン”は砂のビーチはとても狭く、ほとんどが岩場。また日陰も少ないため、ビーチチェアとパラソルをレンタルして過ごすのが最適です。

オススメは午前中、できるだけ早い時間に“ブルーラグーン”を訪れること。昼頃には海水浴客で混雑してくるため、午前中のうちに良い場所のビーチチェアを確保しておくと安心です。また“ブルーラグーン”の海も、人の少ない午前中の方が遥かに透明度が高く美しいので、早い時間に訪れて、この世の楽園をめいっぱい楽しみましょう!

数々の映画のロケ地にも!自然溢れる「コミノ島」の魅力

数々の映画のロケ地にも!自然溢れる「コミノ島」の魅力

写真:手塚 大貴

地図を見る

「コミノ島」は、『モンテ・クリスト伯』、『スウェプト・アウェイ』、『トロイ』といった、数々の映画が撮影された島。その魅力は“ブルーラグーン”だけではありません!
“ブルーラグーン”の南には、“クリスタルラグーン”があり、ここもまたその名に相応しい美しい入り江。“ブルーラグーン”より人も少なく、のんびりとダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。

また島内のハイキングもオススメ。海を見渡す断崖や、赤茶けた台地を散策すれば、人の手が加えられていない自然溢れる島の素晴らしさを実感することでしょう。
目的地として最適なのは、島の南西岸に建つ聖マリア塔。17世紀に建設された四角形の塔で、マルタを守る防御塔として、また囚人の収容所としても使われた歴史的建築です。

「コミノ島」への行き方は?

「コミノ島」への行き方は?

写真:手塚 大貴

地図を見る

「コミノ島」への最も簡単な行き方は、マルタ島のスリーマなどから旅行社主催のクルーズツアーに参加する方法。島で1日のんびり過ごしたい人にオススメです。
一方、個人で「コミノ島」へ行きたい人は、マルタ島のチェルケウアもしくはゴゾ島のイムジャールからボートで。帰りは好きな時間のボートに乗ればいいので、自由な滞在を求める人にオススメです。
「コミノ島」にはトイレやシャワーのほか、夏であればハンバーガーなどを売る屋台が並んでいるので、快適な滞在を楽しめます。

「コミノ島」をさらに満喫したい人は、島唯一のホテル「コミノ・ホテル」での宿泊が最適。プライベートビーチもあり、贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

宙飛ぶ船に乗って、天国のような「コミノ島」の海へ!

水色の絵の具を溶かしたかのような透き通った青い海、風に静かに揺れるだけの水面、その上を飛んでいるかのように進む船。明るい太陽の光が水面に射し込むと、海はさらに青みを増し、宝石のようにキラキラと輝き始める・・・。
「コミノ島」の“ブルーラグーン”は、現実の光景とは思えない、どこか夢幻的な美しさで満ちています。それは本当に、「天国」を感じずにはいられない、穏やかで優しい光景です。

小さな島国・マルタ共和国にある、知る人ぞ知る絶景。宙飛ぶ不思議な船に乗って、「コミノ島」の青き楽園・・・、天国のような海へ行ってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ