ビーチが目の前!パラダイスアイランド・バハマのナッソーで過ごすヨガバケーション

| バハマ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ビーチが目の前!パラダイスアイランド・バハマのナッソーで過ごすヨガバケーション

ビーチが目の前!パラダイスアイランド・バハマのナッソーで過ごすヨガバケーション

更新日:2017/05/01 19:43

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

「ヨガ バケーション」ってご存知ですか?ヨガを取り入れ、心身ともに健康な生活を送る休暇方法。6ヶ国に9つのアシュラム(スピリチュアル コミュニティまたはスタディ センター)と全世界に34のセンターがあり、世界的に知られ伝統もあるシヴァナンダ ヨガ。アシュラムの一つがあるのはカリブ海に浮かぶ島、バハマ。
ターコイズブルーのビーチに面した最高に贅沢なロケーションで、理想的な休暇を過ごしてみませんか?

シヴァナンダ ヨガ、ヨガバケーションとは?

シヴァナンダ ヨガ、ヨガバケーションとは?

提供元:Sivananda Ashram Yoga Retreat Bahamas

https://www.sivanandabahamas.org地図を見る

バハマのパラダイス アイランドにあるシヴァナンダ アシュラム ヨガ リトリート(アシュラムとは、スピリチュアル コミュニティまたはスタディ センターのこと)は、喧騒から離れヨガだけに集中できる理想的な場所。首都ナッソーの中心地からボートで5分。湾を渡ると緑いっぱいの別世界。その先には写真のようなキラキラと輝くターコイズブルーのビーチが広がっています。

シヴァナンダ ヨガ、ヨガバケーションとは?

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

アシュラムと聞くと敷居が高いと感じるかもしれませんが、ヨガを学びたい人なら誰でも訪れることができる場所。ヨガには様々な種類がありますが今回ご紹介するのは、ハタ ヨガの一つ「シヴァナンダ ヨガ」。最も偉大なヨガの師匠の一人、スワミ シヴァナンダの名前に由来しています。弟子のスワミ ヴィシュヌデバナンダが、1957年にたったの10ルピーだけを手にインドを出発し、アメリカやカナダに広め、今や世界的に知られるようになりました。

「ヨガ バケーション」とは、スワミ ヴィシュヌデバナンダによって発起された、ヨガをしながら心身ともに健康な生活を送るという休暇方法。パーティー三昧、アクティブな休暇を過ごし、本来ならば休暇後にリラックスして戻ってくるはずが、逆に疲れきってしまっている人たちを見たことがきっかけです。これでは休暇の意味がない!と感じ、休暇の過ごし方としてヨガライフを送ることを提案したのです。

日々のストレスを解消しパワーを充電して心身ともに若返り、生活のリズムを取り戻す健康的なヨガバケーションを過ごしてみましょう!

アシュラムでのライフスタイルってどんな過ごし方?

アシュラムでのライフスタイルってどんな過ごし方?

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

5時30分の起床から、22時の就寝までスワミ ヴィシュヌデバナンダが提唱したヨガの5つのポイントが組み込まれたスケジュール。(5つのポイントとは、適切な運動、呼吸、リラクゼーション、食事法、そしてポジティブシンキングと瞑想)

1日のスタートは、日の出前に鳴り響く鐘の音。これが起床の合図。というのも6時に、写真のように会場に集まりグループ瞑想、チャンティングとレクチャーで構成されるサットサンガがあるからです。(同じ内容のサットサンガが20時からもあります)
神を賞賛する歌のチャンティングでは、サンスクリット語を口にすることで心が清められ、さらに純粋なエネルギーが宿るという効果が得られるのです。

レクチャーは、インド民族音楽、アーユルヴェーダ、ヨガの哲学、スピリチュアルなテーマと内容は様々(全て英語)。ゲストスピーカーは、ベストセラー作家、グラミー賞ノミネートのアーティスト、その世界で名が知れ渡っている人などとにかく充実。

アシュラムでのライフスタイルってどんな過ごし方?

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

また、週に2度(天候によって変動あり)ビーチで瞑想をするサイレントウォークがあります。20分ほどビーチを歩き、日の光を浴びながら瞑想していると、太陽の力強いパワーが注入されるはず!

初心者、高齢者にもおすすめのシヴァナンダ ヨガ

初心者、高齢者にもおすすめのシヴァナンダ ヨガ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

8時と16時からはアーサナ(ヨガのポーズ)のクラス。初心者、中級者と2つのコースがあるのでヨガは初めてという人でも安心です。特にシヴァナンダ ヨガは、動きがゆっくりというハタ ヨガの中でもさらにポーズとポーズの間に写真のような休憩のポーズがあるので、ヨガ初心者や高齢者にもおすすめ。
もう一つの特長は呼吸法を取り入れていること。呼吸と心はつながっているので、呼吸を整えることにより、心の落ち着きを保つことができるのです。

講義は全て英語。聞き取れなくても周囲の人を見て真似をするところから始めてみてください。ただ幾つかのポーズはクラスの中で案内はあるものの、体に何かのトラブルを抱えている人には適さないものがあるので、何かしらのトラブルがある人は事前にご確認くださいね。

アーサナのクラスは開放的なスペースで行われ、空気が循環し良いエネルギーが蔓延していることを感じられます。ほとんどの時期は、オーシャンフロントでヨガができますよ!

贅沢で美味しすぎるベジタリアンフードの数々!

贅沢で美味しすぎるベジタリアンフードの数々!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ヨガの食生活は、ベジタリアンフード。肉、魚、アルコールはもちろんのことその他、ニンニク、玉ねぎ、卵、そしてコーヒーなどのカフェインもNG。でもここの食事はこれらがないことを忘れてしまうぐらい充実しているのです!

食事の時間は10時と18時の1日2回。食いしん坊には辛い・・・と思うかもしれませんがボリュームがありすぎてついつい食べ過ぎてしまうという人が続出するぐらい。

ビュッフェ形式で提供される食事は4〜5種類の内容。野菜、お米、そしてキヌア、カムット、ナッツ、なんとバハマで豆腐もよく使われプロテインもしっかり補給されています。他にもハーブティー、そして朝食には、新鮮な手づくりパン、オートミール、手づくりグラノーラ(ここのグラノーラは世界一という人もいるほど)、フルーツ。全部選ぶと山盛りのプレートが完成です。残っていればおかわり自由。くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

ここではヨガのライフスタイルを取り入れて

ここではヨガのライフスタイルを取り入れて

提供元:Sivananda Ashram Yoga Retreat Bahamas

https://www.sivanandabahamas.org地図を見る

朝と夜のレクチャーに加え、12時と14時のワークショップではアーサナのポーズの集中特訓、瞑想などもあり滞在者を飽きさせません。

朝と夜のサットサンガとアーサナのクラスは参加が基本条件ですが、ワークショップは参加自由。徒歩0分のビーチでのんびりするもよし、ゆっくり本を読んだり、おしゃべりしたり、ヨガバケーションで来ているということを忘れずに。パワフルなプログラムですが、これを取り入れることが大切なのです!

この場所は、老若男女、一人でもカップルでも友達同士でも子供連れのファミリーでも大歓迎。デトックスや子供向けのヨガプログラムなど、最大で1年先の予定までホームページに公開されています。

一人旅行者も多く同じ目的で来ているためか、あっという間に知り合いになり貴重な出会いも生まれる場所。もちろん一人でゆっくりと過ごしたければスペースはたくさんありますので困ることはありません。

シンプルで心温まるサービス、宿泊は全カテゴリーをカバー

気になる宿泊は全てのカテゴリーをカバー。バス・トイレ付きのオーシャンフロントの部屋、バス・トイレ共有の個室、ドミトリー、テントハット(個室のテント)、テント持参のテントスペースまで。ヨガバケーションの場合は最低2泊の滞在が必要です。

リゾート地のようなロケーションですがここはあくまでもアシュラム。リゾートホテルのようなサービスは期待せず、シンプルで最低限、でも心温まるサービス。オススメの時期は、モンスーンを避けた11月〜6月。予約はホームページでできます。

次回の休暇は自分のライフスタイルを見つめなおすヨガバケーションを!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/29−2016/03/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ