岐阜の山中にピラミッド発見!「博石館」で狙え一獲千金!

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜の山中にピラミッド発見!「博石館」で狙え一獲千金!

岐阜の山中にピラミッド発見!「博石館」で狙え一獲千金!

更新日:2016/08/11 10:23

赤木 リンのプロフィール写真 赤木 リン

岐阜県中津川市蛭川(ひるかわ)は日本三大鉱物の産地。石材店が多く建ち並ぶ“石の町”にある「博石館」は、石について学んで遊べるミュージアムです。
日本最大級の石のピラミッドに潜入したり、石に関する展示を見て学んだり…。宝石探しコーナーでは憧れの宝石が見つかっちゃうかも?

普段よく見るのにあまりじっくり考える機会のない“石”。石ころから宝石まで、石について考えてみませんか?

ピラミッドパワー!日本最大級の石のピラミッド!

ピラミッドパワー!日本最大級の石のピラミッド!

写真:赤木 リン

地図を見る

博石館に入場してまず最初に目に飛び込んでくるのは、この巨大ピラミッド!
日本最大級の“石で作られたピラミッド”で、エジプトにあるクフ王のピラミッドの1/10モデルとなっています。1辺は23mで、高さは14.6mと5階建てビルに匹敵する大きさ。蛭川特産の御影石を約800個使って作られました。

中は迷路になっていますが、思いのほか難易度が高いのでうっかり入ると迷います。途中で脱出できないので、時間に余裕をもってチャレンジしてくださいね。

石職人体験館には珍しい道具がいっぱい!

石職人体験館には珍しい道具がいっぱい!

写真:赤木 リン

地図を見る

博石館がある蛭川は上質な御影石が産出されることもあり、石材業がさかんな町。そんな石材加工について学ぶことができるのが「石職人体験館」。珍しい道具が展示され、ちょっとした体験もできますよ。

写真は「ビシャン体験」。ビシャンとは、金づちの面に四角錐の突起が並んだ道具で、石を叩いて平らに仕上げるときに使います。石を叩いてみると、手にかなりの衝撃が!これで平らになるまで叩くのかと思うと、石職人さんのすごさを感じずにはいられません。
石が飛ぶ場合もあるので、体験コーナーにある保護めがねは必ず着用し、小さいお子さんが体験する場合は保護者の方が見てあげてください。

宝石探し体験で狙え一獲千金!?

宝石探し体験で狙え一獲千金!?

写真:赤木 リン

地図を見る

博石館で一番人気を集めるのが「宝石探し体験」。砂が敷き詰められた水槽の中から宝石を探すアトラクションです。
受付を済ませたらお椀、見つけた宝石を入れるビニール袋、入場時間を書いた紙を受け取って体験スタート!制限時間は30分間ですよ。

砂には細かな宝石が混ざっているのでついそちらに目を奪われますが、狙うは大物。水晶やラピスラズリ、アメジストやタイガー・アイなどが埋まっていますよ。コツはとにかく掘ること、水槽の縁も探すこと、そしてもう一つ重要なのは…定期的にやってくる…ゴホンゴホン、これ以上は書けませんので、ぜひ現地で体験してみてください!

※宝石探し体験は別料金となり、制限時間を超えた場合は延長料金が発生します。宝石の種類など詳細は、公式サイトにてご確認ください。

鉱山体験館でもまだまだ狙え一獲千金!

鉱山体験館でもまだまだ狙え一獲千金!

写真:赤木 リン

地図を見る

宝石探し体験でトレジャーハンターの血が騒いでしまったなら、ぜひ「鉱山体験館」へ。こちらでも宝石探しをすることができます。砂金探し体験、原石探し体験、金属探知機を使って砂の中からお宝を探すトレジャーハンティングもありますよ。
中でもおすすめは宝石釣り体験。宝石がいくつかセットされた袋を、釣り竿で釣り上げます。腕前によっては宝石探し体験よりたくさんの宝石をゲットできる場合も!

※各体験ごとに制限時間があり、別料金です。開催日など詳細は公式サイトでご確認下さい。

お腹が空いたら「名物ピラミッドカレー」!

お腹が空いたら「名物ピラミッドカレー」!

写真:赤木 リン

地図を見る

宝石探しでお腹が空いたら、入館受付正面にある「喫茶MW(ムウ)」で腹ごしらえはいかがでしょうか。一番人気は「ピラミッドカレー」。写真のプレーンのほか野菜カレー、ホワイトチキンカレー、キッズカレーなどもありますよ。
この他にもうどん、パスタ、季節代わりの一品などメニューは豊富。デザートメニューも揃っているので休憩にもいいですね。

周囲に飲食店は少ないので、こちらのお店を利用しない場合はお弁当を持参されることをおすすめします。館内にはお弁当を食べられるスペースはいくつかありますが、レジャーシートを準備していくと安心です。

石ってやっぱり面白い!

ご紹介したほかにも、宝石や石の楽器など石にまつわるものを展示した施設、ミュージアムショップ、集めた石でオリジナルグッズを作るコーナー(別料金)などがあり、1日たっぷり楽しめます。

7月には遊歩道に発光石を敷き詰めて天の川を再現する、夜間の七夕イベントも開催。地上と空と両方の天の川が楽しめるとあって、年々人気上昇中の注目イベントです。

少し変わった形やきれいな石を見つけて、宝物に持ち帰った経験がある方は多いのではないでしょうか。今も昔も子供は石が大好き!そんな子供と、昔子供だった大人が“石のミュージアム”に来たら楽しくないわけがありませんよね。
お父さんもお母さんも童心に返って、「博石館」で石ざんまいな1日を過ごしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -